> > >

科捜研の女16(2016年)第8話「最後のターゲット」大島さと子ゲスト出演 相馬涼の運命は!?

科捜研の女16 第8話のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめ。出演者は、渡辺大,大島さと子,松浦雅,松田賢二,沢口靖子,内藤剛志,若村麻由美,風間トオル,金田明夫,斉藤暁,長田成哉,西田健,山本ひかる,石井一彰。京都府警がターゲット!相馬涼の運命は!?

作品の評価:

爆発の最終標的は京都府警!?

科捜研の女 SEASON16(科捜研の女16)」第8話のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

科捜研の女16 第8話のまとめ

サブタイトル 第8話「最後のターゲット
キャッチ 科捜研vs連続爆破犯…衝撃のクライマックス!
概要 エスカレートする犯行は土門をも襲い…その最終標的は京都府警へ!?爆弾解体処理に挑むことになったマリコと相馬の運命は…!?

放送歴

初回放送 放送日時:2016年12月15日(木)20:00~20:54 放送局:テレビ朝日
視聴率:12.9%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/zVLfCVUIZRQ

スポンサードリンク

第8話 あらすじ

(第7話の続き)広場に仕掛けられていた4件目の爆弾は予想外に小規模なもので、ケガ人も出ず、榊マリコ(沢口靖子)たちはひとまずホッとする。

現場に爆弾を届けたのは、犯人ではなく本物の宅配便配達員・漆原育郎(奥井隆一)で、爆弾は直接、配送センターに持ち込まれ、広場に配達するよう依頼を受けたらしい。

過去3件の被害者たちは10年前に起きた爆発物処理班の班長・徳武彰彦(加藤重樹)の事故死に関係していることがわかっていたが、犯人がなぜ4人目の標的として漆原を狙ったのかつかめず、マリコたちは混乱する。

 そんな中、相馬涼(長田成哉)が発見した暗号の法則から、マリコたちは5件目の爆弾の設置場所を突き止めた。

近くで元法務大臣・芳賀和香子(大島さと子)の講演会が行われることがわかり、土門刑事(内藤剛志)らは現場に急行する。

その後、連続爆弾魔の最終標的が、なんと京都府警だと判明しる! マリコと相馬は決死の覚悟で爆弾解体処理に挑むことになる。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
柿沢一樹 京都府警の爆発物処理班、相馬涼の先輩 渡辺大
芳賀和香子 元法務大臣 大島さと子
芳賀理菜 爆発事件の1人目の被害者、女子大生、芳賀和香子の娘 松浦雅
箕輪宏成  松田賢二
漆原育郎 爆発物処理班の班長、10年前に事故死 奥井隆一
徳武彰彦 宅配便配達員 加藤重樹

見どころ

・京都府警は大丈夫か?
・マリコと相馬はどうなる?
・犯人は誰?

スタッフ

脚本 戸田山雅司
演出 濱龍也

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク