> >

『緊急取調室2』第7話「女の敵は女」田中美奈子&阿知波悟美ゲスト出演

緊急取調室2 第7話「女の敵は女」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。ゲスト出演は上野なつひ,田中美奈子,阿知波悟美,西原亜希,久ヶ沢徹 他。キャストは天海祐希,田中哲司,速水もこみち,鈴木浩介,篠井英介,でんでん,大杉漣,小日向文世,大倉孝二,三上市朗 他。

作品の評価:

「緊急取調室2」の第7話「女の敵は女」の放送データまとめです。
『緊急取調室2』第7話「女の敵は女」ゲスト出演
通販会社の女子更衣室で見つかった女課長の遺体。
キントリは、いがみ合うパート従業員3人の不自然な証言に違和感を覚えて…。隠された哀しき犯行動機とは!?

第7話「女の敵は女」について

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年6月01日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 13.1%

あらすじ

ある朝、通販会社の女子更衣室で、辣腕課長・立花理香(上野なつひ)の遺体が見つかった。まもなく、現場近くの公園で発見された理香のバッグから、現金が盗まれていたことが判明する。

強盗の線も浮上するが、会社の防犯カメラには外部からの侵入者は映っておらず、真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)は内部の人間による犯行を疑う。

有希子らはさっそく、理香の部署に勤めるパート従業員3人
佐々木かずえ(田中美奈子)
磯部聡子(阿知波悟美)
森本愛美(西原亜希)
の事情聴取をすることになる。

3人はさんざん互いの悪口をぶちまけつつも、被害者についてはそろって賞賛。事情聴取を終えた有希子は女性心理の観点から、理香のことをそこまで褒める3人に対し、逆に疑念を覚える。

一方、キントリの管理官・梶山勝利(田中哲司)は、不確定要素の多い理香と部長・野々村真一(久ヶ沢徹)の望ましくない噂に対し、3人がほぼ同じとらえ方をしていたことに着目する。

3人には理香の死亡推定時刻にアリバイがあったが、キントリの面々は口裏を合わせている可能性を視野に入れて捜査を進める。だが、捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)監物大二郎(鈴木浩介)はこの方針に反感を抱く。

というのも、彼らは死亡推定時刻に居酒屋でケンカする3人を目撃し、仲裁に入った張本人だったからだ。

やがて、被害者にまつわる新事実が次々と発覚する。だが、実行犯も殺害方法も犯行動機も、肝心な事実は謎に包まれたままである。そんな中、新たな事件が起こってしまう。

大まかな見どころ

・犯人は誰? パート従業員3人の誰か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

立花理香 被害者、通販会社の辣腕課長 上野なつひ
佐々木かずえ パート従業員、独身 田中美奈子
磯部聡子 パート従業員、未亡人 阿知波悟美
森本愛美 パート従業員、3人の子持ち、夫は失業中 西原亜希
野々村真一 部長、理香と望ましくない噂が・・・、女性にだらしない噂もある 久ヶ沢徹

ネタバレ

犯人は、佐々木かずえ(田中美奈子)であった。
かずえ、磯部聡子(阿知波悟美)森本愛美(西原亜希)の3人は仲が良かった。

課長の立花理香(上野なつひ)は、パート従業員を1人クビする(契約更新させない)ように、上司・野々村真一(久ヶ沢徹)に命じられていたようだ。

パート従業員たちの間では、残業しない、早引き、休みが多い愛美がクビの対象だと噂されていた。本人も自覚していた。

愛美は、3人の子供と失業中の夫を抱えてのパート、パート契約を切られる困るので、かずえと聡子が見守る中、課長の立花理香(上野なつひ)と談判しに行った。しかし、揉めてしまい揉めてしまい、理香は壁に頭をぶつけて倒れてしまい動かなくなった。

理香を◎してしまったと思い、かずえと聡子の元へ戻る。様子を見にかずえが部屋に入った。やはり、死んでいた。かずえは部屋から戻る。悪い女として皆が認識したいた理香の死、3人は口合わせて、強盗が◎したことにしたのである。

一番の罪意識を感じる愛美は、自首すると言う。3人が言い争い、その結果、愛美は職場のロビーへ飛び降り自◎する。命に別状はなかったが、全治2ヶ月の重症となる。

じつは、理香と揉めてし倒れた理香は生きていた。かずえが入ったときに、理香はクビの対象は、かずえだと言った。かずえが経歴を偽造したことに怒っていて、クビにすると強気で言った。かずえはハンカチで理香の口を押さえ、窒息死させたのである。

聡子が取り調べを受ける中、電話でかずえも取り調べ、かずえは真実を語った。

取り調べの録画HDDのファイル名は書かなかった。

スタッフ

演出 本橋圭太(アズバーズ)
脚本 井上由美子
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日),松野千鶴子(アズバーズ),神馬由季(アズバーズ)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
真壁有希子
キャリア不合格組の警部補、特殊犯捜査(SIT)第3係長の主任に就任、犯人と交渉に失敗し、取り調べ専門チームである捜査第一課緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に配属となる。
天海祐希
梶山勝利
捜査第一課緊急事案対応取調班を統括する管理官。ノンキャリ。
田中哲司
渡辺鉄次
30歳、警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
速水もこみち
監物大二郎
41歳、警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。
鈴木浩介
菱本進
56歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
でんでん
中田善次郎
57歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。「ホトケの善さん」とにかく温和で人情味あふれる善人。
大杉漣
小石川春夫
55歳、視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。
小日向文世
磐城和久
警視庁刑事部部長。
大倉孝二
沢渡巌
警視庁・捜査一課長
三上市朗
かやの
23歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。
中村静香
しんじ
28歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。
生島勇輝

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク