> >

コラテラル・ダメージ 2002年 アメリカ アーノルド・シュワルツェネッガー主演

原題:、2002年アメリカ作品。あらすじ&ネタバレ。アーノルド・シュワルツェネッガー,イライアス・コティーズ,フランチェスカ・ネリ,クリフ・カーティス,ジョン・レグイザモ,ジョン・タトゥーロ,ミゲル・サンドバル,ハリー・J・レニックス,リンゼイ・フロスト,イーサン・ダンプ,マディソン・メイソン,ミリー・スラビン,マイケル・ミルホーン,レイモンド・クルス,ジョサラ・ジナロ,ジョージ・ゼペダ,マイケル・キャバノー,J・ケネス・キャンベル出演。

作品の評価:

コラテラル・ダメージ(Collateral Damage)』は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアメリカ・アクション映画。2002年公開。

コラテラル・ダメージ-2002年

『コラテラル・ダメージ』について

作品データ

タイトル コラテラル・ダメージ
原題 Collateral Damage
公開
製作国 アメリカ
上映時間 108
配給 ワーナー・ブラザーズ
監督 アンドリュー・デイビス
脚本 デイヴィッド・グリフィス,ピーター・グリフィス
製作総指揮 ホーク・コッチ,ニコラス・メイヤー
製作 デイヴィッド・フォスター,スティーヴン・ルーサー
音楽 グレーム・レヴェール
原案 ロナルド・ルース,デヴィッド・グリフィス,ピーター・グリフィス
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー,イライアス・コティーズ,フランチェスカ・ネリ,クリフ・カーティス,ジョン・レグイザモ,ジョン・タトゥーロ,ミゲル・サンドバル,ハリー・J・レニックス,リンゼイ・フロスト,イーサン・ダンプ,マディソン・メイソン,ミリー・スラビン,マイケル・ミルホーン,レイモンド・クルス,ジョサラ・ジナロ,ジョージ・ゼペダ,マイケル・キャバノー,J・ケネス・キャンベル

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2016年4月6日 13:50 ~ 15:55 テレビ東京・午後のロードショー

無料で視聴出来る可能性

2016年4月6日時点で、WEBサイト上で探して無料で視聴出来る可能性は 60% です。

トレーラー(予告動画)

スポンサードリンク

あらすじ

ロサンゼルス消防庁の隊長ゴーディー・ブルーアー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、妻のアンや息子のマットと共に幸せな日々を送っていた。ある日、ダウンタウンの高層ビルで家族と待ち合わせていたところ、突然大爆発が起こる。

ゴーディー自身は一命をとりとめたが、アンとマットを目の前で亡くし、深い悲しみの底へ突き落とされる。爆弾はコロンビアのテ◯リストグループによるもので、爆発直前に、ウルフことクラウディオ・ペッリーニ(クリフ・カーティス)が爆弾を仕掛けるのを目撃していたゴーディーは、CIAにその情報を提供、犯人は我々が見つけ出すというピーター・ブラント捜査官(イライアス・コティーズ)の言葉を信じ、犯人が捕まる日を待っていた。

しかし、いつになっても捜査は平行線、CIAもFBIもウルフのことを追おうとしない。いったい、なぜ。苛立ちをつのらせるゴーディーだったが、やがて妻子の死が、国にとってのコラテラル・ダメージ(大きな目的のために多少の犠牲はやむを得ないという考え方)であることに気づく。コロンビアとの和平を優先したアメリカ政府。

それならば、自らの手で真相を暴き、テロリストを裁いてみせる!怒りに燃えるコーディーは、独自に調べた情報をもとに単身コロンビアへと飛ぶ。コロンビアの密林、市街地、国際テロ集団のキャンプ。二転三転する追跡劇の果てに、彼が辿り着いた恐るべき真相とは!?


スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ゴーディー・ブルーアー ロサンゼルス消防庁の隊長 アーノルド・シュワルツェネッガー
玄田哲章
ピーター・ブラント  イライアス・コティーズ
金尾哲夫
セリーナ・ペッリーニ  フランチェスカ・ネリ
深見梨加
クラウディオ・ペッリーニ
(通称ウルフ)
クリフ・カーティス
咲野俊介
フェリックス・ラミレス  ジョン・レグイザモ
後藤敦
ショーン・アームストロング  ジョン・タトゥーロ
石塚運昇
フィップス捜査官  ミゲル・サンドバル
塩屋浩三
ドレイ  ハリー・J・レニックス
津田英三
アン・ブルーアー  リンゼイ・フロスト
相沢恵子
マット・ブルーアー  イーサン・ダンプ
シュラブ国務次官  マディソン・メイソン
糸博
国務長官  ミリー・スラビン
久保田民絵
ジャック  マイケル・ミルホーン
福田信昭
ジュニア  レイモンド・クルス
ロセッタ  ジョサラ・ジナロ
ロチャ  ジョージ・ゼペダ
デヴェル  マイケル・キャバノー
塚田正昭
エド  J・ケネス・キャンベル
有本欽隆
少女  フロール・エドゥアルダ・グローラ
ロマン  スー・ガルシア
ルッソ  ジェーン・リンチ

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*