> >

『琥珀の夢』(2018年10月)あらすじ&ネタバレ 内野聖陽主演 洋酒メーカー「暁屋」の創業者伝!!

ドラマ『琥珀の夢』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ東京・日経ドラマスペシャルで2018年10月5日(金)に放送。ゲキャストは内野聖陽,檀れい,生瀬勝久,山本耕史,大東駿介,田口浩正,倉科カナ,中村梅雀,市川左團次,伊武雅刀,原田美枝子,渡辺いっけい,西田敏,渡邉蒼 他。

作品の評価:

内野聖陽さん出演ドラマ『琥珀の夢』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『琥珀の夢』(2018年10月)あらすじ&ネタバレ 内野聖陽主演,檀れい出演

『琥珀の夢』(テレビ東京・日経ドラマスペシャル 2018年10月)

テレビ東京・日経ドラマスペシャルで2018年10月5日(金)に放送。に・で再放送。

『琥珀の夢』について

内野聖陽さん主演!伊集院静氏の原作小説をドラマ化!「やってみなはれ」精神で、世界に冠たる洋酒メーカーをたった一代で築き上げた男の人生を描く傑作ヒューマンドラマ。

作品データ

タイトル 琥珀の夢
放送時間 (150分)
出演 内野聖陽,檀れい,生瀬勝久,山本耕史,大東駿介,田口浩正,倉科カナ,中村梅雀,市川左團次,伊武雅刀,原田美枝子,渡辺いっけい,西田敏行 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2018年10月5日(金) 20:54~23:24 テレビ東京・日経ドラマスペシャル ****%

予告動画(トレーラー)

あらすじ

明治12年。大阪の米穀店「鳴江屋」店主・鳴江義兵衛(中村梅雀)ちよ(原田美枝子)に4人目の子供が誕生した。

そこ子は萬治郎と名付けられる。成績優秀な子に成長するが、13歳のとき、義兵衛は息子を丁稚奉公に出すことにする。母は反対するが、父の言葉を受け入れる萬治郎(渡邉蒼)。そんな中、萬治郎はキラキラした琥珀色の夢を見る。この夢が意味するものとは…。

奉公先の薬種問屋の店主・小南理助(西田敏行)は葡萄酒の開発をしていた。興味を持った萬治郎は開発を手伝い、やがて販売にこぎつけるが、東京で人気の葡萄酒のおいしさに愕然とした理助は、志半ばで洋酒部を廃止にする。

しかし4年後。大人になった萬治郎(内野聖陽)は理助の恩に報いるため、日本一の葡萄酒を完成させるべく再び動き出す!

注目と見どころ

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
鳴江萬治郎 鳴江義兵衛とちよの4人目の子供、のちの日本一の洋酒メーカー「暁屋」の創業者 内野聖陽
少年時代:渡邉蒼
サト 萬治郎の妻 檀れい
鳴江千恵蔵 萬治郎の兄、父の米穀商を継ぎ、鳴江屋の店主となる。萬治郎の一番の理解者であり、彼が唯一涙を見せる人物 生瀬勝久
鳴江義兵衛 萬治郎と千恵蔵の父、大阪の米穀店「鳴江屋」店主、両替商から米穀商へと鞍替えする 中村梅雀
鳴江ちよ 萬治郎と千恵蔵の母 原田美枝子
鳴江寿太郎 萬治郎とサトの長男、のちの「暁屋」の若社長 大東駿介
中井大五郎 新暁屋の番頭 田口浩正
松亀正行 ウイスキー造りのキーマン、本場スコットランドにて製造を学んだ 山本耕史
ミドリ 東京にあるカフェーの女給 倉科カナ(特別出演)
大川与兵衛 「大川屋」の大旦那 市川左團次
国生栄太郎 梟印葡萄酒を売る卸問屋・「国生商店」の社長、東京人らしくファッションはハイカラ 伊武雅刀
小南理助 薬種問屋「小南商店」の店主、萬治郎の恩師 西田敏行
ナレーション 渡辺いっけい
坂田利夫
千原せいじ
原西孝幸(FUJIWARA)

スタッフ

原作 伊集院静『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎(集英社刊/日本経済新聞連載)
脚本 森下直
監督 松田秀知
チーフプロデューサー 中川順平(テレビ東京)
プロデューサー 阿部真士(テレビ東京)、黒沢淳(テレパック)、金澤友也(テレパック)
音楽 服部隆之
制作協力 テレパック
製作著作 テレビ東京,BSテレ東


書籍紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*