> > >

相棒15(2017年)第12話「臭い飯」 笹野高史,入山法子 ゲスト出演

相棒15第12話「臭い飯」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データをまとめ。ゲスト出演は笹野高史,入山法子,稲健二,。キャストは反町隆史,水谷豊,川原和久,山中崇史,片桐竜次,小野了,鈴木杏樹ほか。

作品の評価:

大手企業の食品偽装疑惑を白骨化遺体が告発!?

「相棒15」の第12話「臭い飯」の見どころ、ネタバレ、放送データまとめです。

第12話「臭い飯

大手企業の食品偽装疑惑を白骨化した遺体が告発!? カギを握るしたたかな累犯受刑者が右京と亘を翻弄する!

放送日時 放送局・番組 視聴率
2017年1月18日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 13.3%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/LFJdpDvfOD4

スポンサードリンク

第12話 あらすじ(ストーリー概要)

郊外の廃倉庫で白骨化した遺体が発見され、捜査一課に捜査要請が入るが、骨だけでは調べようがないため、特命係が捜査を押しつけられる。

骨の発見現場にやってきた杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)は、廃品に紛れた遺留品から米の入った袋と紙片を発見する。

その紙片には、「大手米穀販売会社・タキガワが、主食用の米に加工用米を混ぜて販売している」という主旨の告発が書かれていた。また、骨髄から摘出したDNAの型から、遺体の人物に前科があったことが判明する。

遺体は、蜂矢(稲健二)という中年男性で、3年の服役の後、協力雇用主制度を利用してタキガワに再就職した人物だった。協力雇用主制度とは、元受刑者の社会復帰を促すために、彼らを雇用した企業に補助金が支給される仕組み。亘が法務省時代、策定にかかわった制度でもあった。

蜂矢は、タキガワの不正を告発しようとして◎されたのではないかという疑惑が浮上する中、右京はタキガワで雇用されていた元受刑者のリストから、蜂矢の失踪と同時期に「逮捕による懲戒処分」という理由で退職している人物を発見する。

問題の男は、塀の中と外を行ったり来たりしている、亀井(笹野高史)という年老いた累犯受刑者だった。

右京と亘は、刑務所を訪れて亀井から話を聞くが、「自分は◎しとは関係ない」と言うばかりで要領を得ない。いっぽう、亘が行きつけにしているレストランの女性オーナーシェフ・しおり(入山法子)にも疑惑が。

しおりは、食材アドバイザーとしてタキガワの経営にもかかわっていたのだが、食品偽装の疑いが持ち上がる直前、タイミング良くタキガワから身を引いていた。

そんな中、右京と亘は刑期を終えて出所してきた亀井に接触。しかし、亀井は特命係の2人ですら手を焼く老かいな人物であった。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
亀井 年老いた累犯受刑者 笹野高史
しおり 女性オーナーシェフ 入山法子
蜂矢 白骨化遺体で見つかる、服役後、米穀販売会社タキガワに再就職 稲健二

見どころ

・元受刑者の死と食品偽装疑惑の繋がりとは?
・亘が入れあげる女性シェフのある秘密とは?
・特命係が社会のひずみでもがく人々の思いに切り込む!
・犯人は誰なのか?
・青木年男の動きは動きは?

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係 警部
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
警視庁・特命係 巡査(第2話から特命係所属)
反町隆史
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
青木年男 TOSHIO AOKI
サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官
浅利陽介
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的な存在。
小野了
衣笠藤治 TOJI KINUGASA
警視庁副総監・警視監
大杉漣

スタッフ

脚本 池上純哉
監督 杉山泰一

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク