> >

『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官10』(2009年5月)あらすじ&ネタバレ 秋本奈緒美ゲスト出演

ドラマ『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官8 』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2009年5月30日に放送。ゲスト出演は秋本奈緒美,三浦浩一,前田亜季,林泰文,久ヶ沢徹,赤川蓮,岩本千春,八波一起,市野世龍,小見川千明,橋本愛実,大木優紀,森下哲夫,浜田晃,椎名泰三,羽室満,原絵里 他。キャストは沢口靖子,今村惠子,長谷川朝晴,山村紅葉,野村祐人,地井武男 他。

作品の評価:

沢口靖子さん出演ドラマ『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官10 』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官10』(2009年5月)あらすじ&ネタバレ 秋本奈緒美ゲスト出演

西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官10(2009年5月)


テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2009年5月30日に放送されました。2017年9月9日(土)に再放送されます。

「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官」について

土曜ワイド劇場で2000年から放送している刑事ドラマシリーズ。主演は科捜研の女のイメージが抜けない沢口靖子さん。

架空の捜査部署である「警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所刑事課」に所属する鉄道捜査官・花村乃里子(沢口靖子)たち刑事の活動を描いた作品。

・第1作、第2作は「鉄道おんな捜査官 花村乃里子」のタイトルで放送。
・第1作、第3作以外の原作は西村京太郎「十津川警部シリーズ」であるが、捜査員はすべて「鉄道捜査隊」に置き換えられている。
・西村京太郎が原作でない作品(第1作、第3作)はタイトルに「西村京太郎サスペンス」を冠していない。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
花村乃里子
警視庁鉄道捜査隊の鉄道捜査官、階級は警部補。分駐所で主任を務める刑事。
沢口靖子
倉田剛 警視庁捜査一課 → 警視庁鉄道捜査隊。課長、警視。花村の上司であり且つ彼女の良き理解者。(第1作 ~ 第11作) 地井武男
久我達也 鉄道捜査官、巡査長(第4作~第8作) 野村祐人
三崎真弓 鉄道捜査官。花村と行動を共にすることが多い。(第1作 ~ 第10作、第12作) 今村惠子
望月春樹 鉄道捜査官、階級は巡査。 長谷川朝晴
(第5作~)
手塚真理絵 小料理屋「てまり」の女将。(第8作~) 山村紅葉

『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官10』について

作品データ

タイトル 西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官10
シリーズ 10
サブタイトル わたらせ渓谷鉄道 死を呼ぶ片道切符!
不死身の男を殺した無人駅殺人トリック!!
放送時間 (126分)
出演 沢口靖子,地井武男,金子昇,今村惠子,長谷川朝晴,山村紅葉,秋本奈緒美,前田亜季,林泰文,三浦浩一,久ヶ沢徹,岩本千春 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2009年5月30日(土) 21:00~23:06 テレビ朝日・土曜ワイド劇場 16.5%
2017年9月09日(土) 12:00~13:57 テレ朝・再放送

あらすじ

ある日、駅構内で若者同士のケンカ騒ぎが起こり乃里子が止めに入ろうとしたところ、男が飛び出してきてナイフを振り回す若者を鮮やかに取り押さえてしまった。その男・加倉井(赤川蓮)は、かつて倉田課長(地井武男)の後輩の刑事だったとわかる。

その夜、加倉井と倉田は、花村乃里子(沢口靖子)を交えて小料理屋『てまり』で旧交を温めていた。加倉井は、一身上の都合で警察を辞めたあと私立探偵事務所を開いたという。倉田の、奥さんは元気かという問いに、二年前に離婚したと加倉井は淡々と語ったのだった。

翌日、加倉井の射◎体が群馬県桐生市内の鉄道の駅で発見されたという連絡が倉田のもとに入る。身許を確認する親族がいないので、誰か知り合いに身元確認に来てほしいと群馬県警から警視庁に依頼があったらしい。乃里子は倉田とともに現場に向かうことになった。

現地の捜査本部に顔を出した二人は、加倉井はわたらせ渓谷鉄道の無人駅の本宿駅ホームで射◎されたことを知る。桐生駅から乗車した加倉井は、下車する直前、運転手に下り列車の時刻を聞いていたことから、何か用事を済ませたらすぐ引き返すはずだったらしい。

運転手によると、加倉井はアタッシュケースを下げていたというが、遺留品の中にアタッシュケースは見当たらず、さらに携帯電話と手帳がなくなっていることも判明する。

東京に戻った乃里子は同僚の真弓(今村惠子)と加倉井の事務所を訪ねる。二人が中に入ろうとしたとき、若い女が飛び出してきて乃里子にぶつかりそうになるが、そのまま走り去ってしまう。

部屋の中を調べた乃里子は、机の引き出しが二重底になっているのに気付く。だがその中には何も入っていない。乃里子は直前に部屋を飛び出してきた女を思い浮かべる。この女が、二重底の中の何かを持っていったのか?

やがて、加倉井の元妻・由美子(岩本千春)の証言で、加倉井は三年前に暴力団との癒着を疑われて警視庁を退職せざるを得なくなったとわかる。

だが、加倉井は誰かにハメられたと言い募っていたという。さらに、加倉井は浦中(久ケ沢徹)という弁護士の依頼で、大手不動産デベロッパーの社長・大沼(三浦浩一)の身辺調査をしていたことも判明する。

浦中によると大沼は裏でかなりあくどいことをしていたらしい。そこで乃里子は大沼社長と妻で元モデルの礼子(秋本奈緒美)のもとに事情を聞きに行く。

注目と見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
大沼礼子 大沼の妻、ブティック経営者、元モデル 秋本奈緒美
大沼安雄 大沼ビルディング 社長 三浦浩一
新井はるみ 大沼ビルディング 社長秘書 前田亜季
広田功 無職 林泰文
浦中誠一 浦中誠一法律事務所の弁護士、加倉井の知り合い 久ヶ沢徹
加倉井肇 加倉井探偵事務所の所長、倉田剛の元後輩刑事、被害者 赤川蓮
加倉井由美子 加倉井の元妻、「スナックyumi」ママ 岩本千春
伊東 群馬県警桐生中央警察署 警部 八波一起
原田 群馬県警桐生中央警察署 刑事 市野世龍
江崎みどり 鉄道マニア 小見川千明
魚住リカ 元ファッションモデル、3年前絞◎ 橋本愛実
アナウンサー 大木優紀
本多英一郎 警視庁 本部長 森下哲夫
片岡勝利 NPO法人「足尾に緑を育てる会」会長 浜田晃
加倉井探偵事務所の管理人 椎名泰三
織物社長 羽室満
大沼ビルディング 受付 原絵里
「わたらせ渓谷鉄道」運転士 漆山弘志

スタッフ

原作 西村京太郎「小さな駅の大きな事件「十津川警部捜査行 阿蘇・やまなみ殺意の車窓」所収
プロデューサー 関拓也(テレビ朝日),藤田恵里香(ViViA)
脚本 田上雄
監督 村川透
制作 テレビ朝日,ViViA


書籍紹介


十津川警部捜査行 阿蘇・やまなみ殺意の車窓


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク