> > >

『遺留捜査5』第4話「修正ペン~美人歯科医が消した白骨の謎」のあらすじ&ネタバレ 中山忍,有薗芳記ゲスト出演

ドラマ遺留捜査5第4話「経営コンサルタント殺害…その凶器には、4年前に死んだ男の指紋が!?2人を繋ぐ謎の美人歯科医…遺留品の修正ペンが暴くその正体と事件の驚愕の真相とは!?」あらすじ,ネタバレ,見逃し,放送データまとめ。ゲスト出演は中山忍,有薗芳記,松澤一之,舟木幸,森矢カンナ,松浦優樹,岡大介,木内義一,徳竹未夏,上田こずえ 他。キャストは上川隆也,甲本雅裕,栗山千明,戸田恵子,永井大,宮﨑香蓮,梶原善 他。

作品の評価:

「遺留捜査5」の第4話「修正ペン~美人歯科医が消した白骨の謎」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

『遺留捜査5』第4話「…修正ペン」のあらすじ&ネタバレ 中山忍,有薗芳記ゲスト出演

『遺留捜査5』第4話「…修正ペン」中山忍ゲスト出演

遺留捜査5 第4話について

作品データ

エピソード S5#4
サブタイトル 修正ペン~美人歯科医が消した白骨の謎
概要 経営コンサルタントが殺害。遺体から発見した修正ペンから、過去に加藤と交際していた美人すぎる歯科医に辿り着く!
遺留品 修正ペン

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2018年8月2日(木) 20:00~20:54 テレビ朝日 ****
2018年8月16日(木) 13:59~14:56 テレ朝・再放送

予告動画

https://www.youtube.com/embed/ArzWaPE9J4M

あらすじ

糸村聡(上川隆也)と一緒に川釣りに出かけた科捜研研究員・村木繁(甲本雅裕)が、偶然遺体を発見する。

その身元は経営コンサルタント・加藤明義(松澤一之)と判明、頭部を石のようなもので殴られ◎害されていた。

糸村は、遺体のジャケットから修正ペンを発見し、興味を示す。その修正ペンは、美人すぎる歯科医として有名な河原真里(中山忍)が院長を務める歯科医院で患者に配っていたものだった。

そんな中、◎された加藤は経営難に陥った4年前、志倉寛子(舟木幸)という女性から融資を受けて会社を再建していたことがわかる。

寛子とその娘・さなみ(森矢カンナ)によると、夫・啓介(有薗芳記)の死後、友人だった加藤に借金をしていたことがわかり、保険金で返済しただけだという。

さらに加藤は以前、真里と交際しており、最近になって復縁を迫っていた事実も明らかになる。

警察歯科医でもある真里と以前から知り合いだった村木は、彼女が事件と無関係であることを証明するため、科捜研を飛び出して現場へ向かう。糸村と共に、川の上流で凶器となった石を発見する。

しかし、石から検出された指紋は4年前、白骨死体となって発見された志倉啓介、つまり寛子の夫のものだった。死者による犯行とは、いったいどういうことなのか!? はたして加藤を◎した真犯人とは?

大まかな見どころ

・犯人は誰?
・遺留品の修正ペンが暴くその正体と事件の驚愕の真相とは!?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
河原真里
美人すぎる歯科医、警察歯科医、加藤の元・交際相手、村木の知人
中山忍
加藤明義
経営コンサルタント、事件被害者
松澤一之
志倉啓介
寛子の夫、加藤の友人、4年前に死亡!?
有薗芳記
志倉寛子 志倉啓介の妻 舟木幸
志倉さなみ 寛子の娘 森矢カンナ
川谷信彦 自動車整備工場の経営者 岡大介
米原大志 加藤の部下 木内義一
管理人 徳竹未夏

松浦優樹

上田こずえ

ネタバレ

被害者の加藤明義は悪い男だった。志倉啓介は、実は生きていたが、ビルの屋上から落ちて死んでしまう。これは事件なのか?

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
糸村聡(いとむら さとし) 京都府警捜査一課特別捜査対策室、鋭い鑑識眼と偏執的ともいえるこだわりを持つ、空気を読まないマイペースな性格 上川隆也
村木繁(むらき しげる) 警視庁科学捜査研究所係官、糸村と腐れ縁、1年の期限で京都府警に交換留学に来ていたが、2年目の今年も残留 甲本雅裕
神崎莉緒(かんざき りお) 京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事、大食い、曲がったことが大嫌いな性格、糸村とバディを組む、そのマイペースぶりにうんざりしながらも、遺留品にこだわる信念を徐々に認める 栗山千明
雨宮宏(あまみや ひろし) 特別捜査対策室刑事、文武両道を地で行く刑事、刑事として優れた資質を持つ、一歩引いた距離感で糸村を観察するが、いつのまにか巻き込まれること・・・ 永井大
岩田信之((いわた のぶゆき)
都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。糸村が特対に在籍していることに納得がいかない。
梶原善
滝沢綾子(たきざわ あやこ) 京都府警の科捜研研究員、糸村に振り回されてばかりの村木のために、なかなか自分の仕事が進められず困っている、糸村の最大の被害者といえる存在/td>

宮﨑香蓮
佐倉路花(さくら みちか) 特別捜査対策室刑事、警察庁に出向となった桧山の後任として特対の室長代理、処世術や人間観察力に長けている、京都生まれの京都育ち、父は太秦で有名な大部屋俳優 戸田恵子

スタッフ

脚本 山岡潤平
監督 濱龍也



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*