> >

『ザ・ターゲット』(1997年) あらすじ&ネタバレ チャーリー・シーン,リンダ・ハミルトン主演

映画「ザ・ターゲット(Shadow Conspiracy)」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。1997年アメリカ作品。出演はチャーリー・シーン,ドナルド・サザーランド,リンダ・ハミルトン,スティーブン・ラング,ベン・ギャザラ,ニコラス・タトゥーロ,セオドア・ビケル,スタンリー・アンダーソン,チャールズ・シオフィ,ポール・グリーソン,テリー・オクィン,サム・ウォーターストン,ゴア・ヴィダル 他。

作品の評価:

映画『ザ・ターゲット(Shadow Conspiracy)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

『ザ・ターゲット』(1997年) あらすじ&ネタバレ チャーリー・シーン,リンダ・ハミルトン主演

『ザ・ターゲット』(映画 1997年) チャーリー・シーン,リンダ・ハミルトン主演

『ザ・ターゲット』について

謎の敵に追われる身となった大統領補佐官!敵が狙う真の標的とは!?チャーリー・シーン、ドナルド・サザーランド、リンダ・ハミルトン共演のサスペンス・アクション大作

作品データ

タイトル ザ・ターゲット
原題 Shadow Conspiracy
ジャンル サスペンス,アクション
公開
製作国 アメリカ
上映時間 103
監督 ジョージ・P・コスマトス
脚本 アディ・ハサック,リック・ギブス,ジョン・ポーグ
出演 チャーリー・シーン,ドナルド・サザーランド,リンダ・ハミルトン,スティーブン・ラング,ベン・ギャザラ 他

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2018年5月31日(月) 13:35~15:40 テレビ東京・午後のロードショー

トレーラー(予告動画)

あらすじ

アメリカ大統領(サム・ウォーターストン)本人からも絶対の信頼を置かれている大統領補佐官のボビー・ビショップ(チャーリー・シーン)

ボビーはリークされた情報のもみ消し、大統領と政府高官たちとの意見調整など、難しい仕事を迅速に片付けていき、その実力は誰にも無視できないものとなっていた。

ある日、ボビーのもとに学生時代の恩師であるユーリ・ポチェンコ教授(セオドア・ビケル)から連絡が入る。教授は重大な事実を伝えたいと言い、ボビーは指定された場所に向かう。

しかし、ボビーの目の前でポチェンコ教授は何者かに狙撃される。政府の不正を監視するワークチームを作っていたポチェンコ教授は、ホワイトハウスの中枢で陰謀があることを発見してしまったため、暗殺されたのだ。ポチェンコ教授はボビーにシャドーという謎の言葉を残して息を引き取る。

そして、ボビーも命を狙われるようになる。ボビーは上司であり父親のように尊敬しているジェイク・コンラッド首席補佐官(ドナルド・サザーランド)に助けを求めるが、全ての情報が筒抜けになっており、ジェイクとの待ち合わせ場所でも何者かに狙撃される。

黒幕が内部にいると悟ったボビーは、ホワイトハウスに戻ることを断念し、影の政府(シャドーガバメント)という記事を書いた新聞記者アマンダ・ギブンズ(リンダ・ハミルトン)に協力を要請し、ふたりで謎を追うことになる。

注目と見どころ&エピソード

・シャドーと何者か?
・ラストシーン

スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ボビー・ビショップ 大統領補佐官、大統領本人からも絶対の信頼を置かれている チャーリー・シーン
堀内賢雄
ジェイク・コンラッド 首席補佐官、ボビーの上司で父親のように尊敬している ドナルド・サザーランド
家弓家正
アマンダ・ギブンズ 女性新聞記者、影の政府という記事を書いた リンダ・ハミルトン
高島雅羅
エージェント スティーブン・ラング
サクソン アメリカ副大統領 ベン・ギャザラ
宮田光
グラッソ ニコラス・タトゥーロ
荒川太郎
ユーリ・ポチェンコ 教授、ボビーの学生時代の恩師 セオドア・ビケル
荒川太郎
トインビー 司法長官 スタンリー・アンダーソン
長島雄一
ブラックバーン チャールズ・シオフィ
筈見純
ブライズ ポール・グリーソン
幹本雄之
フランク・ライデル テリー・オクィン
沢木郁也
アメリカ大統領 サム・ウォーターストン
稲葉実
ペイジ 下院議員 ゴア・ヴィダル
石波義人

スタッフ

製作 テリー・コリス
製作総指揮 アンドリュー・G・ヴァイナ,バズ・フェイシャンズ
制作会社 シナージ・ピクチャーズ
音楽 ブルース・ブロートン
配給 ハリウッド・ピクチャーズ,東宝東和


Blu-ray DVD(動画)の紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*