> > >

相棒16(2018年)第18話「ロスト~真相喪失」あらすじ&ネタバレ 森迫永依,矢野浩二ゲスト出演

『相棒16』第18話「ロスト~真相喪失」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。2018年2月28日放送。ゲスト出演は森迫永依,矢野浩二,越村公一,伊原農,辛島陽一 他。キャストは反町隆史,水谷豊,鈴木杏樹,川原和久,山中崇史,山西惇,浅利陽介,田中隆三,榎木孝明,片桐竜次,小野了 ほか。

作品の評価:

「相棒16」の第18話「ロスト~真相喪失」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒16(2018年)第18話「ロスト~真相喪失」あらすじ&ネタバレ 森迫永依,矢野浩二ゲスト出演

相棒16第18話「ロスト~真相喪失」森迫永依,矢野浩二ゲスト出演

相棒16 第18話について

消えた2億5千万円!!直後に発見された撲殺死体と関連が!? 殺害現場に隠れていた“証言拒否の女”がもたらす謎を、特命係は解き明かせるのか!?

作品データ

エピソード 18
サブタイトル ロスト~真相喪失
キャッチ 2億5千万円不正引き出し事件に外国人が関与!?
通訳捜査官と共に事件の核心に迫る
概要 関東一円のATMから、約2億5千万円の現金が不正に引き出される事件が発生。“出し子”と呼ばれる現金の引き出し役が多数特定される中、ある町工場社長の撲殺死体が発見される。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年2月28日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 15.0%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/wm5Y08xzLaQ

あらすじ

関東一円のATMから約2億5千万円の現金が不正に引き出される事件が発生する。防犯カメラの映像などから“出し子”と呼ばれる現金の引き出し役が多数特定され、特命係の杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)も捜査に駆り出される。

そんな中、ある町工場の社長の撲◎死体が発見される。そこで半年前まで働いていた中国人従業員が出し子の一人であることが分かり、右京と亘は工場を捜査。すると敷地の一角に隠れた若い中国人女性・シャオリー(森迫永依)を発見する。

通訳捜査官・西村(矢野浩二)を通じて事情を聞くが、警戒しているのか何も語ろうとしない。いっぽう、◎された社長は闇金に多額の借金があったらしく、専務の塹江(越村公一)によると、従業員の賃金さえ未払いだったという。さらに、シャオリーが頻繁にメールでやり取りしていたことも判明する。

大まかな見どころ

・不正引き出し事件と町工場社長◎害事件に繋がりはあるのか?
・現場に居合わせた女性はなぜ証言を拒むのか?
・ふたつの事件から思いも寄らない背景が浮かび上がる!

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
シャオリー 中国人労働者(濱口ライテック従業員)、本名は李雨欣、中国人派遣の元締めの娘 森迫永依
西村欣也 警視庁通訳センターの通訳捜査官 矢野浩二
塹江悟 濱口ライテックの専務 越村公一
濱口裕一郎 濱口ライテック社長、被害者 伊原農
王東明 (ワントンミン) 出し子の一員、中国人 辛島陽一
美間幸美 濱口ライテック従業員、中国語通訳担当 魏涼子
服部 闇金業者のボス、現金不正引出し事件の主犯

ネタバレ

番組オープニングでは、大杉漣さん(警視庁副総監・衣笠藤治役で準レギュラー)が、急性心不全のため21日に66歳で亡くなった追悼コメントが掲載されました。(詳細はコチラ

濱口裕一郎社長(伊原農)◎害事件の犯人は、塹江専務(越村公一)であった。バレたのは、犯行時刻頃に防犯カメラに塹江専務が映っていたことがきっかけでとなった。伊丹ら捜査一課によって逮捕となる。

濱口社長は、闇金業者に依頼され、出し子の手配をしていた。その報酬金を見た塹江専務が、中国人労働者への未払金にしてくれと頼んだが、
社長が独り占めしようとしたため、◎害に及んだ。

出し子の取り調べ通訳にあたった西村欣也通訳捜査官(矢野浩二)は、出し子の1人である王東明(=ワントンミン 辛島陽一)と同じ出身地の中国人であった。王の取り調べ中に、身の上話から妹の存在を知らされる。そこで、自分にには妹がいる、妹はシャオリー(森迫永依)であることを聞かされる。

王は出し子のバイトは、濱口社長からの依頼で、シャオリーが中国人を集めていると聞かされた。シャオリーの母親は、中国人派遣の元締めで、西村の母親であった。

そこで、西村は王に、出し子の事実を言うな、俺の言う通りに答えろと命じた。また、その後も西村はシャオリーの通訳をするが、刑事や特命係たちに正確な内容を伝えなかった。それは、シャオリーを無事に中国へ帰国させたいという子持ちからである。

疑いを持った杉下右京は、通訳の美間幸美(魏涼子)に西村の通訳を聞かせる。そこで、西村の行為がバレてしまう。

シャオリー(=小李)の本名は李雨欣(=リーユーシン)、西村欣也の「欣」と同じ字である。シャオリーは西村に黙って帰国してしまったが、母親から西村へ「ありがとう」という電話が入ったそうだ。西村は責任を負って警察を辞めた。

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁特命係・警部
名推理で事件の謎を解き明かす
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
特命係・巡査
シーズン15の第1話では広報課に配属、シリーズ14では法務省キャリア官僚で警視庁警務部付に出向中であった
反町隆史
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将、ついてない女
夫の復讐のために殺人未遂を犯し右京に逮捕、模範囚として刑期を終えて出所した過去をがある
鈴木杏樹
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査部長、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
青木年男 TOSHIO AOKI
サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官
浅利陽介

スタッフ

脚本 池上純哉
監督 橋本一






作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください