> >

松本清張『黒い樹海』(ドラマ 2016年3月)あらすじ&ネタバレ 北川景子,向井理,沢村一樹出演

松本清張ドラマスペシャル『黒い樹海』あらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日・ドラマスペシャル2016年3月13日放送。姉の謎の死を新聞記者となり追う笠原祥子(北川景子)の旅情ミステリー!向井理,小池栄子,鈴木浩介,酒井若菜,江口のりこ,室井滋,古田新太,沢村一樹,麻生祐未 他。

作品の評価:

ドラマ『黒い樹海』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

松本清張『黒い樹海』(ドラマ 2016年3月)あらすじ&ネタバレ 北川景子,向井理,沢村一樹出演

松本清張『黒い樹海』(テレビ朝日ドラマ 2016年3月)北川景子出演

『黒い樹海』について

松本清張の小説「黒い樹海」が原作の傑作旅情ミステリードラマ。姉を事故で亡くし、姉の後釜として新聞記者になった笠原祥子(北川景子)が、事故に隠された姉の嘘と秘密と追う!

作品データ

タイトル 黒い樹海
上映時間 (126分)
出演 北川景子,向井理,小池栄子,鈴木浩介,酒井若菜,江口のりこ,室井滋,山本未來,六平直政,尾美としのり,古田新太,麻生祐未,沢村一樹 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2016年3月13日 21:00~23:06 テレビ朝日・松本清張二夜連続ドラマスペシャル ****%
2018年9月15日(土) 12:00~14:15 テレ朝・再放送

予告動画(トレーラー)

https://www.youtube.com/embed/wFoQs8eViUU

あらすじ

両親を早くに亡くした笠原祥子(北川景子)は、たったひとりの姉・笠原信子(小池栄子)と都内のマンションで2人暮らしをしている。

仕事を探しながら、新聞社に勤務する信子を信頼し、寄り添うように生きてきた。その日も東北旅行に出発する信子と別れ、祥子は何社目かの面接に出かけた。それはいつもと変わらぬ、仲のよい姉妹の光景のはずだった。

 ところがその夜、信子が事故で亡くなったという知らせが入る。しかも、どういうわけか、祥子に告げていた旅先とは異なる場所で、命を落としていた。

 悲しみにくれる祥子の前に現れたのは、信子の同僚記者・吉井亮一(向井理)。何を考えているのか、信子の死の謎について、吉井は祥子と共に調査に乗り出すことになる。

その一方で、祥子は姉の後釜として新聞社の文化部で働きだし、生前、姉が担当していた文化人たちに会いに行く。彼らは皆、華やかな表の顔からは想像もつかないほどクセのある人物で、中でも小児科医・西脇満太郎(沢村一樹)はセレブ界きっての遊び人らしく、何度も祥子に誘いをかけてくる始末だった。

 ところが直後、姉の同僚だった町田知枝(酒井若菜)が自殺!! 知枝は信子の死について「責任をとるべき人がいる」「有名人ならなおさらよ」と謎めいた言葉を祥子に残していた。

祥子は、姉の死に、信子が生前つき合っていた著名人の誰かが関わっていることを直感した。だが、真相を知ろうとすればするほど、渦中の人物が次々と殺害されていく事態が発生してしまう!

祥子は図らずも 黒い樹海のような深い闇に吸い込まれていくのであった!

注目と見どころ

・麻生祐未、室井滋、古田新太、鈴木浩介、山本未來、六平直政 ベテラン俳優陣が、疑惑の人物たちを熱演する
・信子の死に関わり、連続殺人を引き起こした悪魔は誰なのか?
ミステリアスな記者に吉井亮一(向井理)謎多き小児科医・西脇満太郎(沢村一樹)、敵か味方か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
笠原祥子(かさはら さちこ)
謎の死を遂げた姉が勤務していた新聞社で契約社員として働く
北川景子
吉井亮一(よしい りょういち)
祥子の姉・信子が勤務していた新聞社の文化部記者。敵か味方か?
向井理
西脇満太郎(にしわき みつたろう)
小児科医。著作を出版するなど多方面で活躍、女クセ悪い
沢村一樹
笠原信子(かさはら のぶこ)
祥子の姉。新聞社の文化部記者。謎の死を遂げる
小池栄子
妹尾郁夫(せのお いくお)
経済評論家。財閥の令嬢と婚約。
鈴木浩介
町田知枝(まちだ ともえ)
信子の元同僚、新聞社の文化部記者。
酒井若菜
斎藤常子(さいとう つねこ)
信子が亡くなった事故現場近くの食堂に勤務。
江口のりこ
小川カズ(おがわ かず)
祥子姉妹が暮らしていたマンションの管理人。
室井滋
倉野むら子(くらの むらこ)
デザイナー。プライドがとても高い。
山本未來
鶴巻完造(つるまき かんぞう)
信子が生前、担当していた画家。好色な目を向ける。
六平直政
安原國政(やすはら くにまさ)
刑事。信子の死に特に疑問も感じない。
尾美としのり
佐敷泊雲(さしき はくうん)
多くの弟子を抱える華道家元。
古田新太
西脇亜佐美(にしわき あさみ)
西脇の妻。
麻生祐未

ネタバレ

笠原信子は、事故死だった。小児科医の西脇満太郎の愛人で、お忍び旅行中での出来事だった。

事故現場のバス停から、経済評論家の妹尾郁夫信子の元同僚の町田知枝が、偶然にバスに乗ってきた。こちらもお忍び旅行中。彼らから避けるために、信子が後部座席に移動した。

そこへトラックが衝突しきたのだ。

妹尾にバレる、お前の方がやばいぞと煽られ、信子のハンドバックを持って3人は、警察が来る前にその場を去った。そして、ハンドバックを何処かへ埋めた。

しかし、西脇をハンドバックを掘り出し、事故現場の近くの食堂に持っていき、お金10万円で、斎藤常子に警察に届けるようにお願いした。これが、事件を探られるきっかけとなってしまった。

妹尾は、知枝と交際していることがバレることを恐れ、町田知枝、斎藤常子、管理人の小川カズを殺害した。

西脇満太郎は、女クセが悪いと思っていたが、信子を愛していた。妻に離婚届を出して、バスの中で信子にプロポーズしていた。

スタッフ

原作・原案 松本清張「黒い樹海」(講談社文庫刊)
チーフプロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー 中川慎子(テレビ朝日)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)
演出 常廣丈太(テレビ朝日)
脚本 寺田敏雄
音楽 井筒昭雄
制作協力 オフィスクレッシェンド
製作著作 テレビ朝日


書籍紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください