> >

『絶体×絶命』(映画 1988年) あらすじ&ネタバレ マイケル・キートン,アンディ・ガルシア主演

映画「絶体×絶命(Desperate Measures)」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。1988年アメリカ作品。出演はマイケル・キートン,アンディ・ガルシア,マーシャ・ゲイ・ハーデン,エリック・キング,ブライアン・コックス,ジョセフ・クロス 他。白血病の息子を救える唯一のドナーは殺人鬼!!

作品の評価:

映画『絶体×絶命(Desperate Measures)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

『絶体×絶命』(映画 1988年) あらすじ&ネタバレ マイケル・キートン,アンディ・ガルシア主演

『絶体×絶命』(映画 1988年)

『絶体×絶命』について

白血病の息子を救える唯一のドナーは殺人鬼だった!IQ150の殺人鬼を捕らえるため、刑事は巨大病院内で孤独な戦いに挑む!緊迫のサスペンス・アクション

作品データ

タイトル 絶体×絶命
原題 Desperate Measures
ジャンル サスペンス,アクション
公開
製作国 アメリカ
上映時間 101
監督 バーベット・シュローダー
脚本 デヴィッド・クラス
出演 マイケル・キートン,アンディ・ガルシア,マーシャ・ゲイ・ハーデン,エリック・キング,ブライアン・コックス,ジョセフ・クロス 他

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2018年9月4日(火) 13:35~15:40 テレビ東京・午後のロードショー

英語版トレーラー(予告動画)

あらすじ

サンフランシスコ市警の刑事フランク・コナー(アンディ・ガルシア)は、妻を交通事故で亡くし、9歳になる息子マット(ジョセフ・クロス)と二人で暮らしている。

その最愛の息子は白血病を再発し、命を救うには早急に骨髄移植をするしかない状況になる。しかし、骨髄バンクではなかなか適合者を見つけることができない。

フランクは同僚の刑事ネイト・オリバー(エリック・キング)の協力を得て、FBIのシステムに侵入し、凶悪犯のピーター・マッケイブ(マイケル・キートン)が適合者であることを発見する。

マッケイブは殺人をはじめ、いくつもの罪で服役中の凶悪犯だが、IQ150の知能犯でもあった。

フランクはマッケイブと面会し、骨髄提供を依頼する。しかし、マッケイブはドナーになることを一旦、拒否する。フランクを奈落の底に突き落とした後で、マッケイブは息子のマットに会わせろと連絡してくる。

マットと二人で話したマッケイブは、刑務所での待遇改善を要求する。図書館の利用や喫煙の許可などを交換条件として出し、ドナーになることを承諾する。しかし、その裏でマッケイブは骨髄採取の機会を狙って、脱走するための準備を着々と始める。

注目と見どころ&エピソード

・マッケイブは脱走するのか?
・息子マットは助かるのか?
・ラストシーンは?

スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ピーター・マッケイブ 終身刑で投獄されている凶悪犯、マシューの骨髄の適合者 マイケル・キートン
Michael Keaton
山路和弘
フランク・コナー サンフランシスコ市警の刑事 アンディ・ガルシア
Andy Garcia
宮本充
サマンサ・ホーキンス マーシャ・ゲイ・ハーデン
深見梨加
ネイト・オリバー 刑事、フランクの同僚 エリック・キング
星野充昭
ジェレミア・キャシディ ブライアン・コックス
池田勝
マット(マシュー・コナー) フランコの息子(9歳)、白血病を患っている ジョセフ・クロス
大谷育江

スタッフ

製作 バーベット・シュローダー,スーザン・ホフマン,ゲイリー・フォスター,リー・リッチ
製作総指揮 ジェフリー・チャーノフ
配給 トライスター・ピクチャーズ,日本ヘラルド


Blu-ray DVD(動画)の紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください