> >

科捜研の女13最終回(第16話)「逆転の新事実!火災+転落死…」綿引勝彦,大河内奈々子ゲスト出演

科捜研の女13最終回(第16話)「逆転の新事実!火災+転落死、偽装工作の罠!! ポリグラフ検査が負ける時…」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。ゲスト出演は綿引勝彦,大河内奈々子,森下哲夫,長内美那子,中里ひろみ,宮本毬子 他。キャストは沢口靖子,内藤剛志,斉藤暁,風間トオル,若村麻由美,長田成哉,崎本大海,奥田恵梨華,西田健,金田明夫,田中健 他

作品の評価:

最終章 偽装された火災!?

科捜研の女 SEASON13(科捜研の女13)」最終回(第16話)「逆転の新事実!火災+転落死、偽装工作の罠!!ポリグラフ検査が負ける時…」のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

科捜研の女13最終回(第15話)「逆転の新事実!火災+転落死…」綿引勝彦,大河内奈々子ゲスト出演

科捜研の女13最終回(第15話)「逆転の新事実!火災+転落死…」

科捜研の女13 最終回(第16話)について

エピソード 16(最終回)
サブタイトル 逆転の新事実!火災+転落死、偽装工作の罠!! ポリグラフ検査が負ける時…
概要 高齢者ばかりが暮らす住宅で、入居男性の焼死に続き、今度は女性が転落死した。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2014年3月13日 テレビ朝日 14.0%
2018年2月26日(月) 15:01~15:55 テレ朝・再放送

あらすじ

入居男性・山路肇(森下哲夫)が焼死した“百合根荘”で、今度は石川鱒乃(長内美那子)という女性入居者が転落死する事態が発生した。

鱒乃が転落した時、彼女の部屋にいた入居者の倉林宗次朗(綿引勝彦)は、鱒乃は植木に水をやろうとして窓から落ちたのだと証言する。山路も鱒乃も事故死だと主張する。

新たな事態の発生によって、山路の焼死について改めて調べることになった科捜研の榊マリコ(沢口靖子)土門薫刑事(内藤剛志)

もし山路の焼死が殺人だと判明した場合、すでに事故という判断を下していた藤倉甚一刑事部長(金田明夫)の責任は免れない。しかし、藤倉は「余計なことを考えず、鑑定しろ」とマリコたちに告げる。

そんな時、百合根荘の大家・掘祐子(大河内奈々子)が、山路だけではなく鱒乃にも死亡保険に加入させていたことが判明する!

見どころ

・犯人は誰?
・最終回のエンディングは?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
倉林宗次朗
「百合根荘」入居者
綿引勝彦
掘祐子
「百合根荘」オーナー
大河内奈々子
山路肇
「百合根荘」入居者
森下哲夫
石川鱒乃
「百合根荘」入居者
長内美那子
三島ツゲ子
「百合根荘」入居者
中里ひろみ
佐々本清子
「百合根荘」入居者
宮本毬子
阿部新司
京都府警千本警察署刑事課の刑事(第15話のみ)
山根誠示
南玲奈
京都府警千本警察署西陣倉辻交番の警察官、木島修平の同期(第15話のみ)
島居香奈

ネタバレ

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
榊マリコ
京都府警科学捜査研究所の法医学研究員
沢口靖子
土門薫
京都府警捜査一課の刑事
内藤剛志
日野和正
科学捜査研究所所長、専門は文書鑑定
斉藤暁
宇佐見裕也
科学捜査研究所研究員、専門は化学
風間トオル
風丘早月
洛北医科大学の医学部病理学科法医学教室の教授
若村麻由美
相馬涼
科学捜査研究所の研究員、専門は物理
長田成哉
木島修平
京都府警捜査一課の刑事、土門の部下
崎本大海
吉崎泰乃
科学捜査研究所の研究員
奥田恵梨華
佐久間誠
京都府警察の刑事部長
田中健
佐伯志信
京都府警察の本部長、京都府警察のトップと呼ばれる人物
西田健

スタッフ

脚本 櫻井武晴
演出 田﨑竜太



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク