> > >

相棒16(2017年)第9話「目撃しない女」あらすじ&ネタバレ 冠城亘が刺された!? 朝倉あきゲスト出演

『相棒16』第9話「目撃しない女」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は朝倉あき 他。キャストは反町隆史,水谷豊,鈴木杏樹,川原和久,山中崇史,山西惇,浅利陽介,田中隆三 ほか。地面師集団、相貌失認(そうぼうしつにん)が関係するストーリー!そして冠城亘が恋&悲劇が!?

作品の評価:

「相棒16」の第9話「倫敦からの客人」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒16(2017年)第9話「目撃しない女」あらすじ&ネタバレ 冠城亘が撃たれた!? 朝倉あきゲスト出演

相棒16(2017年)第9話「目撃しない女」朝倉あきゲスト出演

相棒16 第7話について

殺人事件のカギを握る“目撃しない女”!? 命懸けの捜査の末、冠城亘を悲劇が襲う!!

作品データ

エピソード 9
サブタイトル 倫敦からの客人
キャッチ 殺人事件の鍵を握るのは“目撃しない女”!? 彼女を守ろうと奔走する亘を凶刃が襲う!
概要 スナック店主の男性が殺害。犯人らしき二人組の男について事情聴取されたのは、冠城亘がひいきにしているキッチンカーの店主・芽依(朝倉あき)だった。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年12月13日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 ****

予告動画

https://www.youtube.com/embed/GOazkOjw6v0

あらすじ

スナック店主の男性が◎害され、捜査一課では強盗◎人として捜査を開始する。犯人らしき二人組の男と遭遇したのは、特命係の冠城亘(反町隆史)がひいきにしているキッチンカー『バンドワゴン』の店主・新崎芽依(朝倉あき)だったが、証言が不自然にあいまいだったため、捜査一課・伊丹憲一刑事(川原和久)は彼女にも疑いの目を向ける。

いっぽう、逃走した二人組の男は、被害者から奪おうとして奪えなかったある物について、芽依が知っているのではないかと、警察をかたって接触し始める。しかし、男たちを間近で見たはずの芽依は、なぜか目撃などしなかったかのようにふるまう。

そのころ、亘と共に捜査に乗り出していた杉下右京(水谷豊)は、彼女がある問題を抱えている可能性を察していた。

そんな中、殺◎された男性が、不動産詐欺グループと繋がりがあったことが発覚する。右京と亘は、犯人たちが探している物が、殺人の動機になったと見て、独自の捜査を続ける。そして、芽依に危険が迫っていることを察した亘は、身をていして彼女を守ろうとするが…!?

大まかな見どころ

・目撃者の女性はなぜ犯人を見なかったことにしているのか?
・右京が気づいた“目撃しない女”の意外な秘密とは!?
・彼女に好意を寄せる亘の決死の捜査が衝撃の結末を生む!

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
新崎芽依 タコライスの移動販売を行うキッチンカー『バンドワゴン』の店主 朝倉あき

ネタバレ

新崎芽依は、相貌失認(そうぼうしつにん)という人の顔を覚えられない障害を持っていた。そのため、近寄ってきた犯人の顔がわからなかった。毎週水曜日に芽依の元へ通う冠城亘のことさえも覚えていなかった。

芽依が出店したイベントで、爆発事故が発生。スタッフになりすました犯人に連行されても気が付かない芽依であったが、犯人の声と携帯品の音で、犯人であると認識。

その場へ助けに来た冠城は犯人に刺される。右京が犯人を捕まえる。

犯人は、地面師集団(他人の土地を勝手に売る詐欺師の集団)で、◎害された人物もそんの仲間であった。犯行に使う書類データのメモリーカードを探していた。キッチンカーに車載されていた消火器の裏に張り付けられていた。

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁特命係・警部
名推理で事件の謎を解き明かす
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
特命係・巡査
シーズン15の第1話では広報課に配属、シリーズ14では法務省キャリア官僚で警視庁警務部付に出向中であった
反町隆史
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将、ついてない女
夫の復讐のために殺人未遂を犯し右京に逮捕、模範囚として刑期を終えて出所した過去をがある
鈴木杏樹
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査部長、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
青木年男 TOSHIO AOKI
サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官
浅利陽介
益子桑栄 SOEI MASHIKO
鑑識課・巡査部長
無愛想ながらも鑑識の腕は確かな職人気質
田中隆三
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長
「特命係に捜査権はない!」発言が多い
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正
内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付
カイト君(甲斐享)の父、元次長(警察庁No.2)
石坂浩二
日下部彌彦 YAHIKO KUSAKABE
法務事務次官
特命係を敵視し廃止に追い込もうと策謀を巡らせる、冠城亘の元上司
榎木孝明
衣笠藤治 TOJI KINUGASA
警視庁副総監・警視監
警視庁のNo.2、サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった、青木の父と竹馬の友で青木の採用にも力を貸したという噂が・・・
大杉漣
社美彌子 MIYAKO YASHIRO
総務部広報課 課長、警視正
警察庁のキャリア官僚として内閣情報調査室に出向していたが、現在は警視庁への出向という形で広報課長に就任
仲間由紀恵

スタッフ

脚本 徳永富彦
監督 内片輝






作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください