> >

相棒7(2009年)第15話「密愛」あらすじ&ネタバレ 国広富之&岸惠子ゲスト出演

『相棒7』第15話「密愛」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は国広富之,岸惠子、子役は中島まりな,中山久美子。出演は水谷豊,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,山西惇,岸部一徳,片桐竜次,小野了,益戸育江,神保悟志 ほか。

作品の評価:

「相棒7」の第15話「密愛」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒7(2009年)第15話「密愛」あらすじ&ネタバレ 国広富之&岸惠子ゲスト出演

相棒7第15話「密愛」

相棒7 第15話について

作品データ

エピソード 15
サブタイトル 密愛
概要 右京は、大学時代の恩師で翻訳家をしている悦子に呼ばれ、彼女の山荘へとやってきた。悦子から、自殺した使用人の身元を調べてほしいと依頼されるが…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2009年02月18日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 17.3%
2017年10月27日(金)15:55~16:50 テレ朝・再放送

あらすじ

大学時代の恩師・宇佐美悦子(岸惠子)に呼ばれ、彼女の山荘へとやってきた特命係の杉下右京(水谷豊)

借金取りに追われ離れの小屋にかくまっていた榊敏郎(国広富之)が自◎したため、その身元を調べて欲しいと悦子から依頼されたからだ。

しかし、右京は榊の死因は自◎ではなく他殺ではないかと言い始める。

遺体を発見したとき小屋は密室状態だったのでそんなことはあり得ないという悦子に、右京は自らの推理を語り始める。

大まかな見どころ

・榊は、本当に殺されたのか? ならばその犯人は誰なのか?
・相棒史上最高の一騎打ちがいま始まる!
・岸惠子の流暢なフランス語も見逃せない

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
宇佐美悦子 仏文学翻訳家・杉下右京の恩師 岸惠子
少女期:中島まりな
青春期:中山久美子
榊敏郎 死亡、借金取りに追われ離れの小屋にかくまっていた男 国広富之

ネタバレ

亡くなった榊敏郎(国広富之)は、宇佐美悦子(岸惠子)の使用人だった。

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
宮部たまき TAMAKI MIYABE
花の里の女将、杉下右京の元妻
益戸育江
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
三浦伸輔 SHINSUKE MIURA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の先輩
大谷亮介
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
小野田公顕 KOUKEN ONODA
警察庁・官房室長
岸部一徳

スタッフ

脚本 古沢良太
監督 和泉聖治





作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク