> > >

『新・科捜研の女3』第7話「人質になったマリコ 京都〜淡路島、高速バス爆破予告!」あらすじ&ネタバレ 宮本真希,中村綾ゲスト出演

「新・科捜研の女3(科捜研の女7)」第7話「人質になったマリコ 京都〜淡路島、高速バス爆破予告!」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。ゲスト出演は宮本真希,中島瞳,中村久美,中村綾,太田唯,春木みさよ,猫背椿,湯江健幸 他。キャストは沢口靖子,内藤剛志,加藤貴子,斉藤暁,深浦加奈子,泉政行,森本亮治,小野武彦,田中健 他。

作品の評価:

マリコ 人質になる!

新・科捜研の女3(科捜研の女7)」第7話「人質になったマリコ 京都〜淡路島、高速バス爆破予告!」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

第7話について

サブタイトル 人質になったマリコ 京都〜淡路島、高速バス爆破予告!
エピソード 7
概要 シンポジウムのパネリストを依頼されたマリコ。当日、迎えのバスに乗り込み、会場に向かうが…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2006年8月17日(木) テレビ朝日 12.7%
2017年12月13日(水) 15:55~16:50 テレ朝・再放送

あらすじ

イベント会社「アプロシェ」社長の名越昌代(中村久美)から、シンポジウムのパネリストを依頼された科捜研の榊マリコ(沢口靖子)は、迎えのバスに乗り込んで会場に向かう。

バスには昌代やマリコのほか、病院経営者の奥寺由起子(中村綾)音楽教室を経営している橋口礼美(春木みさよ)健康美容アドバイザーの中原唯(猫背椿)の3人のパネリストが乗っていた。

バス高速道路を走行中、由起子の携帯電話にバスに爆弾を仕掛けたという脅迫電話が入る。犯人はバスが停車したら爆発する仕掛けになっていると脅し、由起子たちに身代金を要求する。

マリココは父である科捜研所長の榊伊知郎(小野武彦)に事件発生を報告し、爆発物を発見しようと車内を調べる。

見どころ

・マリコはどうなる?
・犯人の目的は?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
小田芽衣子
イベント会社「アプロシェ」社長秘書
宮本真希
少女期:中島瞳
名越昌代
「アプロシェ」社長
中村久美
奥寺由起子
奥寺クリニック 院長
中村綾
少女期:太田唯
橋口礼美
音楽教室校長
春木みさよ
中原唯
健康美容アドバイザー
猫背椿
須永勝
前科者
湯江健幸

スタッフ

脚本 岩下悠子
演出 辻野正人



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*