> >

科捜研の女11(2011年)第13話「流された遺体!…」 あらすじ&ネタバレ 鈴木一真,いとうまい子ゲスト出演

科捜研の女11 第13話「流された遺体!疑惑の音楽家、楽譜の筆跡が暴く愛憎」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データなどをまとめ。ゲスト出演は鈴木一真,いとうまい子,富家規政,川俣しのぶ,松本蘭,村田可梨 他。キャストは沢口靖子,内藤剛志,斉藤暁,風間トオル,奥田恵梨華,高橋光臣,若村麻由美,田中健,長田成哉 他。

作品の評価:

どんぶらこどんぶらこ?流された遺体!?

科捜研の女11」第13話のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

科捜研の女11 第13話のまとめ

作品データ

エピソード #11#13
サブタイトル 流された遺体!疑惑の音楽家、楽譜の筆跡が暴く愛憎
概要 上流から流れて来た釣り船に乗った死体が河原で発見された。科捜研は衣服に付着した松脂を分析する。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年2月16(木) 20:00~21:48 テレビ朝日 10.6%
2018年6月27日(水) 13:59~14:57 テレ朝・再放送

第13話あらすじ

京都市内の河原で、釣り船の中に横たわった女性の死体が発見された。遺体は女子刑務所の元刑務官・久保由加里(川俣しのぶ)で、後頭部を殴られた後、放置されて凍死したらしく、榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研が調べたところ彼女のコートから弦楽器の手入れなどに使われる”松脂”の成分が検出される。

また、毛髪に温泉の成分が付着していたことから、由加里は川の上流に位置する温泉地に宿泊していた事実が判明。旅館に残されていたカバンには、500万円の現金と”バイオリンソナタ”の古い楽譜が入っていた。

まもなく、楽譜には14年前、傷害事件を起こした小島涼子(松本蘭)という女性の指紋が付いていることがわかった。涼子は不倫相手のバイオリニスト・辻沢紘一(鈴木一真)の妻にケガを負わせて逮捕され、服役中に女児を出産。産後すぐに病死していた。どうやら、由加里は涼子の担当刑務官だったようだ…。

事件の手がかりを求めて、土門薫刑事(内藤剛志)とマリコは、辻沢を訪ねる。辻沢は当時、新進気鋭の奏者として注目を集めていたが、傷害事件により人生が暗転。現在は、小さな音楽教室を開いていた。

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
辻沢紘一 ヴァイオリニスト、アメリカヤ楽器店の店主 鈴木一真
滝井咲子 美月の養母 いとうまい子
滝井毅 美月の養父、洋菓子店「パティスリー クロッシュ」店主 富家規政
久保由加里 近畿東刑務所の元刑務官、事件被害者 川俣しのぶ
小島涼子 美月の実母、咲子の妹、故人 松本蘭
滝井美月 辻沢の音楽教室の生徒、上院中学校の生徒 村田可梨

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
榊マリコ
京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医学研究員
沢口靖子
日野和正 科捜研の所長、文書鑑定担当
元警視庁科捜研に在籍、妻子は東京在住で京都に単身赴任中
斉藤暁
宇佐見裕也 科捜研の研究員、専門は化学 風間トオル
吉崎泰乃 科捜研の研究員、S10では臨時研究員だった 奥田恵梨華
相馬涼 科捜研の研究員、乾健児の後任(S11#9~登場) 泉政行
土門薫
京都府警捜査一課の刑事
内藤剛志
権藤克利 京都府警捜査一課の刑事、土門の部下 高橋光臣
佐久間誠 京都府警本部長 田中健
風丘早月 洛北医科大学の医学部病理学科法医学教室の教授 若村麻由美
大西武政 京都府警察本部長、
元・大阪府警察刑事部長 (#1,#15、#16に登場)
津川雅彦
乾健児 科捜研の研究員、”マリコの飼い犬”的存在、
法医学やパソコンにも詳しい、(~S11#8で退職)
泉政行

スタッフ

脚本 小川眞住枝
監督 濱龍也



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*