> >

科捜研の女11(2011年)第8話 あらすじ&ネタバレ 斉木しげる,石垣佑磨,鈴木亜美ゲスト出演

科捜研の女11 第8話「隠された発火装置!連続放火、消された指紋の秘密!!」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データなどをまとめ。ゲスト出演は斉木しげる,石垣佑磨,鈴木亜美,浜口望海 他。出演者は沢口靖子,内藤剛志,斉藤暁,泉政行,風間トオル,奥田恵梨華,高橋光臣 他。

作品の評価:

連続放火事件発生! 犯人は新人の女性鑑識員の知り合い!?

科捜研の女11 第8話「隠された発火装置!連続放火、消された指紋の秘密!!」のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

科捜研の女11 第8話のまとめ

作品データ

エピソード S11#8
サブタイトル 隠された発火装置!連続放火、消された指紋の秘密!!
概要 乾は発火装置の調査中に新人の女性鑑識員と出会う。彼女は“容疑者に心当たりがある”と言う…。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2011年12月8日(木)20:00~21:48 テレビ朝日 13.3%
2017年11月30日(月)14:04~15:00 テレ朝・再放送

第8話 あらすじ

京都市内で、時限発火装置を使った連続放火事件が発生した。最初の2件は、人の出入りが少ない場所だったが、3件目はオフィスビルのエントランスという大勢が行き来するところだった。

幸い3件とも負傷者は出なかったが、科捜研の榊マリコ(沢口靖子)は犯行が徐々にエスカレートしていることを危惧する。 

そんな中、発火装置の部品の入手ルートを調べるため、街に出ていた科捜研のメンバー・(泉政行)は、新人鑑識員・原口衿果(鈴木亜美)と遭遇する。

彼女は、容疑者に心当たりがあると告白する。以前、同じ大学に通っていた高松史生(石垣佑磨)から数年ぶりに電話があり、連続放火をほのめかす発言があったと話す。

注目と見どころ

・殺害の犯人は誰?

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
高松由尊 弁護士 斉木しげる
高松史生 由尊の息子・英京大学 元学生 石垣佑磨
原口衿果 京都府警察 鑑識員・英京大学 元学生 鈴木亜美
東田誠人 原口の従兄弟 浜口望海

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
榊マリコ
京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医学研究員
沢口靖子
日野和正 科捜研の所長、文書鑑定担当
元警視庁科捜研に在籍、妻子は東京在住で京都に単身赴任中
斉藤暁
宇佐見裕也 科捜研の研究員、専門は化学 風間トオル
乾健児 科捜研の研究員、”マリコの飼い犬”的存在、
法医学やパソコンにも詳しい、本話(S11#8)で科捜研を退職
泉政行
吉崎泰乃 科捜研の研究員、S10では臨時研究員だった 奥田恵梨華
土門薫
京都府警捜査一課の刑事
内藤剛志
権藤克利 京都府警捜査一課の刑事、土門の部下 高橋光臣
佐久間誠 京都府警本部長 田中健
風丘早月 洛北医科大学の医学部病理学科法医学教室の教授 若村麻由美

スタッフ

脚本 戸田山雅司
監督 伊藤寿浩



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください