> >

科捜研の女11(2011年)第14話「…和菓子職人vs科捜研!!」 あらすじ&ネタバレ 岡田義徳,栗塚旭ゲスト出演

科捜研の女11 第14話「京都老舗殺人事件!味の鑑定…和菓子職人vs科捜研!!」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データなどをまとめ。ゲスト出演は岡田義徳,栗塚旭,瀬川菊之丞,珠子 他。キャストは沢口靖子,内藤剛志,斉藤暁,風間トオル,奥田恵梨華,高橋光臣,若村麻由美,田中健,長田成哉 他。

作品の評価:

京都老舗殺人事件!味の鑑定…和菓子職人vs科捜研!!

科捜研の女11」第14話のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

科捜研の女11 第14話のまとめ

作品データ

エピソード #11#14
サブタイトル 京都老舗殺人事件!味の鑑定…和菓子職人vs科捜研!!
概要 老舗和菓子店・店主の撲殺死体が本店内の作業場で見つかった。致命傷は頭部にあった2カ所の傷だが…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年2月23(木) 20:00~21:48 テレビ朝日 11.4%
2018年6月27日(水) 14:57~15:53 テレ朝・再放送

第13話あらすじ

老舗和菓子店の4代目店主・笹井幸造(栗塚旭)の撲殺死体が、本店内の作業場で見つかった。致命傷となったのは、頭部にあった2カ所の傷。

榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研が分析した結果、前頭部の傷は作業台の一角と一致したが、後頭部に傷をつけた凶器がまったくわからない。

さらに不思議なことに、被害者の爪から採取した微物が、彼が絶対に使用しない合成着色料の成分だと判明する。だが、本店では使わないものの、デパート用の和菓子を量産するために開いた工場では合成着色料を採用しているとわかり、土門薫刑事(内藤剛志)は、工場を一任されている専務の村上洋治(岡田義徳)を怪しむ。しかし、決め手はまるでない。

そんな中、マリコは現場のゴミ箱に捨てられていた、和菓子の”失敗作”に注目する。そこに殺人の動機が隠されているのではないかと考え、分析を開始する。

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
村上洋治 老舗和菓子店「懐中屋」専務 岡田義徳
笹井幸造 懐中屋の社長、事件被害者 栗塚旭
東尾 茶道家元 瀬川菊之丞
笹井ゆり子 幸造の娘 珠子

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
榊マリコ
京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医学研究員
沢口靖子
日野和正 科捜研の所長、文書鑑定担当
元警視庁科捜研に在籍、妻子は東京在住で京都に単身赴任中
斉藤暁
宇佐見裕也 科捜研の研究員、専門は化学 風間トオル
吉崎泰乃 科捜研の研究員、S10では臨時研究員だった 奥田恵梨華
相馬涼 科捜研の研究員、乾健児の後任(S11#9~登場) 泉政行
土門薫
京都府警捜査一課の刑事
内藤剛志
権藤克利 京都府警捜査一課の刑事、土門の部下 高橋光臣
佐久間誠 京都府警本部長 田中健
風丘早月 洛北医科大学の医学部病理学科法医学教室の教授 若村麻由美
大西武政 京都府警察本部長、
元・大阪府警察刑事部長 (#1,#15、#16に登場)
津川雅彦
乾健児 科捜研の研究員、”マリコの飼い犬”的存在、
法医学やパソコンにも詳しい、(~S11#8で退職)
泉政行

スタッフ

脚本 櫻井武晴
監督 濱龍也



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*