> >

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 1977年 マーク・ハミル,ハリソン・フォード,キャリー・フィッシャー出演

エピソード4 新たなる希望(STAR WARS EPISODE Ⅳ A NEW HOPE)。遠い昔、はるか彼方の銀河系で1人の青年ルーク・スカイウォーカーの壮大な冒険が始まる!シリーズ第1作目。1977年公開。こマーク・ハミル,ハリソン・フォード,キャリー・フィッシャー,ピーター・カッシング,アレック・ギネス,デビッド・プラウズ出演。

作品の評価:

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(STAR WARS EPISODE Ⅳ A NEW HOPE)』。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で、ダースベーダーの銀河帝国を相手に1人の青年ルーク・スカイウォーカーの壮大な冒険が始まる!

スターウォーズ-エピソード4-1977年
1977年公開の初代スター・ウォーズ。ここから伝説が始まった!公開当初は「スター・ウォーズ」というタイトルのみであったが、シリーズ化してから副題「エピソード4/新たなる希望」が付けられた。

1997年に当時の最新CG技術を使った映像で、一部のシーンを差し替え「スター・ウォーズ 特別篇」として公開。2012年発売のDVDでは、さらに変更が加えられている。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』について

作品データ

タイトル スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
原題 STAR WARS EPISODE Ⅳ A NEW HOPE
公開 1977年
製作国 アメリカ
上映時間 121分
配給 20世紀フォックス
監督・脚本 ジョージ・ルーカス
出演 マーク・ハミル,ハリソン・フォード,キャリー・フィッシャー,ピーター・カッシング,アレック・ギネス,アンソニー・ダニエルス,ケニー・ベイカー,ピーター・メイヒュー,デビッド・プラウズ,フィル・ブラウン,シェラ・フレイザー

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2015年12月18日 日本テレビ・金曜ロードショー
1983年10月05日
地上波初放送
日本テレビ・水曜ロードショー

無料で視聴出来る可能性

2015年12月17日時点で、WEBサイト上で探して無料で視聴出来る可能性は 10% です。

予告動画(トレーラー)

スポンサードリンク


ストーリー概要

遠い昔、はるか彼方の銀河系。そこではモフ・ターキン(ピーター・カッシング)ダース・ベイダー(デビッド・プラウズ)による銀河帝国、恐怖の独裁政治が敷かれていた。本拠地は、巨大な宇宙ステーション型の要塞デス・スター。

帝国に抵抗する共和主義者を率いるレイア姫(キャリー・フィッシャー)は、ある時、デス・スターの設計図を盗み出すことに成功が、ダース・ベイダーに捕らわれてしまった。レイア姫は、ロボットR2-D2にすべてを託すことになった。

R2-D2は、相棒ロボットのC-3POと共に、砂漠の惑星タトゥイーンに不時着した。原住生物ジャワに捕獲されてバザーに出された2体。そこで、青年・ルーク(マーク・ハミル)は、2体を買い取った。ルークによって整備されたR2-d2は、ふとした拍子にレイア姫がオビ=ワン・ケノービという人物にあてたメッセージを再生してしまう。

その後、近所に住む老人・ベン・ケノービ(アレック・ギネス)こそがオビ=ワンというジェダイ騎士の生き残りであることが分かる。

帝国軍の兵士によって育ての親である叔父夫婦を殺害されたルークは、ベンと共にレイア姫の救出に向かうことを決意する。そして、ならず者だが宇宙船の運転の腕は確かなハン・ソロ船長(ハリソン・フォード)と相棒のチューバッカ(ピーター・メイヒュー)の操る、ミレニアム・ファルコン号に乗り込んだ。

デス・スターから発せられる物体を引き寄せる強力な光線によって、デス・スターに引き込まれてしまった。そこで、一行はレイア姫の救出作戦を決行する。

注目と見どころ

・ルークとソロは無事にレイア姫を救出できるか?
・ダース・ベイダーとベン・ケノービのジェダイ騎士の一騎打ち!



「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が2015年12月18日 全国一斉ロードショー!

新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はエピソード7にあたる作品です。これまでに、スターウォーズは6作品公開されています。エピソード4は初代スターウォーズでルークとレイア姫のストーリー。

新作「フォースの覚醒」は、新キャラクターのレイが主人公となりますが、ルーク、レイア姫、ハン船長も登場します。

エピソード5,6と続き完結しますが、新作「フォースの覚醒」を見るにあたって、少なくとも、このエピソード4は見ておくべき作品だと思います。

スター・ウォーズ=ジェダイ騎士、ダースベーダーというところがピックアップされていますが、ハリソン・フォードのハン船長の活躍があってこそのスター・ウォーズですから。

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ルーク・スカイウォーカー
マーク・ハミル
島田敏
レイア・オーガナ姫
キャリー・フィッシャー
高島雅羅
モフ・ターキン
銀河帝国のボス
ピーター・カッシング
大木民夫
ダース・ベイダー
銀河帝国のボス
デビッド・プラウズ
大平透
ベン・ケノービ
オビ=ワン、生き残りのジェダイ騎士
アレック・ギネス
納谷悟朗
C-3PO
おしゃべりなロボット
アンソニー・ダニエルス
野沢那智
R2-D2
忠実な天才ロボット
ケニー・ベイカー
ハン・ソロ
ならず者、宇宙船の船長
ハリソン・フォード
磯部勉
チューバッカ
宇宙船乗組員
ピーター・メイヒュー
オーエン・ラース
ルークの叔父
フィル・ブラウン
村松康雄
ベル・ラース
ルークの叔母
シェラ・フレイザー
斉藤昌
ジャワ族の首領
ジャック・パービス

DVD(Blue-ray)の紹介

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]
スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]


作品の評価:

Leave a comment

Your email address will not be published.


*