> >

『anone(あのね)』(日テレ・水曜ドラマ 2018年)全話(初回~最終回)のあらすじ&ネタバレ

『anone(あのね)』全話(第1話から最終回)のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめ。日本テレビ・水曜ドラマで放送。キャストは広瀬すず,田中裕子,瑛太,小林聡美,阿部サダヲ,,木場勝己,火野正平,清水尋也,碓井玲菜,北村優衣 他。

作品の評価:

広瀬すずさん出演ドラマ『anone(あのね)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『anone(あのね)』(日テレ・水曜ドラマ 2018年)全話(初回~最終回)のあらすじ&ネタバレ

『anone(あのね)』(日テレ・水曜ドラマ 2018年)

フジテレビ・火9で2018年1月9日(火)から放送されます。

『anone(あのね)』について

Mother、Womanに続く坂元裕二脚本ドラマ第3弾!ある犯罪が出会うはずのない5人の運命を絡ませた!偽物から始まる真実愛、感動の物語!

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
辻沢ハリカ(つじさわはりか) 19歳、メカフェに住む少女 広瀬すず
林田亜乃音(はやしだあのね) 62歳、法律事務所事務員 田中裕子
中世古理市(なかせこりいち) 35歳 瑛太
青羽るい子(あおばるいこ) 50歳、謎の女 小林聡美
持本舵(もちもとかじ) 45歳、カレーショップの店長 阿部サダヲ
林田京介(はやしだきょうすけ) 故人、亜乃音の夫 木場勝己
花房万平(はなふさまんぺい) 法律事務所の所長 火野正平
カノンさん ハイカとチャットゲーム中の知り合い 清水尋也
笠木有紗(かさぎありさ) 19歳、ハリカのネカフェ仲間 碓井玲菜
網島美空(あみしまみく) 19歳、ハリカのネカフェ仲間 北村優衣

スタッフ

脚本 坂元裕二
演出 水田伸生
音楽 三宅一徳
プロデューサー 次屋尚
チーフプロデューサー 西憲彦
制作協力 ザ・ワークス
製作著作 日本テレビ

エピソード一覧

放送日 サブタイトル 視聴率
1 1月10日(水) 22:00~23:10 ある犯罪が出会うはずのない5人の運命を絡ませた!
偽物から始まる真実愛、感動の物語
9.2%
2 1月17日(水) あの謎の札束の真相とは!?
触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件
7.2%
3 1月24日(水) 第3話
4 1月31日(水)

スポンサードリンク

あらすじ

第1話

林田亜乃音(田中裕子)はその日、自宅1階の廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円札の束を見つける。

一方、通称“ハズレ”こと辻沢ハリカ(広瀬すず)は、清掃のアルバイトをしながら同年代の美空(北村優衣)有紗(碓井玲菜)と共にネットカフェに寝泊まりしている少女である。スマホのチャットゲームの中でだけ会える闘病中のカノンさん(清水尋也)と日々の他愛ない会話を交わすのが楽しみだ。

ある日、友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが捨てられているのを見たという有紗の記憶を頼りに、 ハリカたちは「柘」という町を目指すことになる。「つげ」は、かつてハリカが祖母・真砂子(倍賞美津子)と暮らした幸せな記憶のある町の名前である。

一方、医者から半年の余命宣告を受け店を畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は、の客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合し、二人で死に場所を探す旅に出ていた。

カレー屋のワゴンで二人が流れ着いたのは柘という町。捨てられた大金がきっかけとなって、出会うはずのない人たちの運命の糸が引かれようとしていた。

登場人物(ゲスト出演) キャスト
為貝真砂子(ためがいまさこ) ハリカのおばあちゃん 倍賞美津子
ゴーレム(更生施設「ためがい学舎」職員) 長江英和
持本小五郎(舵の亡くなった父) 申相祐
風見鶏(ハリカに更生施設「ためがい学舎」で虐待を受けていたとささやく) 石田圭祐
山木(ハリカのアルバイト先の上司) 山口森広
ニコラス(ブラジル出身のハリカのアルバイト同僚) カズアラガオ
宮部(ハリカのアルバイト同僚) 木戸大聖
(医師、舵に余命半年と宣告する) 木村靖司
曽根(彼女の長田と一緒に迷子になったトイプードルのココアを捜す) 森谷勇太
田嶋(ハリカたちが寝泊まりしているネットカフェ店員) 下前祐貴
長田(彼氏の曽根と一緒にココアを捜。) 佐々木史帆

第2話

かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

さらに札束の出てきた床下の穴から、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見される。探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに亜乃音はショックを受ける。

一方、(阿部サダヲ)幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子である。

そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿るハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実であった。

登場人物(ゲスト出演) キャスト
西海 舵の同級生、カレーショップ「東印度会社」本社社員、舵に店をフランチャイズ化するのを勧めた張本人 川瀬陽太
田中 「ラーメン林家」の客 すわ親治
「ラーメン林家」の店員 髙橋洋

第3話

亜乃音(田中裕子)の裏金目的で忍び込んだ印刷工場でハリカ(広瀬すず)に見つかり、どさくさに紛れてハリカを誘拐してしまったるい子(小林聡美)(阿部サダヲ)。カレーショップへ戻ると、なんとそこには会社の上司に拳銃を発砲し逃走中の西海(川瀬陽太)が潜伏していた。

ハリカを亜乃音の娘だと思い込んでいる舵たちは“裏金を隠しもつ女”の娘だと西海に告げる。すると西海は、ハリカを人質にとり亜乃音から身代金を取ろうと言い出し、るい子を亜乃音の元へと向かわせるのだった。

一方、荒らされた自宅を見た亜乃音は、ハリカの仕業と思いつつも少しだけ打ち解け合い弾んでいた心に寂しさを感じる。そんな中、亜乃音の元をかつての林田印刷所の従業員だった中世古理市(瑛太)が訪ねてくる。理市が久々に工場に現れたのにはある目的があるのだが…。

一方、舵は拳銃をちらつかせる西海の隙をついてハリカを逃がそうとするが、舵の人柄を知ったハリカは舵を置いて逃げることができず…。その頃、西海の指図で身代金の取り立てに亜乃音の元へ来たるい子は、ハリカが亜乃音の娘ではないことを知る。しかし、亜乃音が選んだ行動はとても意外なもので…。



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク