> >

「刑事7人2」第5話 永沢圭太が残したメッセージ 岩渕敏司,大高洋夫,手塚とおるゲスト出演

刑事7人2 第5話のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめ。仲間の弔い合戦、反撃開始!永沢が残したメッセージ 明らかになっていく永沢の追い求めた”真実” ゲストは岩渕敏司,大高洋夫,手塚とおる 他。東山紀之,高嶋政宏,片岡愛之助,鈴木浩介,倉科カナ,塚本高史,吉田鋼太郎,北大路欣也。

作品の評価:

ドラマ『刑事7人 シーズン2』第5話のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめです。

警視庁最強のスペシャリスト集団の7人の刑事たちが様々な凶悪事件に立ち向かう物語です。

第5話について

サブタイトル:

仲間の弔い合戦、反撃開始!永沢が残したメッセージ 明らかになっていく永沢の追い求めた”真実”

放送歴

年月日 放送局 視聴率
2016年8月10日 21:00 ~ 21:54
テレビ朝日 **.*%

予告動画(トレーラー)

スポンサードリンク

あらすじ

女性を襲おうとした男を追い、誤って団地の屋上から転落死したと思われていた警視庁捜査一課12係の刑事・永沢圭太(鈴木浩介)であった。

だが、事故死を裏付ける証言をした団地住民のうちの誰かに呼び出され、◎された可能性が浮上した。

弔い合戦に命を燃やす、機動捜査隊の天樹悠(東山紀之)ら、永沢の仲間たち。

彼らは、証言者たちの元へ向かうが、証言者たちは一斉に引っ越し、姿を消してしまっていた。捜査一課12係の事務所には、盗聴器が仕掛けられていて、情報が筒抜けだったことが判明する。(4話までのストーリー)

 そんな中、天樹は永沢が約1カ月前、実家へ戻り、あるカセットテープを聴いていたことを突き止める。そのテープはかつて、殉職した元警察官の父・永沢圭介(岩渕敏司)が息子の20歳の誕生日プレゼントとして、タイムカプセルに入れて埋めていたものだった。

そして…そこには「もし警察官になっていて、信頼できる仲間ができたときは、暗号化された手帳の捜査メモをもとに真相を追ってほしい」という、父の切なるメッセージが残されていた! しかし、どういうわけか肝心の手帳はどこにも見当たらない。

 しかし、天樹は、永沢がこっそり残していた謎のダイイングメッセージから、30年前に起きた◎人事件の被疑者・三窪厳(大高洋夫)の存在にたどり着く。

永沢は父の遺志を受け継ぎ、30年前の◎人事件を追っていたに違いない。そう考えた天樹らは、すでに出所している三窪と接触する。あらゆる角度から、当時の事件を洗い直す。すると、捜査の矛盾点が次々と出てきくる。

注目と見どころ

・永沢圭太(鈴木浩介)はなぜ?◎されなければならなかったのか。
・永沢が最期まで貫こうとしていた正義とは何だったのか?
・7人のエキスパートたちによる不屈の弔い合戦は、やがて、やりきれない真実をあぶり出す!

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
永沢圭介
殉職した元警察官、永沢の父
岩渕敏司
三窪厳
30年前に起きた◎人事件の被疑者
大高洋夫
手塚とおる




スポンサードリンク

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
天樹悠
警視庁捜査一課12係から警視庁機動捜査隊に配属。
東山紀之
沙村康介
警視庁捜査一課12係の刑事を経て、同部署の係長に就任、正義感が強く情熱的な男。
髙嶋政宏
山下巧
42歳、警視庁捜査一課12係の刑事を経て、未来犯罪予測センターというたった一人の部署に配属、情報収集が得意。
片岡愛之助
永沢圭太
警視庁捜査一課12係、他部署の潤滑油的存在、7人の中で唯一、空気を読める男。第4話で死亡
鈴木浩介
水田環
警視庁捜査一課12係、帰国子女。
倉科カナ
青山新
所轄の刑事(第1話)から警視庁捜査一課12係(第2話から)へ、刑事としてのキャリアは浅く、ルーキー風の言動と雰囲気を持つ。
塚本高史
片桐正敏
警視庁捜査一課12係の係長を経て、刑事総務課の課長に昇進、謎が多い。
吉田鋼太郎
堂本俊太郎
法医学者、東都大学医学部の法医学教室教授、悠の義父。
北大路欣也

スタッフ

脚本
監督

参考サイト

http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_02/story/0005/
https://ja.wikipedia.org/wiki/刑事7人


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*