> >

『陰謀のスプレマシー』(2012年)あらすじ&ネタバレ アーロン・エッカートvsオルガ・キュリレンコ

映画『ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー(The Expatriate)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。2012年公開アメリカ・カナダ・ベルギー作品。出演はアーロン・エッカート,オルガ・キュリレンコ,リアナ・リベラト,ニール・ネイピア,ギャリック・ヘイゴン,デヴィッド・バーク=ジョーンズ,イェッセン・ファデル,アレクサンダー・フェーリング,ファブリース・ブティック 他。

作品の評価:

映画『陰謀のスプレマシー(The Expatriate)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

『陰謀のスプレマシー』について

愛娘を誘拐され自らも暗殺の標的となった元CIA捜査官が、すべてを賭けて国家の巨大な陰謀に立ち向かう!抹消された人生を取り戻せ!緊迫サスペンス・アクション

作品データ

タイトル 陰謀のスプレマシー
(ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー)
原題 The Expatriate
ジャンル アクション
公開
製作国 アメリカ,カナダ,ベルギー
上映時間 105
監督 フィリップ・シュテルツェル
脚本 アラッシュ・アメル
出演 アーロン・エッカート,オルガ・キュリレンコ,リアナ・リベラト,ニール・ネイピア,ギャリック・ヘイゴン,デヴィッド・バーク=ジョーンズ,イェッセン・ファデル,アレクサンダー・フェーリング,ファブリース・ブティック 他

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2016年1月25日
地上波初放送
テレビ東京・午後のロードショー
2018年4月25日(水) 13:35~15:40 テレビ東京・午後のロードショー

トレーラー(予告動画)

あらすじ

元CIA捜査官のベン・ローガン(アーロン・エッカート)は、エージェントの命令に背いたため、半年前に解任、国外追放となっていた。現在はセキュリティー会社に勤務し、愛娘のエイミー・ローガン(リアナ・リベラト)と二人で暮らしている。

ある日、ベンは、娘のエイミーと会社に行くと、オフィスは空っぽになっていた。親会社のハルゲート社に行くと、彼のいた子会社は存在しないと言われ、さらに銀行に行くと給与の振込もなかったことになっていた。

ベンが頭を抱えていると、そこに元同僚のフロイド(アレクサンダー・フェーリング)が現れる。しかし、フロイドは突然ローガンに銃をつきつけ、車を走らせるように指示する。

ベンは、隙を見てなんと逃げることに成功する。そして、フロイドが持っていたコインロッカーの鍵を入手する。ロッカーを開けると、そこには自分の名前も入った元同僚の暗殺予定者リストが入っていた。どうやらフロイドは殺し屋だったようだ。近くの病院へ行く、そこには同僚たちの遺体が・・・。

巨大組織ハルゲートとCIAは密室な関係があるようだ。ベンのCIA時代の同僚だったアンナ・ブラント(オルガ・キュリレンコ)が関わっていたのだ。

そんな折、エイミーが組織に誘拐されてしまう。ベンは機密書類を引き渡す代わりに、娘を釈放するよう取引をすることになる。

注目と見どころ&エピソード

・エイミーは無事助けられるのか?
・ソフト発売の際に『ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー』という邦題に改題。

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ベン・ローガン 主人公、元CIA捜査官 アーロン・エッカート
木下浩之
アンナ・ブラント ベンのCIA時代の同僚 オルガ・キュリレンコ
佐古真弓
エイミー・ローガン ベンの娘 リアナ・リベラト
内山夕実
デレク・コーラー ニール・ネイピア
森源次郎
ハルゲート ギャリック・ヘイゴン
水野龍司
ブレイマー デヴィッド・バーク=ジョーンズ
佐々木啓夫
ナビル イェッセン・ファデル
木島隆一
フロイド ベンの元同僚、殺し屋 アレクサンダー・フェーリング
前田一世
カリム ファブリース・ブティック
宮崎敦吉

スタッフ

製作 カール・リチャーズ,エイドリアン・ポリトウスキー,ジョナサン・ヴァンガー
音楽 ジェフ・ダナ
配給 RaDiUS-TWC,ワインスタイン・カンパニー,ファインフィルムズ


Blu-ray DVD(動画)の紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク