> > >

『相棒11』第5話「ID」あらすじ&ネタバレ 加藤晴彦&尾上紫ゲスト出演

相棒11第5話「ID」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は加藤晴彦,尾上紫,李千鶴,古山憲太郎,田中美晴,岡村いずみ,寺山葵,兒玉宣勝,加藤裕,細野今日子 他。出演は成宮寛貴,水谷豊,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,山西惇,真飛聖,片桐竜次,小野了,石坂浩二,鈴木杏樹,神保悟志 ほか。

作品の評価:

「相棒11」の第5話「ID」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

『相棒11』第5話「ID」あらすじ&ネタバレ 加藤晴彦&尾上紫ゲスト出演

第5話「ID」

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年11月7日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 15.4%
2017年6月23日(金) 15:55 ~ 16:50 テレビ朝日・再放送

あらすじ(概要)

 ある朝、甲斐享(成宮寛貴)が出勤すると、鑑識課で米沢守(六角精児)杉下右京(水谷豊)がパソコンで宝石強盗事件の防犯カメラの映像を検証していた。

犯人は宝石店のガラスケースの下に時限装置付きの発煙装置を仕掛け、その発煙装置から煙が発生している間に3億円相当のダイヤを持ち去ったという。しかし右京は煙の流れからあることに気づく。

さらに、享は交番勤務のころに知り合った女子高生・加藤樹里(田中美晴)に呼び出された。階段から転落した男(加藤晴彦)を発見し救急車を呼んだのだが、樹里と友人は階段の上にいる不審な人物を目撃していたという。

誰かに突き落とされたというのだが、転落した本人は階段を踏み外しただけと証言しているという。扱いに困る享だったが、享に同行した右京はがぜん興味を示し、階段から落ちた男に事情を聞くことになる。

この二つの事件が、思わぬ接点から明らかになる!絡み合った糸がほどけたとき、右京と享の前に驚くべき真相が!?

大まかな見どころ

・2つの事件の接点とは?
・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
滝浪正輝 自称システムエンジニア 加藤晴彦
皆本恵美 NPO法人「日本もえぎ色の会」の会員 尾上紫
富田明美 滝浪の妻 李千鶴
矢島康彦 滝浪の成りすまし 古山憲太郎
加藤樹里 女子高生、享は交番勤務のころに知り合った 田中美晴
あみ 女子高生 岡村いずみ
ユミ 女子高生 寺山葵
米田 中根警察署平町交番の巡査 兒玉宣勝
増田直由 白澤ジュエリーの警備員、故人 加藤裕
江藤史子 目黒総合病院看護師 細野今日子

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
甲斐享 TORU KAI
警視庁・特命係、巡査部長
成宮寛貴
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
笛吹悦子 ETSUKO USUI
享の年上の恋人、日本国際航空(NIA)のキャビンアテンダント(CA)
真飛聖
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
三浦伸輔 SHINSUKE MIURA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の先輩
大谷亮介
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付、カイト君(甲斐享)の父
石坂浩二

スタッフ

脚本 ハセベバクシンオー(協力:守口悠介)
監督 田村孝蔵



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク