> >

科捜研の女14(2014年) 第9話(最終回)「白昼の殺人雨」篠田光亮&辻葉子ゲスト出演

科捜研の女14第9話(最終回)「白昼の殺人雨/白昼の殺人雨!模倣犯による最悪の集団死 マリコ路上に死す!?」のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめ。ゲスト出演者は野村宏伸,松田洋治,篠田光亮,辻葉子,小林茉利江,髙野由味子,高橋知代,内藤和也 他。キャストは沢口靖子,内藤剛志,若村麻由美,風間トオル,斉藤暁,山本ひかる,長田成哉,崎本大海,金田明夫,西田健 他

作品の評価:

白昼の◎人雨!模倣犯による最悪の集団死 マリコ路上に死す!?

科捜研の女 SEASON14(科捜研の女14)」第9話(最終回)「白昼の殺人雨」のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

科捜研の女14(2014年) 第9話(最終回)「白昼の殺人雨」野村宏伸ゲスト出演

科捜研の女14 第8話のまとめ

作品データ

エピソード S14#9(最終回)
サブタイトル 白昼の殺人雨/
白昼の殺人雨!模倣犯による最悪の集団死 マリコ路上に死す!?
キャッチ 模倣犯による最悪の集団死 マリコ路上に死す!?
概要 猛毒を使った連続◎人事件は犯人逮捕により終結したが、同様の手口で◎害事件が発生する。

放送歴

初回放送 2014年12月11日(木)21:00~21:54 テレビ朝日 視聴率:12.2%
再放送 2017年2月9日(水)15:01~15:55 テレビ朝日
再放送 2017年10月30日(水)15:00~15:55 テレビ朝日
再放送 2018年3月19日(水)15:01~15:55 テレビ朝日

あらすじ

猛毒のシアン化ナトリウムを霧吹きで噴きつける連続◎人事件は、犯人逮捕により終結した。

ところが、榊マリコ(沢口靖子)らがホッとしたのも束の間、またもや同様の手口で主婦が◎される事件が発生する!先の連続◎人と違うのは、同じシアン化合物ながら、シアン化ナトリウムではなく、シアン化カリウムが使用されていることだった。マリコと土門刑事(内藤剛志)は、早くも模倣犯が出現したのかと、がく然とする。

その矢先、オフィス街で次々と通行人が苦悶し、そのうち2人が死亡する事件が起きる。何者かがビルの屋上からジョウロでシアン化カリウムの雨を降らせたのだ。

続いて、今度は京都市内のホテルの一室でシアン化カリウムを使った殺人事件が発生する!

被害者は若い女性で、現場に残された犯人のDNAを分析したマリコは、思いがけない事実に直面する。ホテルの部屋に3人の男が存在した、という奇妙な状況が浮かび上がったのだ。しかも、彼らの血液型は3人ともAB型。いったいどういうことなのか!? 

そんな中、ホテルで◎害された女性が、タブレット端末に犯人らしき男の写真を残していたことが発覚する。偶然、画像を目にした京都医科歯科大の解剖医・佐沢真(野村宏伸)は、同期である移植医療研究医・真木洋介(松田洋治)の研究棟で、その男を見かけた気がすると言い出す。

だがその後、真相に迫りつつあるマリコに犯人の魔の手が襲いかかる。

見どころ

・犯人は誰?
・マリコはどうなる!?
・最終回のラストは?

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
佐沢真
京都医科歯科大学の解剖医。(科捜研の女13第10話で、ある遺体の解剖を担当、第8話にも出演)
野村宏伸
真木洋介
京都医科歯科大学移植医療研究班の研究員。(第8話にも出演)
松田洋治
日下部隆
真木の研究協力者、キメラ保有者
篠田光亮
美竹粧子
美容整形外科「美竹クリニック」院長
辻葉子
野上加奈
シアン中毒者、出張風俗嬢
小林茉利江
天野玲子
シアン中毒者、主婦
髙野由味子
中野麻美
シアン中毒者、オフィス従業員
高橋知代
今井弘樹
シアン中毒者、会社員
内藤和也

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
榊マリコ
京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医学研究員
沢口靖子
土門薫
京都府警捜査一課の刑事(警部補)
内藤剛志
風丘早月
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授
若村麻由美
日野和正 科捜研所長、文書鑑定担当
元警視庁科捜研に在籍、妻子は東京在住で京都に単身赴任中
斉藤暁
宇佐見裕也 科捜研の化学担当 風間トオル
涌田亜美 科捜研の映像データ担当 山本ひかる
相馬涼 科捜研の物理担当 長田成哉
木島修平 捜査一課刑事(巡査部長)、土門刑事の部下、張り切りすぎて空回りすることもある 崎本大海
藤倉甚一 京都府警刑事部長(警視正)、頑固で曲がったことが嫌い 金田明夫
佐伯志信 京都府警本部長、事なかれ主義 西田健

スタッフ

脚本 櫻井武晴
演出 田﨑竜太






作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク