> >

臨場 第一章 第2話「赤い名刺」あらすじ&ネタバレ 小嶺麗奈,松本留美ゲスト出演

『臨場 第一章』第2話「赤い名刺」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は小嶺麗奈,松本留美,小林高鹿,石川雄亮,吉川清之,細井瑠花 他。出演は内野聖陽,松下由樹,渡辺大,隆大介,辻谷嘉真,高嶋政伸,伊武雅刀,伊藤裕子,京野ことみ,金子さやか,橋爪淳,小林勝也,松金よね子 ほか。

作品の評価:

「臨場 第一章」の第2話「赤い名刺」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

臨場 第一章 第2話「赤い名刺」あらすじ&ネタバレ 小嶺麗奈,松本留美ゲスト出演

臨場 第一章 第2話「赤い名刺」小嶺麗奈,松本留美ゲスト出演

臨場 第一章 第2話について

作品データ

エピソード 2
サブタイトル 赤い名刺
概要 検視官心得の一ノ瀬と以前付き合っていたホステスのゆかりが、アパートの自室から遺体で発見された。彼女の突然の死に、呆然となる一ノ瀬だった。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2009年4月22日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 14.5%
2017年12月08日(木) 14:04~15:00 テレ朝・再放送

あらすじ

とある事件現場。検視官心得の一ノ瀬和之(渡辺大)は、検視官の倉石義男(内野聖陽)らが見守る中、小坂留美(松下由樹)を記録係に検視を行っていた。

被害者の女性と言い争っていた元恋人の男性を確保したと息巻く所轄刑事。しかし、一ノ瀬は自◎だと断定する。首に抵抗した痕、吉川線もなく、絞め方も弱い。それらを総合的に判断しての一ノ瀬の結論に、倉石も異論はない。

◎人だと思い込んでいた所轄をあざ笑うかのように、倉石も自◎と断定する。

大まかな見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
相沢ゆかり ホステス、一ノ瀬和之の半年前に別れた元恋人 小嶺麗奈
幼少期:細井瑠花
相沢尚子 ゆかりの母 松本留美
谷田部克典 剣崎中央警察署の警察医 小林高鹿
沖沼 若い男 石川雄亮
バーのピアニスト 吉川清之

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
倉石義男 警視庁刑事部鑑識課の検視官、同課の倉石班班長、階級は警視 内野聖陽
小坂留美 刑事部鑑識課の検視補助官、階級は巡査部長 松下由樹
一ノ瀬和之 刑事部鑑識課の検視官心得、階級は警部補 渡辺大
坂東治久 刑事部捜査一課の任刑事、階級は警部補、立原の部下 隆大介
江川康平 刑事部捜査一課の刑事、立原の部下、キレた坂東の抑え役 辻谷嘉真
立原真澄 刑事部捜査一課の管理官、階級は警視、同期の倉石とは捜査方針を巡ってしょっちゅう対立 高嶋政伸
小松崎周一 警視庁刑事部長、階級は警視監 伊武雅刀
早坂真里子 倉石義男の義妹(雪絵の妹)、バー「かくれんぼ」のママ 伊藤裕子
倉石雪絵 倉石義男の亡妻、17年前に心の闇を抱えていた通り魔に射殺された 京野ことみ
花園愛 新日新聞社会部の契約社員、警視庁詰め記者 金子さやか
赤塚渉 新日新聞社会部デスクで、警視庁詰めキャップ 橋爪淳
西田守 城南医科大学の法医学教室 教授、バー「かくれんぼ」がお気に入り 小林勝也
矢野間文 クリーニング店「勉強堂」の店主、警視庁も顧客 松金よね子

スタッフ

脚本 坂田義和
監督 橋本一



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク