> >

科捜研の女14(2015年新春SP) 「科学捜査vs祟りの村…」あらすじ&ネタバレ 洞口依子,小野寺昭ゲスト出演

科捜研の女 2015年新春スペシャル「科学捜査vs祟りの村 恐竜の化石発掘現場から出現した白骨死体! 京都〜日本海を結ぶ奇妙な手紙!わらべ唄通りに連続殺人が!! 鑑定が告げる壮絶な真実」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。ゲスト出演は洞口依子,真野恵里菜,矢島健一,堀内正美,深水三章,井田國彦,波岡一喜,濱口秀二,佐渡山順久,西村匡生,内藤邦秋,小野寺昭,古野本二葉 他。キャストは沢口靖子,内藤剛志,斉藤暁,若村麻由美,風間トオル,長田成哉,山本ひかる,崎本大海,金田明夫,西田健 他。

作品の評価:

大菜村の竜神様伝承!?

科捜研の女 2015年新春スペシャル (科捜研の女14と15の間) 「科学捜査vs祟りの村 恐竜の化石発掘現場から出現した白骨死体!」のあらすじ&ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

科捜研の女(20015年新春SP) 「科学捜査vs祟りの村…」あらすじ&ネタバレ 洞口依子,小野寺昭ゲスト出演

科捜研の女(20015年新春SP) 「科学捜査vs祟りの村…」洞口依子,小野寺昭ゲスト出演

第0話について

エピソード SP (シーズン14とシーズン15の間)
サブタイトル 科学捜査vs祟りの村 恐竜の化石発掘現場から出現した白骨死体!
京都〜日本海を結ぶ奇妙な手紙! わらべ唄通りに連続殺人が!! 鑑定が告げる壮絶な真実
概要 福井にやって来た榊マリコら科捜研は、恐竜博物館で化石の発掘作業中に人骨を発見したと聞き、現場の大菜村に向かう。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2015年1月18日(日)21:00~23:10 テレビ朝日・日曜エンタ
ドラマスペシャル科捜研の女
12.7%
2018年3月12日(月) 14:04~15:55 テレ朝・再放送

あらすじ

たまった有給休暇を消化するため、福井県に旅行にやって来た榊マリコ(沢口靖子)相馬涼(長田成哉)涌田亜美(山本ひかる)は、恐竜博物館で古生物学者・剣持史也(矢島健一)に出会う。剣持から、恐竜の化石を発掘作業中に人骨を発見したと聞いたマリコたちはさっそく現場に向かう。

白骨死体が発見されたのは、山間の大菜村にある小さな沢だった。だが、村長の白石隆太郎(小野寺昭)は「無断で鑑定するなど迷惑千万」と、慇懃無礼にマリコたちを追い返そうとする。

また、村の診療所の医師・中里育生(堀内正美)も、白骨は20年以上経過したものと思われ、すでに時効が成立しているため鑑定は必要ないと突っぱねる。

その後、所轄署の要請でマリコが鑑定に当たったところ、骨は30歳から40歳の男性のものと判明する。後頭部に殴られた痕があり、肋骨には鋭利な刃物による傷も見つかった。他◎の可能性が出た以上、さらに詳しい鑑定が必要とマリコは主張するが、白石らは「これ以上調べてたたりが起きたら、責任取れるのか!!」と激怒する。

実は、この大菜村には竜神様伝承が残されていた。その伝説とは、村を荒らす竜を退治した村人たちが次々と不審死を遂げたというもので、彼らの死因を歌にしたわらべ歌も伝わっていた。白骨死体が見つかったのは、竜の祠がまつられている沢だったのだ。

いくら拒絶されても白骨死体が見つかった以上、放置するわけにはいかない。マリコが亜美と共に村に残ることを決めると、村長の娘・白石麻由(真野恵里菜)がぜひ自宅に宿泊してくれと言ってきた。

急に親切になった村人たちの態度にマリコは驚くが、村役場の職員・三条冴子(洞口依子)は、村長が2人を泊めるのは動向を見張るために違いないとこっそり告げ口をしてきた。

その矢先、中里が刺◎体となって見つかる。その◎され方が、わらべ歌の歌詞を連想させるものだったため、村は騒然する! さらに、村をうろついていたフリーライター・辰巳通彦(濱口秀二)もわらべ歌の続きのとおりに転落死を遂げる!

その頃、京都の簡易宿泊所で身元不明の男性の変死体が発見されていた。男の所持品から大菜村の観光案内のパンフレットを見つけた土門刑事(内藤剛志)は、白骨死体との繋がりを直感する!

見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
白石隆太郎
大菜村村長
小野寺昭
三条冴子
大菜村役場の職員
洞口依子
白石麻由
隆太郎の養女、大菜村役場の職員
真野恵里菜
5歳:古野本二葉
剣持史也
古生物学者
矢島健一
中里育生
大菜村診療所の医師
堀内正美
常盤紀文
製材所社長
深水三章
鳥谷和樹
福井北警察署刑事課の刑事
井田國彦
角沢恭二
大菜村駐在所の巡査
波岡一喜
辰巳通彦
フリーライター、事件の被害者
濱口秀二
盾村孝一
20年前失踪した麻由の父、古生物学者
佐渡山順久
草間治義
盾村の異母弟、強盗◎人事件の重要参考人
西村匡生
山森翼
恐竜博物館の学芸員
内藤邦秋

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
榊マリコ
京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医学研究員
沢口靖子
土門薫
京都府警・捜査一課の刑事
内藤剛志
風丘早月
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授
若村麻由美
日野和正 科捜研の研究員、文書鑑定担当
元警視庁科捜研に在籍、妻子は東京在住で京都に単身赴任中
斉藤暁
宇佐見裕也
科捜研の化学担当、元国立航空科学研究所の技官、気象、海洋、航空安全に関わる知識も豊富
風間トオル
相馬涼
科捜研の物理担当(銃器鑑定、機械・建造物の破損。交通事故解析など)、民間の事故鑑定機関出身
長田成哉
涌田亜美
科捜研の映像データ担当、デジタルスキルは高く、映像関連のデータ分析や解析能力も並はずれている。
山本ひかる
木島修平
京都府警・捜査一課の刑事(巡査部長)、土門の部下
崎本大海
藤倉甚一
京都府警刑事部長(警視正)
金田明夫
佐伯志信
京都府警本部長、事なかれ主義
西田健

スタッフ

脚本 戸田山雅司
演出 森本浩史



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*