> > >

科捜研の女15 第9話「ニセ妊婦殺人事件」あらすじ&ネタバレ 須藤理彩,山村紅葉ゲスト出演

「科捜研の女」15の第9話「ニセ妊婦殺人事件」のあらすじ、作品データをまとめ。ゲスト出演は須藤理彩,山村紅葉,入来茉里,赤澤ムック,ひろみどり,濱口秀二,鈴木信二,中谷由香,周防ゆう 他。被害者はニセ妊婦で怪しい団体マザーテラスの信者!?山村紅葉が犯人?? キャストは榊マリコ(沢口靖子),土門薫刑事(内藤剛志),風丘早月(若村麻由美),佐見裕也(風間トオル)。

作品の評価:

「科捜研の女」15の第9話「ニセ妊婦殺人事件」のあらすじ、作品データをまとめ。

科捜研の女15 第9話「ニセ妊婦殺人事件」あらすじ&ネタバレ 須藤理彩,山村紅葉ゲスト出演

科捜研の女15 第9話「ニセ妊婦殺人事件」

第9話「ニセ妊婦殺人事件」について

エピソード 9
サブタイトル ニセ妊婦殺人事件
妊娠を偽装した女!? 足跡痕が暴く1000万円強盗殺人!!
キャッチ ニセ妊婦で殺害された!怪しい団体マザーテラスの信者だった!
ゲスト出演 須藤理彩,山村紅葉 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2016年1月21日(木) 20:00~20:54 テレビ朝日 9.2%
2017年10月9日(月) 14:04~14:58 テレ朝・再放送

予告動画

https://www.youtube.com/embed/seu0T9o1f6I

あらすじ

子ども服のインターネット販売を手がける橘静香(須藤理彩)が、自身の仕事場で刺殺された。

静香は臨月を迎えた妊婦だったが、腹部をさわった榊マリコ(沢口靖子)が違和感を覚えて調べたところ、なんと妊婦ジャケットを着用していただけと判明した。静香は夫や姑にも妊娠したふりを続け、出産準備の品まで買い揃えていたことがわかる。

現場には複数の足跡 、糸をよって作られた短めの白い紐、 血のついたタオルなどが残されており、マリコたちが鑑定したところ、事件当夜、現場には被害者のほかに2人の女がいたという事実が浮かび上がる。血痕を分析した結果、そのうちひとりは本物の妊婦であり、現場には聴診器も残されていたことから、もうひとりは助産師ではないかと思われた。

さらに、生前、静香が口座から1000万円を引き出していたことも発覚する。マリコは、1000万円と妊娠偽装との間に因果関係があると考える。

現場にあった白い紐が、マザーズテラスという団体オリジナルのお守りであることを突き止めた。マザーズテラスは、さまざまな問題を抱える女性たちを受け入れ、共同生活を送らせる駆け込み寺のような施設で、代表の秋山可奈子(山村紅葉)は助産師の資格を所持していた。

マザーズテラスを訪れたマリコを、可奈子は入会希望者と勘違いし、やさしく抱きしめる。だが、警察だとわかると打って変わったように仏頂面になり、協力を拒む!

見どころ

・土曜ワイド劇場では善人の山村紅葉が悪役!?

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
橘静香
「手作り服の店 橘」店主、子ども服のインターネット販売、妊婦の振りをした女性
須藤理彩
秋山可奈子
悩める女性の集う家「マザーズテラス」代表、助産師
山村紅葉
坂下海
「マザーズテラス」入所者
入来茉里
ゆり子
「マザーズテラス」入所者、本名「増田裕子」
赤澤ムック
橘京子
静香の義母、慎太郎の母
ひろみどり
橘慎太郎
静香の夫
濱口秀二
坂下大輔
海の夫、食事処「さかした」主人
鈴木信二
ユキ
「マザーズテラス」入所者
中谷由香
サクラ
「マザーズテラス」入所者
周防ゆう
柏木産婦人科の医師 奥井隆一

レギュラー出演者style=’font-weight:bold; background-color:#E0E0FF; padding:5px; border-radius:5px;’

登場人物 キャスト 榊マリコ(さかき まりこ)
京都府警科学捜査研究所、通称「科捜研」の法医学研究員 沢口靖子 土門薫(どもん かおる)
京都府警捜査一課の刑事(警部補) 内藤剛志 宇佐見裕也(うさみ ゆうや)
科捜研の化学担当、中途採用。 風間トオル 風丘早月(かざおか さつき)
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授、お菓子の差入れ多し 若村麻由美 蒲原勇樹(かんばら ゆうき)
捜査一課刑事(巡査部長)、落合佐妃子の元部下で彼女を信奉している、土門刑事とはウマが合わない 石井一彰

スタッフ

脚本 瀧川晃代
演出 森本浩史
ゼネラルプロデューサー 井土隆(テレビ朝日)



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク