> > >

『緊急取調室3』初回~最終回まとめ&第1話あらすじ&ネタバレ 浅野温子ゲスト出演

緊急取調室3 第1話(初回)~最終回のあらすじ、ネタバレ、放送まとめ、視聴率。第1話「私が撃ちました」のゲスト出演は浅野温子,市川由衣,淵上泰史,吉川愛,篠井英介 他 。キャストは天海祐希,田中哲司,速水もこみち,鈴木浩介,でんでん,塚地武雅,小日向文世,大倉孝二,三上市朗 他。

作品の評価:

「緊急取調室3」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

『緊急取調室3』初回~最終回まとめ&第1話あらすじ&ネタバレ 浅野温子ゲスト出演

『緊急取調室3』について

新時代が到来する2019年春… 待望&鉄壁の第3シーズンが“マル裸”に! 天海祐希、『緊急取調室』で2年ぶりの連ドラ主演!!

先の読めない新時代、より狡猾な被疑者と真っ向対決!! 熟練俳優陣と《最強再タッグ》を組み 人間力あふれる“密室の銃撃戦”を展開!

作品データ

タイトル 緊急取調室3
放送 テレビ朝日:2019年4月11日(木)からスタート 毎週木曜 21:00~21:54 54分/話
初回:拡大SP 21:00~22:09 69分/話(15分拡大)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
真壁有希子 警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。
女性初の捜査一課特殊班(SIT)の長として活躍するも、ある事件で犯人との交渉に失敗、キントリに配属された。
天海祐希
梶山勝利 キントリの管理官。 田中哲司
菱本進
キントリの刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
でんでん
小石川春夫 キントリの刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。 小日向文世
玉垣松夫 キントリの刑事。中田善次郎が退職したことを受け、警視庁・捜査支援分析センターから異動。画像から人の心理状態なども瞬時に読み取ることができる“画像解析のエキスパート”で 塚地武雅
中田善次郎 退職(本作には出演なし)、キントリの元・刑事。とにかく温和で人情味あふれる善人、ホトケの善さん。 大杉漣
渡辺鉄次 警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。
係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
速水もこみち
監物大二郎 警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。 鈴木浩介
磐城和久 警視庁刑事部部長。
キントリの活躍を内心では面白く思っていないが、梶山勝利をうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている嫌な奴。
大倉孝二
かやの キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。 中村静香
しんじ キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。 生島勇輝

エピソード一覧

放送日 サブタイトル 視聴率
01 2019年
4月11日
私が撃ちました
最強のチーム完全復活!!疑惑の銃弾!!2分56秒の謎 私が撃ちました…!!
15.2%
02 4月18日 私が勝ちました
生放送で殺人!? 前代未聞!!女流棋士を同時取調べ!!
13.4%
03 4月25日 キントリ崩壊の序章 vs地味な女 ****%
04 5月2日 第4話 ****%

スポンサードリンク

第1話について

参事官・菊池(浅野温子)が立てこもり犯を射殺。正当防衛か!?真壁ら“キントリ”チームは菊池の取り調べを開始!

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2019年4月11日(木) 21:00~22:09 テレビ朝日 15.2%
2019年4月18日(木) 14:56~15:53 テレ朝・再放送

予告動画(トレーラー)

https://www.youtube.com/embed/G-odrPoA4Jg

あらすじ

全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁では、各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう、極端な指導が行われていた。

ところが幹部たちが見学する中、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は反省の色がまったく見られない被疑者を、激しい剣幕で一喝。警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられてしまう。

その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史)が逃走した。

主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質にして民家に立てこもった野本は、なぜか交渉役に玲子を指名する。しかも、この事件は期せずして、警視庁を揺るがす事態へと発展! なんと、たったひとりで家内に突入した玲子が、野本に対して発砲し、死なせてしまったのだ。

人質救出のためにはやむなし…との見方が世間に広がる中、キントリは事件の経緯を記録するため、玲子の取り調べを開始する。キントリの面々が目を光らせる中、終始落ち着いた様子で応じる玲子。殺害時の状況に関する証言もさおりのものと一致しており、職務執行法に抵触する点は見受けられない。

だが、彼女が交渉役に指名された理由はもちろん、突入から発砲までの時間の短さが、どうも引っかかる有希子たち。しかも、玲子はどういうわけか威嚇射撃は行わず、2発も発砲して…!?

大まかな見どころ

・菊池玲子(浅野温子)は、なぜ犯人を射殺したのか?



登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
菊池玲子 警視庁初の女性刑事部参事官 浅野温子
藤沢さおり 主婦、人質にされる 市川由衣
野本雄太 護送中の受刑者(懲役12年)、逃走 淵上泰史
吉川愛
篠井英介

スタッフ

演出 常廣丈太(テレビ朝日)
脚本 井上由美子
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)

作品の評価:

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください