> >

『警視庁特命刑事☆二人2』(2017年1月)あらすじ&ネタバレ 国生さゆり,眞島秀和ゲスト出演

ドラマ『警視庁特命刑事☆二人2佐々木譲サスペンス』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ東京・水曜シアター9 で2017年1月25日(水)に放送。2018年2月5日(月)にテレビ東京・午後ロードドラマアンコールで再放送。ゲスト出演は国生さゆり,高橋かおり,眞島秀和,伊東孝明,ビートきよし,大西武志,上杉祥三,永池南津子,寿大聡,柄本明 他。キャストは松重豊,山本未來,益岡徹,皆川猿時,宅麻伸,別紙慶一,釆沢真実,金井美樹 他。

作品の評価:

松重豊さん出演ドラマ『警視庁特命刑事☆二人2佐々木譲サスペンス』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『警視庁特命刑事☆二人2』(2017年1月)あらすじ&ネタバレ 国生さゆり,眞島秀和ゲスト出演

『警視庁特命刑事☆二人2』(水曜ミステリー9 2017年1月)

テレビ東京・水曜シアター9 で2017年1月25日(水)に放送。2018年2月5日(月)にテレビ東京・午後ロードドラマアンコールで再放送。

「警視庁特命刑事☆二人」について

2015年からテレビ東京・BSジャパン共同制作の2時間ドラマで放送されている松重豊さん主演の刑事ドラマシリーズ。

原作は佐々木譲氏の小説「特命捜査対策室シリーズ」。過去の事件で捜査一課を追われた刑事とその相棒となる女刑事が未解決事件を解決する様子をハードボイルドタッチに描いた作品です。現時点では、本作の2作でシリーズは止まっています。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
水戸部裕 警視庁特命対策室(警部補) 松重豊
朝香千津子 警視庁特命対策室(巡査部長)、「鉄の女」の異名を持つ 山本未來
森末哲平 警視庁刑事部長 益岡徹
中島翔太 警視庁科学捜査研究所の主任 皆川猿時
山岸亘 警視庁捜査一課の課長 宅麻伸
須藤 警視庁捜査一課 刑事(警部補)、水戸部の元同僚で殉職。本作は回想で出演 別紙慶一
朝香恵子 千津子の母(第1作のみ出演) 沢田亜矢子
朝香奈々 千津子の娘 釆沢真実
朝香美和子 千津子の妹、性犯罪の被害に合い自◎、元弓道部員 金井美樹

水戸部裕(松重豊)朝香千津子(山本未來)は、過去の未解決事件=コールドケースを担当する、たった二人の警視庁特命課である。

『警視庁特命刑事☆二人2』について

荒木町で発生した20年前の◎人事件はまだ終わっていなかった!! 佐々木譲の小説『地層捜査』のドラマ化

作品データ

タイトル 警視庁特命刑事☆二人2
佐々木譲サスペンス
シリーズ 2
サブタイトル 新宿荒木町コールドケース
放送時間 (108分)
出演 松重豊,山本未來,益岡徹,皆川猿時,宅麻伸,別紙慶一,沢田亜矢子,釆沢真実,金井美樹,,国生さゆり,高橋かおり,眞島秀和,伊東孝明,ビートきよし,大西武志,上杉祥三,永池南津子,寿大聡,柄本明 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年1月25日(水) 21:00 ~ 22:48 テレビ東京・水曜シアター9 ***%
2018年2月5日(月) 13:35 ~ 15:40 テレビ東京・午後ロードドラマアンコール

あらすじ

ある日、警視庁特命課・水戸部裕(松重豊)朝香千津子(山本未來)は、捜査一課長の山岸亘(宅麻伸)に呼び出される。

そこで、20年前に新宿・荒木町で発生した杉原光子(国生さゆり)◎害事件の再捜査を命じられる。

荒木町の最後の芸者・小鈴としても知られていた光子は、彼女が所有するアパートで刺◎され、土地トラブルの線で捜査が進んでいたが未解決のままであった。

刑事部長・森末哲平(益岡徹)曰く、アパートを買い上げようとしていたのは、都議会議員・渡辺邦夫(久保酎吉)がオーナーの渡辺不動産であった。

光子の死後、遺産を相続した甥から買い上げ、当時その事実を週刊誌は面白おかしく書き立てた。現在病床にある邦夫は、受勲を最後の望みとしており、この汚点を払拭するため息子の邦彦(伊東孝明)から再捜査の依頼があったという。

政治家個人の名誉のため“形だけの捜査”を命じる森末に、水戸部は納得いかないが、山岸に諭され捜査を始める。

当時、捜査本部にいた警察相談員・加納良一(柄本明)によれば、渡辺不動産の社員・沖田勝(大西武志)が容疑者としてあがったもののアリバイがあり、結局未解決事件入りになったそうだ。

また光子のことを一番覚えているのは、光子の店で働いていた柳瀬信也(眞島秀和)だと聞いた二人は、柳瀬が経営する荒木町のバーを訪ねる。

店はバブル崩壊後に経営が傾き、追い打ちをかけるかのように鈴佳”と名乗っていたホステス・笠井佳子(永池南津子)が失踪した。

建設会社の社長・国枝征二郎(上杉祥三)に気に入られるなど人気ホステスだったが、国枝はもともと光子の贔屓(ひいき)で、アパートも国枝が買ったものだったという。その国枝も光子が◎される直前に病死した。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?
・徐々に明らかとなる人間関係

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
柳瀬信也 バー「ピガール」経営者・21年前は「サパークラブ小鈴」従業員 眞島秀和
国丘征二郎 国丘建設 オーナー・「サパークラブ小鈴」常連客 上杉祥三
大西孝二 元「国丘建設 運転手 → 社長室長」・余命半年 ビートきよし
渡波邦彦 渡波の息子・渡波不動産 社長 伊東孝明
笠井佳子 荒木町の芸者「鈴佳」 → 「サパークラブ小鈴」ホステス・20年前失踪 永池南津子
渡波邦夫 渡波不動産 オーナー・東京都議会議員 久保酎吉
沖田勝 渡波不動産 営業開発部 元社員 大西武志
国丘征之 国丘の息子・国丘建設 社長 寿大聡
20年前の横浜の飲み屋店主 谷川昭一朗
杉原光子 荒木町の芸者「小鈴」 → 「サパークラブ小鈴」ママ・元アパート「シャルム荒木町」経営者・20年前刺殺 国生さゆり
笠井理香 佳子の妹・雑貨店「Kasai」店主 高橋かおり
渡波不動産 社員 有山尚宏
警察官 西本竜樹
現場監督 山地健仁
加納良一 警察相談員・四谷東警察署 元巡査部長・20年前 光子の刺殺事件を担当 柄本明

あらすじ(続き)

徐々に明らかとなる人間関係を洗い直すため、水戸部と千津子はまず沖田のもとへ向かう。沖田に事件について聞くと「関係ない」とその場を去るが、明らかに慌てている様子だ。

次に訪ねたのは、佳子の失踪届けを出していた妹の理香(高橋かおり)。荒木町で雑貨店を営む理香に会いに行くと、光子は「男と逃げた」と嘆いていたが恋人の話は聞いたことがないという。

また佳子から聞いた“大切なお客様”として、国枝ともうひとり、意外な人物の名を口にする。

さらに国枝の元運転手で相談役だった大西孝二(ビートきよし)の存在を知った二人は、入院中の大西のもとへ向かう。しかし佳子のことを知ってはいるようだが、「話したくない」と二人を突っぱねる。

そんな中、荒木町の工事現場から白骨遺体が発見される。DNA鑑定で身元が判明し、報告を受けた水戸部はがく然とする。さらに光子の事件と酷似する新たな◎人事件が発生してしまった!

スタッフ

原作 佐々木譲「地層捜査(文藝春秋 刊)
プロデューサー 山津俊一,諏佐正明
脚本 安井国穂
監督 渡邊孝好
製作 テレビ東京,BSジャパン,泉放送制作


書籍紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*