> > >

『遺留捜査3』第4話「ふたつの茶杯」あらすじ&ネタバレ 黄川田将也,北見敏之ゲスト出演

ドラマ遺留捜査3 第4話「ふたつの茶杯」あらすじ,ネタバレ,見逃し,放送データまとめ。ゲスト出演は黄川田将也,北見敏之,荒井萌,森脇英理子,少路勇介,山中敦史,有福正志,御船健 他。キャストは上川隆也,斉藤由貴,八嶋智人,岡田義徳,正名僕蔵,眞島秀和,波岡一喜,甲本雅裕,西村雅彦,三宅裕司,小木茂光 他。

作品の評価:

「遺留捜査3」の第4話「ふたつの茶杯」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

『遺留捜査3』第4話「ふたつの茶杯」あらすじ&ネタバレ 黄川田将也,北見敏之ゲスト出演

第4話「ふたつの茶杯」

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2013年5月8日(木) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 10.4%
2017年7月4日(火) 15:00 ~ 15:55 テレビ朝日・再放送

あらすじ

ある日の深夜。カリスマ数学教師・安西俊明(北見敏之)が勤務先である名門・青葉女子高等学校の講師室において、鋭利な刃物で切りつけられて絶命。

そばには凶器と思われるカッターナイフが落ちており、財布からは現金が抜き取られていた。しかも不可解なことに、灰皿には紙を燃やしたような灰が残っており、被害者の手にも微量の灰が付着していたのだ。

現場を検証した糸村聡(上川隆也)は、部屋の一角に目を留める。そこには、被害者の持ち物である中国茶用の茶碗が2つ置いてあった。

だが、室内にコーヒーはあったものの、中国茶の茶葉は見当たらない。コーヒー党と思われる被害者が、なぜ中国茶用の茶碗など持っていたのか!?

理由が気になって仕方がない糸村は、フリースクールの教師をしている被害者の息子・安西和也(黄川田将也)に茶碗を見せることにした。

だが、和也は見覚えがないという。なんでも大学受験に失敗して以来、エリート育成のみに価値を見出す俊明に切り捨てられ、絶縁状態だったそうだ。

一方、入校者名簿に目を通した森田宗介(西村雅彦)は、生徒の保護者・大橋良一(山中敦史)教科書の販売業者・久保栄司(少路勇介)が最近、何度も俊明を訪問していた事実を掴む。

時を同じくして、俊明が良一の娘・大橋香菜(荒井萌)と頻繁に携帯電話で連絡を取っていたことも判明する。良一が“あること”で俊明と揉めていたことも明らかになる。しかも、香菜は事件当日から謎の失踪を遂げていた。

月島中央署の面々が香菜を重要参考人として捜索する中、糸村は相変わらず茶碗に固執。東奔西走の末、雨宮玲子(森脇英理子)が経営する店で購入した品であることを突き止める。

しかも、その店を訪れた糸村は、意外な人物と鉢合わせになる。さらに、改めて事件現場を検証した糸村は思わぬ場所から、捜査の方向性を決定づける重要な証拠を見つける。

大まかな見どころ

・犯人は誰?
・良一と俊明が揉めていたあることとは?
・捜査の方向性を決定づける重要な証拠とは?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
安西和也 フリースクール教師 黄川田将也
安西俊明 青葉女子高等学校のカリスマ数学教師、被害者 北見敏之
大橋香菜 青葉女子高等学校生徒 荒井萌
雨宮怜子 千年茶館オーナー 森脇英理子
久保栄司 帝国出版教育出版部契約社員 少路勇介
大橋良一 香菜の父 山中敦史
木下政治 青葉女子高等学校校長 有福正志
吉岡 財務官僚 御船健

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
糸村聡 47歳、月島中央署刑事課所属、空気を読まないマイペースな性格 上川隆也
水沢響子 47歳、月島中央署刑事課課長 斉藤由貴
佐久間裕司 41歳、月島中央署刑事課所属 八嶋智人
二宮 功一 31歳、月島中央署刑事課所属 岡田義徳
仙堂卓巳 39歳、月島中央署刑事課所属、事なかれ主義で、月島中央署署長・東孝彦の腰ぎんちゃく 正名僕蔵
遠山修介 36歳、月島中央署刑事課所属の鑑識係 眞島秀和
横山恵一 32歳、月島中央署刑事課所属。かつて警視庁捜査一課科学捜査係で糸村の部下 波岡一喜
村木繁 47歳、科学捜査研究所係官 甲本雅裕
森田宗介 50歳、警視庁捜査一課の警部補。月島中央署に派遣、糸村の捜査方法に強烈な嫌悪感を示す 西村雅彦
東孝彦 59歳、定年間近の月島中央署署長、平和ボケ、趣味は社交ダンス 三宅裕司
金子丈弥 管理官(警視) 小木茂光

スタッフ

脚本 大石哲也
監督 七高剛



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク