> >

『赤かぶ検事奮戦記7』(2017年11月)あらすじ&ネタバレ 中島ひろ子ゲスト出演

赤かぶ検事奮戦記7あらずじ、ネタバレ、見逃しまとめ。出演は中村梅雀,武田梨奈,高橋かおり,河相我聞,久保田磨希,宮崎美子,,梶原善,森永悠希,渋谷天外,山中聡,坂上翔麻,大路恵美,永沼伊久也,中島ひろ子 他。TBS月曜名作劇場で2017年11月13日放送!

作品の評価:

中村梅雀さん出演するドラマ『赤かぶ検事奮戦記7』のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめです。

『赤かぶ検事奮戦記7』(2017年11月)あらすじ&ネタバレ 中島ひろ子ゲスト出演

『赤かぶ検事奮戦記7』(2017年11月)

TBS・月曜名作劇場で2017年11月13日に放送されます。

『赤かぶ検事奮戦記』について

TBS系・月曜名作劇場で2009年から放送しているテレビドラマシリーズ。主演は中村梅雀さん演じる柊茂です。柊茂(中村梅雀)は、検察事務官を長年務めて検事に昇進した苦労人。赤かぶの漬物が大好物でそれが通り名にもなっている。

作品は、『赤かぶ検事奮戦記 京都転勤篇』(第1作 月曜ゴールデンで放送) → 『赤かぶ検事京都篇』(2010年 連続ドラマ全9話) → 『赤かぶ検事奮戦記』(第2作 月曜ゴールデンで放送)以降は再び2時間ドラマで放送されています。(第1作~第5作は月曜ゴールデン、第6作以降は月曜名作劇場で放送)

登場人物(レギュラー出演)

本作(第6作)から大きく配役が変わっています。

登場人物 キャスト
柊茂
赤かぶ検事、京都地検公判担当検察官(検察事務官出身の検事)、赤かぶ漬けが大好物、名古屋出身で名古屋弁を話す
中村梅雀
柊葉子 柊の娘、洛東法律事務所の弁護士 武田梨奈
(第6作~)
行天燎子 京都府警捜査一課の刑事(第6作からは警部となる)、茂の捜査のパートナー 高橋かおり
(第6作~)
白井健一 京都府警捜査一課の刑事(警部補) 河相我聞
桜田梅子 柊検事付き検察事務官 久保田磨希
(第6作~)
柊春子 柊の妻 宮崎美子
(第6作~)

『赤かぶ検事奮戦記7』について

作品データ

タイトル 赤かぶ検事奮戦記7
シリーズ 7
サブタイトル
放送時間 (114分)
出演 中村梅雀,武田梨奈,高橋かおり,河相我聞,久保田磨希,宮崎美子,梶原善,森永悠希,渋谷天外,山中聡,坂上翔麻,大路恵美,永沼伊久也,中島ひろ子

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年11月13日(月) 20:00~21:54 TBS・月曜名作劇場 ****

あらすじ

京都地検の柊茂検事(中村梅雀)は、名古屋から遊びに来た従兄弟の柊安二郎(渋谷天外)と夜の京都をご機嫌で飲み歩く。熟女ホステスを揃えた店では、ホステスの佐藤真理(中島ひろ子)たちと話が弾みおおいに盛り上がった。

その数日後、タクシー運転手の田代好和(梶原善)が、一等3億円の当たりくじを拾ったと言って交番に届け出た。交番から連絡を受けた京都府警の白井健一警部補(河相我聞)は田代から事情を聞くが、田代がくじを盗んだのではないかと疑念を抱く。

数日後、白井から田代が自供したと報告を受け、柊が田代を取り調べることになる。高校生の息子・(森永悠希)と二人で暮らしていることなど田代の身辺を聞き、いざ事件の話を聞くと曖昧な供述が多い。気になった柊は田代を在宅起訴とする。一方、田代の弁護人は柊の娘・葉子(武田梨奈)が務めることになった。

1カ月後、田代の裁判が始まる。冒頭で田代は先の自供を覆し、警察の強引な取り調べで白状させられたのだと犯行を否定した。間髪をいれず、葉子が当選くじの本当の持ち主だという伊沢鉦一(山中聡)を法廷に呼び、当選くじは伊沢が落としたものだと証言させる。伊沢によって田代の盗みは否定され、柊と警察は面目を失う。

柊と白井、行天燎子警部(高橋かおり)が再び捜査を進めると、ホステスのスカウトマンをしているという伊沢には前科があり、胡散臭い男だとわかる。しかし伊沢は界隈では「福男」として評判で、ホステスたちに頼まれて300枚もの宝くじを買っていたことも判明した。

一等の当選くじはそのうちの一枚で、持ち主のホステスは当選後、行方がわからないという。そしてそのホステスの名が真理だと聞いて柊は驚く。真理は柊が従兄弟の安二郎と盛り上がった夜に会っていたホステスだったからだ。

その数日後。京都の山中で真理が死体となって発見された。死後1カ月経っているという。やはり真理は当選くじを盗まれた上に殺されたのか…。調べを進めると真理の素性が明らかに。真理は意外な人物とつながっていた。

注目と見どころ

・当選宝くじは誰のもの?

スポンサードリンク

主な登場人物

登場人物 キャスト
田代好和 タクシー運転手 梶原善
田代満 田代の息子、高校生 森永悠希
柊安二郎 名古屋から遊びに来た柊茂の従兄弟 渋谷天外
伊沢鉦一 ホステスのスカウトマン、前科者、当選くじの本当の持ち主? 山中聡
今村咲恵 大路恵美
秋葉祐太 坂上翔麻
長谷部圭介 永沼伊久也
佐藤真理 京都の熟女ホステス 中島ひろ子

スタッフ

原作 和久峻三「狸を燻し出せ」(「殺人許可します」所収)
プロデューサー 足立弘平,瀬戸麻理子
脚本 岡崎由紀子
監督 石原興
編成 中井芳彦
製作 松竹株式会社,TBS


書籍紹介


和久峻三『殺人許可します
(光文社文庫)


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク