> > >

『遺留捜査4』第4話のあらすじ&ネタバレ 辻本祐樹,団時朗ゲスト出演 もう1つの遺留品はマハラビ共和国の記念コイン!

ドラマ遺留捜査4 第4話あらすじ,ネタバレ,見逃し,放送データまとめ。遺留品は金のチェーン。もう1つの遺留品はマハラビ共和国の記念コイン!! ゲスト出演は辻本祐樹,団時朗,立石涼子,小久保丈二,安藤玉恵,生島勇輝,岡村いずみ,金重陽平,上西雄大,中川晴樹,山本悠央,徳竹未夏 他。キャストは上川隆也,甲本雅裕,栗山千明,戸田恵子,永井大,和泉崇司,宮﨑香蓮,段田安則 他。

作品の評価:

「遺留捜査4」の第4話「大富豪が殺人!? 強盗の真の目的とは」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

『遺留捜査4』第4話のあらすじ&ネタバレ 辻本祐樹,団時朗ゲスト出演 金のチェーンが真相を語る!

遺留捜査4 第4話

遺留捜査4第4話について

作品データ

エピソード 4
サブタイトル ちぎれたネックレスに謎!?母の嘘を信じた男!!
概要 正当防衛か?計画殺人か? 大富豪が強盗を射殺!? 現場に残る不審な形跡の数々ー。 強盗の真の目的とは…? 遺留品の金のチェーンが全ての謎を解き明かす…!
遺留品 金のチェーン,マハラビ共和国の記念コイン

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年8月3日(木) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 10.8%

あらすじ

京都財界の有力者・竹原総二郎(団時朗)が、自宅に押し入った強盗を猟銃で射◎する事件が起きた。

竹原は強盗がナイフで襲いかかってきた際、はずみで壁にかけてあった猟銃が落ちてきたと証言する。その猟銃を慌てて拾い上げて強盗犯を撃ったと話し、正当防衛を主張する。

だが、玄関にカギがかかっていたこと、強盗犯は靴を脱いで家に上がっていることなど、不審な点が多々浮上する。

まもなく射◎された強盗犯は、窃盗の前科を持つ石橋啓介(辻本祐樹)と判明するが、糸村聡(上川隆也)は石橋が左手に握っていた金色のチェーンが気になって仕方がない。

科捜研係官・村木繁(甲本雅裕)に鑑定してもらったところ、そのチェーンは数百円程度のメッキの安物で、石橋はどうやら死の間際、身に着けていたネックレスを力まかせに引きちぎり、そのチェーンを左手に握りしめたことがわかる。

その後、糸村は石橋が生前、そのチェーンに母からもらった宝物のコインをつけてネックレスに加工し、大切に身に着けていたことを突き止める。

だが、現場にはコインは落ちていなかった。いったい、コインはいつ消えたのか? 1枚のコインの謎から、糸村が秘められた衝撃の真実を暴いていく…!

注目と見どころ

・真実とは何か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
石橋啓介 竹原邸に強盗で入った射◎された男、窃盗の前科を持つ 辻本祐樹
竹原総二郎 京都財界の有力者、強盗を◎殺 団時朗
立石涼子
小久保丈二
安藤玉恵
生島勇輝
岡村いずみ
金重陽平
上西雄大
中川晴樹
山本悠央
徳竹未夏

ネタバレ

消えたコインは、マハラビ共和国の記念コインであった。 石橋啓介(辻本祐樹)の父親は船の船長で海外にいると、母親に言われていた。

竹原総二郎(団時朗)は、家に呼び、石橋啓介を◎害した。

石橋の父親は、35年前に強盗事件を起し、顔が割れて、犯人として捕まった。共犯は捕まっていなかった。捕まった父の石橋は刑務所で無くなった。 石橋の母親のお腹の中にいた子供が、石橋啓介であるが、本当の父親は竹原総二郎(団時朗)だったのである。

母親が死ぬ直前に、息子の石橋啓介を真実を話した。そして、撃たれたときに、自らネックレスを外し、ヘッドの記念コインをタンスの下に投げ、証拠を隠したのだ。タンスの裏から、もう1つの遺留品の記念コインが見つかる。(これは、糸村が遺留品からわかったことを想像で語り、実際に見つけるまでの3分間時間をくださいシーンです)

当時、マハラビ共和国に投資していた竹村であった。そして、石橋の母と恋中にあった。浮気なのだと思う。 マハラビ共和国が消滅し、経営していた会社が倒産危機になる。そこで、思いついたのが強盗であった。その盗んだ金で、会社を立て直したようだ。

捕まった石橋の父親は、妻のお腹の子供(石橋啓介)出産費用を稼ぐために手伝ったようだ。腹の子が竹原の子供だとも知らず・・・。

竹原総二郎は傲慢で、妻に憎まれていた。妻は、35年前の強盗犯が夫の竹原総二郎だと気がついていた。

石橋啓介が、本当の父親に会いたいと、竹原邸へ電話で連絡。それを受けたのは竹原の妻だった。そこで、日頃の恨みを持つ妻は竹原に復讐を考え、嘘をついた。「共犯者の息子が、口止め料を請求して来た。あなたに黙っていたが、額が多くなったためどうしようもならない。家に呼びます。」

「その日は、娘と孫を実家連れて帰る。」「最近は猟銃の手入れもしていませんね。」などと、石橋◎害を企てる言葉を発していた。石橋啓介が実の息子だとしらない竹村は、石橋を家に招き、金庫のある部屋で、撃ち◎した。 その際に、石橋は記念コインを投げて、親子関係になる証拠を隠したのであった。

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
糸村聡(いとむら さとし) 京都府警捜査一課特別捜査対策室 ← 警視庁月島中央署、鋭い鑑識眼と偏執的ともいえるこだわりを持つ、空気を読まないマイペースな性格 上川隆也
村木繁(むらき しげる) 警視庁科学捜査研究所係官、糸村と腐れ縁、奇しくも糸村と同時期に京都府警の科捜研に人材交流で派遣される 甲本雅裕
神崎莉緒(かんざき りお) 京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事、大食い、曲がったことが大嫌いな性格、糸村とバディを組む、そのマイペースぶりにうんざりしながらも、遺留品にこだわる信念を徐々に認めるようにる 栗山千明
佐倉路花(さくら みちか) 特別捜査対策室刑事、処世術や人間観察力に長けている、結婚はあきらめておらず、密かに婚活続行中 戸田恵子
雨宮宏(あまみや ひろし) 特別捜査対策室刑事、刑事として優れた資質を持つ、一歩引いた距離感で糸村を観察するが、いつのまにか巻き込まれること・・・ 永井大
高瀬信彦(たかせ のぶひこ) 特別捜査対策室刑事 ←府警の広報センター、情報解析のスキルが極めて高い 和泉崇司
滝沢綾子(たきざわ あやこ) 京都府警の科捜研研究員、村木の科学捜査の手際に感心し尊敬の念を抱きはじめていたが、糸村に振り回される姿を見て疑念に変わっていく(笑 宮﨑香蓮
桧山亘(ひやま わたる) 特別捜査対策室室長、京都出身、常に冷静沈着で人心掌握術に長けているが、糸村のマイペースぶりに翻弄され、思わず感情を爆発させることもアル 段田安則

スタッフ

脚本 森下直
監督 濱龍也



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*