> >

『グラスハウス』(2001年) あらすじ&ネタバレ リーリー・ソビエスキー主演

映画「グラスハウス(The Glass House)」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。2001年アメリカ作品。出演はリーリー・ソビエスキー,ダイアン・レイン,ステラン・スカルスガルド,ブルース・ダーン,キャシー・ベイカー,トレヴァー・モーガン,クリス・ノース,ヴィト・ルギニス,ギャヴィン・オコナー,マイケル・ポール・チャン,カーリー・ポープ,マイケル・オキーフ,リタ・ウィルソン 他。

作品の評価:

映画『グラスハウス(The Glass House)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

『グラスハウス』(2001年) あらすじ&ネタバレ リーリー・ソビエスキー主演

『グラスハウス』(ホラー映画 2001年) リーリー・ソビエスキー主演

『グラスハウス』について

両親を事故で失った姉弟。優しい養父母のもと、海辺の豪邸で新たな生活を始めるが、姉はいいしれぬ違和感と恐怖を感じ始め…。身も凍るホラー・サスペンス!

作品データ

タイトル グラスハウス
原題 The Glass House
ジャンル ホラー,サスペンス
公開
製作国 アメリカ
上映時間 106
監督 ダニエル・サックハイム
脚本 ウェズリー・ストリック
出演 リーリー・ソビエスキー,ダイアン・レイン,ステラン・スカルスガルド,ブルース・ダーン,キャシー・ベイカー 他

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2005年6月19日(日) 21:00~22:54
地上波放送
テレビ朝日・日曜洋画劇場
2018年6月27日(水) 13:35~15:40 テレビ東京・午後のロードショー

トレーラー(予告動画)

あらすじ

友達と遊びに出かけていた16歳の女子高生ルビー・ベイカー(リリー・ソビエスキー)、いつも通り帰宅すると、そこに待っていたのは両親が交通事故で亡くなったという突然の知らせだった。

残された彼女と11歳の弟レット(トレバー・モーガン)の前に現れたのは、遺産管財人のベグレイター(ブルース・ダーン)

彼は、ルビー達には両親が残した400万ドルの遺産があること、そして両親の遺言により、かつて隣人だったエリン・グラス(ダイアン・レイン)と、その夫のテリー・グラス(ステラン・スカルスゲールド)が、2人が成人するまでの養父母になることを知らせる。

遺言に従いグラス夫妻に引き取られることになったルビーとレット。2人を待っていたのは、マリブ・ビーチに建つガラス張りの美しい豪邸。テリーはリムジンの送迎会社を経営、エリンは医者という裕福な家だった。

山のようなゲームソフトに囲まれ上機嫌のレット。一方、ルビーはなかなか新しい学校に馴染めなかったが、それでも何とか順応しようと努力していた。何不自由のない新たな生活を送り始める2人。

しかし、ある時からグラス夫妻の態度にルビーは不信感を抱き始め、その疑惑はやがて想像を絶する恐怖へと変わっていく。

注目と見どころ&エピソード

・吹き替えはテレ朝版

スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
ルビー・ベイカー 女子高生(16歳) リーリー・ソビエスキー
小松由佳
レット・ベイカー ルビーの弟(11歳) トレヴァー・モーガン
日下ちひろ
エリン・グラス ベイカー家のかつて隣人 ダイアン・レイン
高島雅羅
テリー・グラス エリンの夫 ステラン・スカルスガルド
菅生隆之
アルビン・ベグレイター 遺産管財人 ブルース・ダーン
山野史人
ナンシー・ライアン キャシー・ベイカー
谷育子
ジャック 叔父さん クリス・ノース
大川透
ドン ヴィト・ルギニス
金尾哲夫
ワイテイ ギャヴィン・オコナー
松本大
キム先生 マイケル・ポール・チャン
廣田行生
ターシャ カーリー・ポープ
川上とも子
デビッド(デイヴ)・A・ベイカー マイケル・オキーフ
田原アルノ
グレイス・エイヴリー=ベイカー リタ・ウィルソン
滝沢久美子

スタッフ

製作 ニール・H・モリッツ
製作総指揮 マイケル・I・ラックミル
音楽 クリストファー・ヤング
配給 コロンビア映画,ソニー・ピクチャーズ


Blu-ray DVD(動画)の紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク