>

スペシャリスト第9話 最終章、犯罪脚本家・佐神稚洋(上川隆也)VS宅間善人 始まる!

スペシャリスト第9話の作品データまとめ。最終章へ犯罪脚本家・佐神稚洋(上川隆也)VS スペシャリスト・宅間善人(草彅剛)。あらすじ&ネタバレ紺野まひる,神谷まこと。我妻真里亜(夏菜),姉小路千波(南果歩),芦名星,和田正人,平岡祐太,吹越満。

作品の評価:

「スペシャリスト」の第9話のあらすじ、ネタバレ、作品データをまとめています。

犯罪脚本家・佐神稚洋(上川隆也)VS スペシャリスト・宅間善人(草彅剛)

ゲスト出演は、上川隆也,紺野まひる,神谷まこと。

無実の罪で10年10か月間服役した宅間善人刑事(草彅剛)が、刑務所で得た犯罪の知識を基に様々な事件を解決していく異色のサスペンス刑事ドラマです。

第9話について

放送

年月日 放送局・番組
2016年03月10日(木) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日

スポンサードリンク

あらすじ

殺人を犯したのに罪に問われなかった8人の男女が、最後のひとりになるまで互いに殺しあう殺人トーナメントなる裏サイトが存在し、そのトーナメントの頂点に君臨するクイーンなる人物がいることを突き止めた宅間善人(草彅剛)ら総合事犯対応係(仮称)のメンバーたちであった。

 宅間はこの事件と殺人トーナメントの背後に犯罪脚本家こと佐神稚洋(上川隆也)の存在を察知。一連の出来事が自分に向けた挑戦で、トーナメントは最初から自分を狙ったものだったのではないかと考えていた。

その裏サイトのアナグラムが指すクイーンは、宅間の元妻・室町美也子(紺野まひる)だった!その矢先、美也子が滞在中のホテルで何者かに有機系の毒を盛られてしまう!宅間は駆けつけるが、遅かった。(第8話のラストシーン)

宅間は思った。自分を狙っていたはずなのに、なぜそれが途中でターゲットが変わり、元妻・美也子が狙われたのか?その謎を解くために、姉小路千波(南果歩)らの力を得て、佐神の行方を追い始める。

 トーナメントを勝ち抜いた安西桂子(井上和香)から、トーナメントに参加した経緯を聞き出した千波は、あらためて佐神のそら恐ろしさを実感。松原唯子(芦名星)らも、ボーイに扮した男性が美也子の部屋に侵入する場面を防犯カメラで確認し、美也子に接触していたのは佐神だったのか、解明を急ぐ。

 一方、トーナメントについて洗い直し始めた宅間と我妻真里亜(夏菜)は、最初の殺人の第一発見者である交番の巡査・岸田(神谷まこと)の元を訪れるが、すでに岸田は何者かに毒殺され、ホルスターからは拳銃が奪われていた!

野次馬の中に不審な男を見つけた宅間は、その男の後を追跡。踏切まで追い詰めた、その時。宅間たちのほうを振り向いたその顔は、死んだはずのあの男だった!

 さらに、佐神から宅間宛てにある展覧会の招待状が届く。「これは俺と『我々』の闘いだから」と千波の介入を許さず、宅間はひとり、佐神との対峙に向かう。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
室町美也子 宅間の元妻 紺野まひる
佐神稚洋 犯罪脚本家、宅間の刑務所仲間 上川隆也
岸田 事件の第一発見者、交番の巡査 神谷まこと




レギュラー出演者

登場人物 キャスト
宅間善人(たくま・よしと)
警視庁・総合事犯対応係(仮称)の刑事、冤罪で10年服役していた
草彅剛
姉小路千波(あねこうじ・ちなみ)
総合事犯対応係(仮称)の刑事、宅間の相棒ともいうべきおばさん刑事
南果歩
松原唯子(まつばら・ゆいこ)
総合事犯対応係(仮称)の刑事、データ分析、メカに強い
芦名星
野方希望(のがた・のぞむ)
警視庁刑事部捜査一課の刑事、一課とのパイプ役
和田正人
我妻真里亜(あづま・まりあ)
総合事犯対応係(仮称)の刑事、刑事部総務課から異動してきて新メンバー、伯父が現警察庁長官
夏菜
堀川耕平(ほりかわ・こうへい)
総合事犯対応係(仮称)の刑事、警備部の元SP
平岡祐太
滝道博喜(たきどう・ひろき)
警察庁警備局警備対策官、現在は警視庁に出向中、総合事犯対応係(仮)を新設
吹越満

スタッフ

脚本 戸田山雅司
監督 七髙剛
ゼネラルプロデューサー 横地郁英(テレビ朝日)

作品の評価:

Leave a comment

Your email address will not be published.


*