> > >

科捜研の女15 第5話「致死率100%の密室」馬渕英俚可,宮川一朗太,中丸新将ゲスト出演

科捜研バイオハザードに挑む!沢口靖子主演の科捜研15第5話「致死率100%の密室」ゲスト出演は、馬渕英俚可,宮川一朗太,中丸新将,樋口隆則,白井哲也。榊マリコ(沢口靖子)と佐見裕也(風間トオル)が新施設のレベル4実験室に閉じ込められた!中にはアルタイラ出血熱感染?の男の遺体が!土門薫刑事(内藤剛志)。

作品の評価:

「科捜研の女」15の第5話「致死率100%の密室」。科捜研バイオハザードに挑む!

科捜研の研究員・榊マリコ(沢口靖子)と宇佐見裕也(風間トオル)が、稼働前の京都疾病予防管理センターのバイオセイフティーレベル4実験室に閉じ込められた!アルタイラ出血熱感染!?の男の遺体と共に!

科捜研の女15-第05話-致死率100%の密室

榊マリコ(沢口靖子)主演の京都府警・科学捜査研究所が事件を解明する刑事ドラマです。

第5話「致死率100%の密室」

放送

年月日 放送局・番組
2015年11月19日(木) 20:00 ~ 20:54 テレビ朝日

ストーリー(概要)

科捜研の研究員・榊マリコ(沢口靖子)と宇佐見裕也(風間トオル)は、来年度オープン予定の京都疾病予防管理センターの志賀清二所長(中丸新将)に招かれ、施設の見学に訪れた。

この京都疾病予防管理センターの地下階には、バイオセイフティーレベル4に分類される危険度の高いウイルスに対応可能な最新鋭の隔離実験室が備わっており、その中には病原体に汚染された遺体の検視ができる解剖室があった。

先に解剖室に入った研究員・尾原美涼(馬渕英俚可)と宇佐見が、中に男性の遺体があるのを発見。あわててマリコが入室しようとした瞬間、志賀所長は解剖室に続く気密扉をシャットダウンした。宇佐見と尾原は、解剖室内に閉じ込められてしまった。

志賀によると、遺体の顔面にあらわれていた出血や浮腫は、致死率100%といわれる驚異の感染症アルタイラ出血熱の典型的な症状だという。アルタイラウイルスの感染経路は体液感染で、宇佐見と美涼はすでに遺体に素手で触れてしまったため、感染している可能性が高い。

ウイルスが空気感染型に変異している可能性も否定できず、感染拡大を防ぐため、マリコや志賀、副所長の徳村尚文(樋口隆則)、広報局長の周藤勝則(宮川一朗太)、警備担当の栗橋彰(白井哲也)も隔離実験室から出ることはできなくなった。

志賀らは、遺体の男性には覚えがないという。稼働前の京都疾病予防管理センターになぜ見知らぬ男の遺体が・・・。

スポンサードリンク

予告動画

大まかな見どころ

・宇佐見裕也(風間トオル)はアルタイラ出血熱に感染しているのか?
・遺体はだれなのか?
・榊マリコ(沢口靖子)と宇佐は無事外へ出られるのか?

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
志賀清二
京都疾病予防管理センターの所長
中丸新将
尾原美涼
研究員、遺体を発見
馬渕英俚可
徳村尚文
副所長
樋口隆則
周藤勝則
広報局長
宮川一朗太
栗橋彰
警備担当
白井哲也

ネタバレ(あらすじの続き)

マリコは、解剖室・実験室と科捜研とを映像回線でつなぎ、解剖室内に閉じ込められた宇佐見へモニター越しに指示を送り、前代未聞のカメラ越しの検視を開始する。遺体の首筋に索条痕が見つかり、他殺の可能性が浮上した。
 
レベル4のエリアに出入りできる人間は、志賀、徳村、周藤、栗橋、尾原の5人だけ。
犯人は、隔離実験室内に閉じ込められた5人の中にいるのか?犯人は誰なのか?

レギュラー出演者


登場人物 キャスト
榊マリコ(さかき まりこ)
京都府警科学捜査研究所、通称「科捜研」の法医学研究員
沢口靖子
宇佐見裕也(うさみ ゆうや)
科捜研の化学担当、中途採用。
風間トオル
土門薫(どもん かおる)
京都府警捜査一課の刑事(警部補)
内藤剛志
風丘早月(かざおか さつき)
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授、お菓子の差入れ多し
若村麻由美
蒲原勇樹(かんばら ゆうき)
捜査一課刑事(巡査部長)、佐妃子の元部下で彼女を信奉している、土門刑事とはウマが合わない
石井一彰

スタッフ

脚本 戸田山雅司
監督 兼崎涼介
ゼネラルプロデューサー 井土隆(テレビ朝日)

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク