> >

『ヤメ検の女3』(2012年7月) あらすじ&ネタバレ 三浦理恵子,徳井優ゲスト出演

ドラマ『ヤメ検の女3』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2012年7月21日に放送。2018年2月2日(金)にテレ朝で再放送。ゲスト出演は三浦理恵子,徳井優,山田純大,蟹江一平,谷川清美,渡辺哲,田中健,伊吹吾郎,大森暁美 他。キャストは賀来千香子,温水洋一,須藤温子,泉谷しげる 他。

作品の評価:

賀来千香子 さん出演ドラマ『ヤメ検の女3』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2012年7月21日(土)に放送。2018年2月2日(金)にテレビ朝日・再放送で再放送。

「ヤメ検の女」について

テレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」で2009年から放送されているテレビドラマ「ヤメ検の女」シリーズです。主演は賀来千香子さん。

葵あかね(賀来千香子)は、検察庁を辞めて弁護士に転身した“ヤメ検”。事務所員・桜井花子(須藤温子)の営業努力が実り、今は大手玩具メーカー『ドリームトーイ』の顧問弁護士を務めている。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
葵あかね ヤメ検、葵あかね法律事務所 賀来千香子
葵健介 あかねの夫、普段は農業を営んでいる 温水洋一
桜井花子 葵あかね法律事務所の事務員、あかねのアシスタント 須藤温子
堺虎之助 弁護士、カネに汚いダーティワークを行うが、腕はたつ 泉谷しげる

『ヤメ検の女3』について

作品データ

タイトル ヤメ検の女3
シリーズ 3
サブタイトル 検察を辞めた情熱弁護士!父を殺された難病少女を救え!
死者が残したメッセージ“うして”の謎!? 連続殺人の闇…
放送時間 (126分)
出演 賀来千香子,温水洋一,須藤温子,三浦理恵子,徳井優,大森暁美,渡辺哲,伊吹吾郎,田中健,泉谷しげる 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年7月21日(土) 21:00~23:06 テレビ朝日・土曜ワイド劇場 15.1%%
2018年2月2日(金) 14:04~15:55 テレビ朝日・再放送

あらすじ

葵あかね(賀来千香子)が顧問弁護士を務めるドリームトーイで殺人事件が発生した。

被害者の石田克人(山田純大)加害者の平山雄一(蟹江一平)、そして目撃者の牛寺恒夫(徳井優)もドリームトーイの社員という、弁護士にとっては難しい事件がのしかかってくる。

牛寺は平山が石田を刺す瞬間を目撃したと証言。以前から社内で相次いでいた商品の紛失について石田が調査を進めており、その犯人が平山だったのではと警察に報告する。一方の平山は、現場に着いたとき石田はすでに胸を刺されており、虫の息で「うして…」という言葉を繰り返していたと証言。無実を主張する。

証言の食い違いを検証するため現場に出向いたあかねは、牛寺がいた場所からは平山の手元が見えないことを突き止める。だが、警察は平山の社員ロッカーから大量の未開封のおもちゃを押収。謎はさらに深まる。

あかねは、平山と無罪を目指して裁判を戦うつもりだと、ドリームトーイの植草大二郎専務(田中健)に伝える。しかし、植草は真相究明よりも企業のダメージ回復を第一に考えるよう、あかねに要求。牛寺とともに、平山に罪を認めさせることが顧問弁護士のあかねに課せられた仕事だと迫る。

人一倍正義感の強いあかねは、社員の人生より世間体を重視する植草らの姿勢に激怒。その場で、顧問弁護士の辞任を申し出る。

事務所に戻ると、今度はこのあかねの後先省みない行動に花子が激怒する。順風とは言いがたい事務所経営に日々四苦八苦していた花子は、努力の甲斐が無いと事務所を飛び出していってしまう。

あかねは、花子に申し訳ないとの思いを抱きつつも、信念を曲げることなく平山の弁護を続けると決意。平山、石田、双方の家族に挨拶に出向く。

平山の母・滋子(大森暁美)は、あかねの奇特さに感謝の気持ちを伝える。しかし、石田の妻・貴子(三浦理恵子)はあかねを拒否。その後、入院中の貴子の娘・果歩(毛利恋子)の病室に現れ、果歩の人懐こさゆえに仲良くなってしまったあかねを、卑怯者とののしる。

果歩は難しい手術を控えていた。貴子は、果歩の体調を気遣い、夫の死も伝えられずにいたのだ。知らぬこととは言え、あかねは自分の軽率さを猛省。貴子に深々と謝る。その真摯な姿勢が貴子に届いたのか、貴子は態度を軟化させるが、事件に関する有力な証言はなんら得られなかった。

やや沈んだ気持ちで事務所に戻るあかね。そこに、いつもの花子の姿が無いことで、あかねはますます落ち込んでいく。

そこへ突然、ペテン師の呼び声高いまゆつば弁護士の堺虎之助(泉谷しげる)が、あかねを訪ねてくる。虎之助は、ドリームトーイが発売した欠陥商品で子どもたちが被害に遭っているとして、大規模な訴訟を準備。あかねにも虎之助が組織する弁護団に加わるよう、しつこく勧誘してくる。

そこへ花子が登場!あかねとともにインチキ臭い事故写真を突き返し、虎之助を一蹴した花子は、これからもあかねの不器用な生き方に付き合うと素直に謝罪。心強い相棒を取り戻したあかねは、意を強くして平山の弁護に向き合う。

あかねは、平山に警察の取調べを受けるよう指示する。平山はあかねに教えられた通り、取り調べに現れた田代刑事(伊吹吾郎)にただ無実を訴えるのではなく、事件の不自然さを冷静に指摘。検視報告書を確認した田代は、冤罪の可能性があることに気づき顔を青ざめる。

昔の習性で警察に指示を出したがる“ヤメ検”を嫌っていた田代だが、ついに観念。あかねに非公式の協力を申し出る。

田代から石田の手帳のコピーを受け取ったあかねは、日曜日ごとに異なる苗字が書き込まれていることに気づく。貴子に尋ねてみるが、何を意味するのかは分からないという。

だが、その後、石田の遺品からドリームトーイのヒット商品に関するクレーム者リストが発見され、手帳に書かれていた苗字の全てがクレーム者リストと一致。しかも、購入していたのは虎之助が訴訟を準備していたおもちゃと同一のものだった!

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
石田貴子 克人の妻 三浦理恵子
牛寺恒夫 事件目撃者・ドリームトーイ総務部部長 徳井優
石田克人 事件被害者・ドリームトーイ開発部社員 山田純大
平山雄一 事件容疑者・ドリームトーイ総務部社員 蟹江一平
北山光子 石田家の隣人。電動乗用カートの欠陥が原因での智也の怪我への謝罪に訪れた克人に文句を言う。 谷川清美
西岩徹 部品メーカー「ウエストロック」社長。電動乗用カートの駆動部モーターの製造を担当。 渡辺哲
田代 警視庁聖橋警察署の刑事(警部)。事件のスピード解決の記録更新を目指し、あかねと敵対する。 伊吹吾郎
植草大二郎 玩具メーカー「ドリームトーイ」専務。企業防衛のため平山に罪を認めさせることをあかねに迫る。 田中健
平山滋子 雄一の母 大森暁美
警視庁聖橋警察署の刑事 小澤雄太
笠原 帝都大学病院医師・果歩の主治医 四方堂亘
西岩の行きつけのスナックのママ 中野若葉
石田果歩 克人の娘・帝都大学病院に脳腫瘍にて入院中 毛利恋子
平山和虎 雄一の息子 安田吏玖
北山智也 光子の孫 市村涼風
クリーニング屋の配達人 芹沢礼多
帝都大学病院看護師 芳野友美
平山家に取材に来たリポーター シーナ茜
ガード下の飲み屋の主人 高土新太郎
平山家の玄関にゴミを捨てる隣人 たむらもとこ
ドリームトーイ秘書 真木順子
帝都大学病院医師 山崎亨太
主婦 梅村和世

スタッフ

プロデューサー 飯田新(ABC),見留多佳城(G・カンパニー),神崎良(G・カンパニー)
脚本 小澤俊介
監督 藤嘉行
制作 テレビ朝日,東映


動画紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*