> >

「アンノウン(身元不明)」(2011年) あらすじ&ネタバレ リーアム・ニーソン出演

映画『アンノウン(Unknown)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。リーアム・ニーソン,ダイアン・クルーガー,ジャニュアリー・ジョーンズ,エイダン・クイン,ブルーノ・ガンツ,フランク・ランジェラ,セバスチャン・コッホ出演。2011年公開アメリカ&ドイツ作品。交通事故、昏睡から覚めると、妻は自分を知らないと言う、見知らぬ男が自分を名乗る!何かの陰謀が!?

作品の評価:

映画『アンノウン(Unknown)』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

「アンノウン(身元不明)」(2011年) あらすじ&ネタバレ リーアム・ニーソン出演

「アンノウン(身元不明)」(映画 2011年)

『アンノウン』について

事故で昏睡状態から目覚めると、妻は自分を知らないと言い、見知らぬ男が自分を名乗っていた!一体何が?何かの陰謀なのか!? 衝撃の真相とは!? リーアム・ニーソン主演のサスペンスアクション映画です。

作品データ

タイトル アンノウン
原題 Unknown
公開 2011年
製作国 アメリカ,ドイツ
上映時間 113分
監督 ジャウマ・コレット=セラ
脚本 スティーヴン・コーンウェル,オリヴァー・ブッチャー
出演 リーアム・ニーソン,ダイアン・クルーガー,ジャニュアリー・ジョーンズ,エイダン・クイン,ブルーノ・ガンツ,フランク・ランジェラ,セバスチャン・コッホ 他

地上波放送歴

年月日 放送局・番組
2016年2月22日 テレビ東京・午後のロードショー
2018年2月22日(木) 13:35~15:40 テレビ東京・午後のロードショー

トレーラー(予告動画)

あらすじ

植物学者マーティン・ハリス博士(リーアム・ニーソン)は、学会に出席するために、妻エリザベス(ジャニュアリー・ジョーンズ)とベルリンへ旅立つ。

ホテルに着いたところで忘れ物に気づいたマーティンは、1人タクシーで空港へと引き返すが、その途中交通事故に遭い川に転落してしまう。タクシー運転手のジーナ(ダイアン・クルーガー)に助けられ、病院へ。それから4日後、マーティンは昏睡状態から目を覚ます。

事故に遭った時、所持品は携帯電話と一冊の本だけで、彼は身元の分かるものを何も身につけておらず、病院側は誰にも連絡を取っていなかったという。さらに彼は記憶の一部をなくしていて、自らの置かれている状況が理解できずにいた。

彼は滞在先のホテルに戻り妻に声を掛けるが、彼女は彼のことを知らない人だと言いう。そして見ず知らずの男を指さし、彼こそが夫マーティンだと言い出す。

マーティンと名乗る男は、パスポートはもちろん、妻との新婚旅行の写真まで所持していた。警察はマーティンの訴えに耳を貸そうとしない。

ベルリンで唯一の顔見知りであるジーナの協力を得て、マーティンは自らが何者なのかの記憶を辿り始める。自らの正気さえも疑い始めるマーティンであったが、検査のため戻った病院で何者かに命を狙われたことで、彼は陰謀の存在を確信する。

注目と見どころ&エピソード

・マーティンは、自分の人生を取り戻せるのか?
・命を狙われたマーティン、潜む陰謀とは何か?

・当初、邦題「身元不明」で日本公開予定であったが、東北地方太平洋沖地震が発生したため、「アンノウン」への変更。(自主規制だと思われる)

スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト 日本語吹替
マーティン・ハリス アメリカの植物学者 リーアム・ニーソン
石塚運昇
ジーナ タクシー運転手、ボスニアからの不法移民 ダイアン・クルーガー
岡寛恵
エリザベス・ハリス マーティンの妻 ジャニュアリー・ジョーンズ
佐古真弓
マーティン・ハリス(偽) マーティン・ハリスを名乗る謎の男 エイダン・クイン
辻親八
エルンスト・ユルゲン 旧東ドイツの秘密警察シュタージのメンバー ブルーノ・ガンツ
小島敏彦
ロドニー・コール マーティンの友人 フランク・ランジェラ
楠見尚己
レオ・ブレスラー 教授、ドイツの植物学者 セバスチャン・コッホ

スタッフ

原作 ディディエ・ヴァン・コーヴラール「Out of My Head」
製作 ジョエル・シルバー,レナード・ゴールドバーグ,アンドリュー・ローナ
製作総指揮 スーザン・ダウニー,ピーター・マカリーズ,サラ・メイアー,スティーヴ・リチャーズ
制作会社 ダーク・キャッスル・エンターテインメント,スタジオ・バーベルスベルク
音楽 ジョン・オットマン,アレキサンダー・ルッド
配給 ワーナー・ブラザース


DVD(動画)の紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*