> > >

相棒15(2016年)第7話「フェイク」 安達祐実&木下あゆ美ゲスト出演 冷酷な誘拐犯と極限の頭脳戦!!

相棒15第6話「嘘吐き」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データをまとめ。ゲスト出演は、安達祐実,木下あゆ美,黒澤宏貴,寺内勇貴。出演は、反町隆史,水谷豊,川原和久,山中崇史,片桐竜次,小野了,鈴木杏樹ほか。冷酷な誘拐犯と極限の頭脳戦!!二転三転する事態の中、“疑惑の母”が特命係を翻弄する。

作品の評価:

冷酷な誘拐犯と極限の頭脳戦!!
二転三転する事態の中、“疑惑の母”が特命係を翻弄する

「相棒15」の第7話「フェイク」の見どころ、ネタバレ、放送データまとめです。


第7話「フェイク

放送日時 放送局・番組 視聴率
2016年11月23日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 14.4%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/ksVQ7E3VCfM

スポンサードリンク

第7話 あらすじ(ストーリー概要)

世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。

捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた特命係・杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)は、署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の母・美奈子(安達祐実)の姿を見かける。

特命係を捜査から遠ざけたい伊丹(川原和久)は、美奈子を自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を亘に任せ、自分は本部に足を向ける。

青木(浅利陽介)の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く。誘拐されたのは、広斗(寺内勇貴)という小学生で、犯人から両親に3億円を要求する電話が掛かってきたという。

それから10時間後の朝、翔太の遺体が発見されたのだが、本部では犯人の目的は家庭が裕福な広斗だけで、翔太は巻き込まれただけと見ていた。

一方、帰宅途中の美奈子に追いついた亘は、彼女が不意に一人で笑い声をあげている姿を目撃する。さらに、アパートまで送っていくと、部屋に入った彼女が子供と話している声が聞こえる。翔太と2人暮らしだったはずなのに、なぜ? 

その頃、本部には犯人から身代金の受け渡し方法を知らせる電話が掛かってきていた。本部では、いったん犯人に身代金を受け取らせ、尾行してアジトを突き止めるという方針を決定。

翌日、本部は身代金を指示された場所へ運ぶ広斗の母・有里(木下あゆ美)の周囲に万全の体制を敷き、受け渡しの時に備えていた。そんな中、右京は犯人の行動にある疑念を抱いていた。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
高木美奈子 翔太の母 安達祐実
高木翔太 小学生の男の子,遺体で発見された 黒澤宏貴
中山有里 広斗の母、宝飾品輸入会社経営 木下あゆ美
中山広斗 誘拐された小学生の男の子 寺内勇貴
中山良人 広斗の父 にわつとむ
保田里佳子 世田谷西警察署婦警 小出ミカ
吉岡琢磨 警視庁刑事部特殊犯捜査係班長 坂田雅彦
結城守 警視庁刑事部特殊犯捜査係 平井真軌
恵南保 誘拐犯 裵ジョンミョン
佐藤 美奈子の隣室の住人 片岡富枝
花屋の店員   田口寛子
女性捜査員   尾崎舞
鷹島瑤子 ニュースキャスター 小森郁子
マスクの男   大平隆行
刑事   千葉誠樹
刑事   崎敏行
刑事   虎幸明
刑事   石塚良博

見どころ

・亡くなった少年は誰なのか?
・翔太の母・高木美奈子(安達祐実)の行動
・犯人は誰?

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係 警部
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
警視庁・特命係 巡査(第2話から特命係所属)
反町隆史
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
青木年男 TOSHIO AOKI
サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官
浅利陽介

スタッフ

脚本 徳永富彦
監督 権野元

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク