> >

『最後の同窓会』あらすじ&ネタバレ 市村正親,片岡鶴太郎,角野卓造,でんでん,松坂慶子出演

スペシャルドラマ『最後の同窓会』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日で2017年11月26日(日)に放送。キャストは市村正親,片岡鶴太郎,角野卓造,でんでん,松坂慶子,かとうかず子 他。50年ぶりに再会した小学校の同級生たちが…人生最大の大冒険!?“奇妙な同窓会”からはじまる
大人のための泣き笑いロードムービー!

作品の評価:

スペシャルドラマ『最後の同窓会』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『最後の同窓会』あらすじ&ネタバレ 市村正親,片岡鶴太郎,角野卓造,でんでん,松坂慶子出演

『最後の同窓会』(テレ朝日スペシャルドラマ 2017年11月)

テレビ朝日・スペシャルドラマで2017年11月26日(日)に放送。

『最後の同窓会』について

60歳を迎えたワケあり男女が亡くなった仲間の約束をかなえるため、とんでもない行動に出た!?
“大人たちの青春”を描いたロードムービーが誕生!!

作品データ

タイトル 最後の同窓会
放送時間 (110分)
出演 市村正親,片岡鶴太郎,角野卓造,でんでん,松坂慶子 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年11月26日(日) 10:00~11:50 テレビ朝日・スペシャルドラマ(日曜ワイドの時間帯) ****%

予告動画(トレーラー)

あらすじ

三流商社勤務の高槻功(市村正親)はその日、定年を迎えた。形ばかりのセレモニーで送り出されて帰宅したところ、妻の英子(かとうかず子)は友人との旅行にいそいそと出かけて行くところだった。

「つまんねぇ人生だなあ」――。思わずそうつぶやいたとき、小学校時代の同級生・坂田典夫(角野卓造)から、同窓会の誘いの電話が入る。

先日、欠席の返事を出していた功だったが、典夫から「俺たちのリーダー・功ちゃんがいないとはじまらない」などとおだてられ、顔を出すことに決めた。

しかし当日、会場の小さなスナックに到着してみると、集まったのは功のほか、幹事の典夫、お調子者の田村実(でんでん)影の薄い米倉正一(片岡鶴太郎)マドンナの花岡真知子(松坂慶子)のたった5人であった。

同窓会とは名ばかりで、幹事の坂田が当時、仲のよかった5人を集めただけの会だったのだ。ガッカリしつつも懐かしさがこみ上げ、すぐにかつての関係に戻る5人である。

皆、それぞれワケありだったが深くは語らず、大いに見栄を盛り込んで近況を報告し合っていく。

ところが、坂田が余命宣告を受けたことを告白したのを機に、それぞれのウソが次第に明らかになっていく。幸せな同居生活を送っていると話していた真知子も、会場に乗り込んできた息子夫婦に強引に連れ戻されてしまった。

しかし、ハプニングはそれだけで終わらなかった…。明け方、ウトウトした功たちが目覚めると、なんと実がひっそりと死んでいたのだ。暗く沈んだ気持ちになった一同は「どうせ、この先いいことなんてないんだよな…」などネガティヴな愚痴を語り合う。

そんな情けない会話を聞いてなぜか無性に腹が立った功は「こんなしょぼい終わり方で同窓会を終わってたまるか!」と一喝。実が「死んでも行く」と話していた孫娘のピアノ発表会の会場まで、実の遺体を連れて行ってあげようと、一同に提案する。

その後、功たちは自宅に連れ戻されていた真知子をなんとか奪還!こうして、実の遺体を連れた、奇妙なドライブがはじまるのだ!?

注目と見どころ

・ラストシーンは?

スポンサードリンク

登場人物

登場人物 キャスト
高槻功 小学生時代はみんなのリーダー役、人生で輝いていたのはそのときだけ、妻からも適当にあしらわれ、独立した子どもたちも無関心 市村正親
米倉正一 小学生の頃から影が薄く、ただニコニコと笑っていただけの印象しかない男だった。同窓会でも同じように微笑んでいるだけだったが、実は強盗事件を起こして逃亡中で…!? 片岡鶴太郎
坂田典夫 功の小学校時代のクラスメート。親の介護もあって結婚していない。すい臓がんで余命2年と宣告され、かつての仲間たちにどうしても会いたくなり、同窓会を企画した 角野卓造
田村実 功の小学校時代のクラスメート。過去に浮気をし、ひとり娘と折り合いが悪い。生きがいは孫娘、めったに会うこともかなわない。心臓に持病があり、同窓会の翌朝、突然死!! でんでん
花岡真知子 小学校時代はクラス委員を務め、皆のマドンナ、功の初恋の相手。息子夫婦と同居、幸せな老後を送っていると話であったが、実は亡夫の借金を嫁に責め立てられ、自由に使える金もなく、肩身の狭い生活を送っていた。 松坂慶子
高槻英子 功の妻。功を適当にあしらう かとうかず子

ネタバレ

死んだ実(でんでん)を、孫娘のピアノ演奏会へ連れて行く。演奏会前に、正一 (片岡鶴太郎)は、持っている1億円で、現実から逃げたい皆へ、この金を使って皆で暮らそうと提案する。最初は乗る気ではなかった典夫(角野卓造)真知子(松坂慶子)も、ハワイで暮らす案に賛成する。

しかし、功 (市村正親)は、現実の戻ろうと言う。皆で暮らしても、そこの問題は生まれる。同窓会は、いっときだから楽しいのだ。また、集まろう! かつてのリーダーの言葉に、皆も納得する。

ピアノ演奏会では孫娘も喜び、実の夢も叶う。演奏会終了後、実の娘に、実の死を告げる。娘は泣き崩れる。
皆は警察へ出頭、正一はお金ことを切り出す。そこで、シーンが変わる。

皆(3人)は、各家庭へと戻る。
典夫は、もう一度、同窓会をするために長生きしようと、医者へ行く決意! そのへ、心配していたと飲み屋の姉ちゃんが来て、愛が!? 2人で医者へ行く。
真知子は、お土産の納豆を持って、息子夫婦のもとへ帰る。嫁は心配していた。

功の妻・英子(かとうかず子)が、旅行から帰宅。留守中に夫に変わりないと思っている。適当にあしらっていたはずだが、功にお土産を買ってきた。そのお土産のつまみで、で夕飯はビールということになる。夫婦愛を感じさせるシーンであった。

スタッフ

プロデューサー 大川武宏(テレビ朝日),池田邦晃(テレビ朝日),渡辺良介(大映テレビ),熊谷理恵(大映テレビ)
脚本 岡田惠和
監督 内片輝
制作 テレビ朝日,大映テレビ



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク