> >

連ドラ・駐在刑事 最終回(第7話) あらすじ&ネタバレ 升毅ゲスト出演 テレビ東京ドラマ

連続ドラマ『駐在刑事』最終回(第7話)「」のあらすじ、ネタバレ、放送データまとめ。ゲスト出演は升毅,にわつとむ,茅島成美,金剛地武志 他。キャストは寺島進,北村有起哉,笛木優子,市毛良枝,鈴之助,杉本彩,佐藤寛太,山口まゆ,眞島秀和,岩淵真一,伊東四朗 他。

作品の評価:

連続ドラマ『駐在刑事』第5話のあらすじ、ネタバレ、放送データまとめです。

連ドラ・駐在刑事 最終回(第7話) あらすじ&ネタバレ 升毅ゲスト出演 テレビ東京ドラマ

連ドラ・駐在刑事 最終回(第7話)

駐在刑事 連ドラ 最終回(第7話)

作品データ

エピソード 連ドラS1#7(最終回)
サブタイトル
概要 駐在の江波は衆議院議員・小宮山を射殺した疑いがかかる奥多摩署長・緒方綾乃を登山道で発見…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2018年12月7日(金) 20:00~20:54 テレビ東京・金曜8時のドラマ ****%

予告動画(トレーラー)

ストーリー(概要)

駐在の江波敦史(寺島進)衆議院議員・小宮山勇人(眞島秀和)を射殺した疑いがかかる奥多摩署長・緒方綾乃(黒木瞳)を登山道で発見する。

綾乃は江波に拳銃を突き付けて無実を訴え、そのまま逃走した。

江波は、管理官・加倉井(北村有起哉)署長補佐・軽部(佐藤寛太)に事情を打ち明け、3人は真犯人を捜し始める。

しかし、綾乃の娘・ひかり(山口まゆ)が誘拐され…。

大まかな見どころ

・駐在さん&逃亡中の奥多摩署長VS巨大な権力を持つ平成最後のフィクサー
・衝撃結末は!?
・黒幕は誰?

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
小田切司
警視庁刑事部長
升毅
橋場秀一
警視庁捜査一課の刑事、小田切の部下
にわつとむ
笹崎治子
水根の住人
茅島成美

警備員(西多摩警備)
金剛地武志

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
江波敦史 奥多摩警察署水根駐在所の警察官、元警視庁捜査一課の刑事 寺島進
加倉井国広 警視庁捜査一課の管理官、江波の天敵 北村有起哉
(S4~)
緒方綾乃 警視庁捜査二課の理事官(S5)→ 奥多摩署の署長(連ドラS6~) 黒木瞳
(S5~)
内田遼子 奥多摩水根図書館の司書(第2作~) 笛木優子
池原美也子 老舗「水根旅館」女将、孝夫の母 市毛良枝
池原孝夫 奥多摩山岳のガイド、水根旅館の跡取り息子 鈴之助
中瀬由紀子 ホステス
4年前の永田キヨ◎害事件の重要参考人、江波が取調べ中にが服毒自殺
杉本彩
軽部翔平 警視庁のキャリアで奥多摩警察署・署長補佐として奥多摩に赴任
抜群のIQを誇り、出世をゲームと言い切る、目標は警察庁長官、一度見たものは忘れない特技を持つ (連ドラS5~)
佐藤寛太
緒方ひかり 緒方綾乃の娘
過去の経験から大人を信じられずにいる、奥多摩・水根に様々なトラブルを持ち込むが、そこには隠された理由があり… (連ドラS5~)
山口まゆ
小宮山勇人 奥多摩地区選出の国会議員
祖父の地盤を受け継ぎ当選し今は国土交通副大臣、奥多摩の住民たちに残土処分場の誘致を呼びかける (連ドラS5~)
眞島秀和
岩淵真一 フリーのジャーナリスト
中瀬由紀子が服毒自殺した事件を追う、奥多摩署長の緒方綾乃とは、どうやら知り合いのようだが… (連ドラS5~)
長谷川朝晴
大曾根喜八郎 自然を愛する水根の住人
川に捨てられたゴミや不法占拠された空家を嘆く、江波や子供たちには基本的に優しいが間違ったことをすれば厳しく叱るガンコな一面も (連ドラS5~)
伊東四朗
(特別出演)


書籍紹介



作品の評価:


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください