> >

『キャットウーマン』(実写映画2004年) あらすじ&ネタバレ ハル・ベリーVSシャロン・ストーン

実写映画「キャットウーマン(Catwoman)」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。2004年アメリカ作品。出演はハル・ベリー,ベンジャミン・ブラット,ランベール・ウィルソン,フランセス・コンロイ,シャロン・ストーン,アレックス・ボースタイン,マイケル・マッシー,バイロン・マン 他。

作品の評価:

映画『キャットウーマン(Catwoman)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

『キャットウーマン』(実写映画2004年) あらすじ&ネタバレ ハル・ベリーVSシャロン・ストーン

『キャットウーマン』(実写映画2004年) ハル・ベリー主演

『キャットウーマン』について

知ってはいけない会社の秘密を知った事から殺された女性。彼女がキャットウーマンに生まれ変わり“女の敵”に立ち向かう!

作品データ

タイトル キャットウーマン
原題 Catwoman
ジャンル アクション
公開
製作国 アメリカ
上映時間 104
監督 ピトフ
脚本 ジョン・ブランカート,マイケル・フェリス,ジョン・ロジャース
出演 ハル・ベリー,ベンジャミン・ブラット,ランベール・ウィルソン,フランセス・コンロイ,シャロン・ストーン 他

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2018年9月5日(水) 13:35~15:40 テレビ東京・午後のロードショー

トレーラー(予告動画)

あらすじ

大手化粧品会社・ヘデア社の広告デザイナーであるペイシェンス(ハル・ベリー)は、芸術的才能があるが仕事でそれを生かせない内気な女性である。

1週間後に究極の若返りクリーム“ビューリン”発売を控えているヘデア社では、これまで会社のイメージモデルとして君臨してきた社長の妻ローレル(シャロン・ストーン)が引退を発表。後任モデルにはヘデア社長(ランバート・ウィルソン)の愛人である若いモデルが抜擢される。

長年、仮面夫婦を続けてきた社長夫妻だったが、ここにきてローレルの怒りは最高潮に達しようとしていた。

そんな中、初めてプロジェクトのリーダーを任されたペイシェンスは、夜、やり直しを命じられた広告デザインを社長へ届けにいく。そこで偶然、“ビューリン”がもたらす恐ろしい副作用と、それを知りつつ発売を強行するヘデア社の陰謀を耳にしてしまう。

立ち聞きを見つかったペイシェンスは、銃を手に追ってくる社員に追いつめられ、排水管に逃げ込んでしまう。廃液と共に海に流され命を落としてしまうペイシェンスだった。

注目と見どころ&エピソード

・ハル・ベリーVSシャロン・ストーン
・キャットウーマンの活躍
・キャットウーマンは、『バットマン』のキャラクターのひとりであるが、本作は映画『バットマン』シリーズとの接点は無い

スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ペイシェンス・フィリップス キャットウーマン、大手化粧品会社・ヘデア社の広告デザイナー ハル・ベリー
本田貴子
ローレル・ヘデア ヘデア社長の妻、イメージモデル シャロン・ストーン
深見梨加
トム・ローン 刑事 ベンジャミン・ブラット
小杉十郎太
ジョージ・ヘデア 大手化粧品会社・ヘデア社の社長 ランベール・ウィルソン
中村秀利
オフィーリア・パワーズ フランセス・コンロイ
寺田路恵
サリー アレックス・ボースタイン
堀越真己
アーマンド マイケル・マッシー
ウェスリー バイロン・マン

スタッフ

製作 デニーズ・ディ・ノヴィ,エドワード・L・マクドーネル
製作総指揮 ブルース・バーマン,マイケル・フォトレル,ロバート・カービー,ベンジャミン・メルニカー,マイケル・E・ウスラン
音楽 クラウス・バデルト
原案 テレサ・レベック,ジョン・ブランカトー,マイケル・フェリス
原作 キャラクター創造,ボブ・ケイン
配給 ワーナー・ブラザース


グッズの紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*