> >

相棒5(2007年)第18話「殺人の資格」あらすじ&ネタバレ 相島一之,辻本祐樹ゲスト出演

『相棒5』第18話「殺人の資格」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は相島一之,辻本祐樹,鶴岡修,深沢敦,阿南健治,国枝量平 他。出演は寺脇康文,水谷豊,鈴木砂羽,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,片桐竜次,小野了,山西惇,益戸育江,岸部一徳,神保悟志 ほか。

作品の評価:

「相棒5」の第18話「殺人の資格」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒5(2007年)第18話「殺人の資格」あらすじ&ネタバレ 相島一之,辻本祐樹ゲスト出演

相棒5第18話「殺人の資格」相島一之,辻本祐樹ゲスト出演

相棒5 第18話について

作品データ

エピソード 18
サブタイトル 殺人の資格
概要 亀山薫はなじみのゲイバーのママ・ヒロコから、芝木というルポライターの男性のことで相談を持ちかけられる。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2007年2月28日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 17.0%
2018年1月19日(金)15:00~15:55 テレ朝・再放送

あらすじ

特命係・亀山薫(寺脇康文)はなじみのゲイバーのママ・ヒロコ(深沢敦)から芝木(相島一之)というルポライターが雑踏で危なく人を◎しそうになった、と連絡を受ける。

芝木の部屋を捜索した杉下右京(水谷豊)と薫は、何者からか送り付けられたビデオテープを発見する。そこには芝木のマンションの大家・富美代(菊地由希子)が殺◎されるシーンが録画されていた。富美代は裏で高利貸しとつながっており、家賃がないという住人を紹介しては高い金利を取っていた。ヒロコによると、芝木もその被害者の一人だったらしい。

さらに捜索すると、「次はあなたの番です」と殺人を指示する手紙が見つかった。芝木が誰かを◎そうとしたこと、芝木が◎された富美代に敵意を持っていたこと、そして富美代殺害犯から殺人を指示する手紙が来ていたこと。それらを総合した右京は「交換殺人」が行われようとしている、と指摘する。

右京と薫は伊丹(川原和久)ら捜査一課にも強力を依頼。ビデオの撮影場所がとあるレンタルスペースだったことを突き止める。が、レンタルスペースの店員の話によると、部屋を借りたのは富美代で、若い男性と部屋にやって来ると、何事もなかったように2人で帰っていったという。

つまり殺人は偽装!? どうやら犯人の目的は富美代を殺したと見せかけ、芝木を殺人者にすることだったらしい…。

芝木がかつて帝都新聞の政治部記者だったことがわかった。当時の同僚から話を聞くと、建設会社の不正献金にまつわるスクープ記事を書いた芝木だったが、その記事で名指しされた田ノ上(国枝量平)という建設会社の総務部長が、厳しい取調べもあって自◎。

大まかな見どころ

・犯人は誰?

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
芝木倫明 ルポライター 相島一之
田ノ上啓 田ノ上の息子 辻本祐樹
伊庭剛憲 元警視庁捜査二課の係長、警備員 鶴岡修
田ノ上義信 国裕建設 総務部長、故人 国枝量平

準レキュラー

登場人物 キャスト
ヒロコ 亀山薫の知人、かつては焼肉屋を営んでいたが、現在は都内でゲイバー「髭と薔薇と…。」を経営

相棒1#3「秘密の元アイドル妻」…落語家の妻・倉本の目撃者
相棒1#6「死んだ詐欺師と女美術館長の指紋」…情報屋・土田の知人
相棒2#20「二分の一の殺意」
相棒3#17「書き直す女」
相棒6#13「マリリンを探せ」…愛犬マリリンの飼い主
劇場版Ⅰ

深沢敦
大久保康雄 帝都新聞記者、警視庁記者クラブのキャップを務める美和子の元上司

相棒3#11「ありふれた殺人〜時効成立後に真犯人自首!?」
相棒3#13「警官殺し〜銃に残された赤い指紋」

阿南健治

ネタバレ

警察は非難され、記事を書いた芝木も事件がうやむやになったため、社内処分されたという。そして、芝木は田ノ上の遺族に頭を下げに行ったが、面と向かって「人殺し」と言われ、翌日辞表を提出。そして田ノ上を取り調べた伊庭刑事(鶴岡修)も責任を感じ辞職していた。

芝木のもとに届いていた手紙には「今度こそ自分で手を下して…」と書かれていた。以前にも芝木が誰かを殺したことがあるかのような書き方だ。ということは、犯人は芝木が田ノ上の自殺で「人殺し」と言われたことを知っていたことになる。

犯人は芝木から富美代にだまされたことなどを聞き出し、犯行を計画した…。そこまで芝木を恨んでいる人物…、自◎した田ノ上の一人息子・(辻本祐樹)が怪しい。

右京らは啓の部屋で数々の証拠を発見、そして芝木に殺させようとしている人物が伊庭元刑事であることをつかむ。

右京と薫は芝木を止めようと伊庭元刑事の現在の勤務先へ急行する。ナイフを構えた芝木だったが、あと一歩のところで思いとどまり右京らも胸をなでおろす。右京と薫は現場にいた啓を逮捕。胸を痛める芝木に、復讐という愚かな行為にとりつかれた啓を救ってやって欲しいと訴える。

右京のそんな言葉に打たれた芝木は、初めて啓と真正面から向き合い、すべてを告白する。そんな2人を残して取調室を出る右京と薫。後ろ髪を引かれるように振り向きながら、2人は廊下を歩いていくのだった。

この俳優が別役で、このエピソードにも出ていた!

俳優 作品/登場人物
相島一之 相棒15 #9「あとぴん〜角田課長の告白」
仁藤景雄 産廃場の現場監督、角田たちの中学時代の先輩
辻本祐樹 相棒15 #1「守護神」
梶原脩斗 ネイリスト・来栖初恵の同居相手
国枝量平 相棒2 #8「命の値段」
柳瀬和久 保険会社勤務
国枝量平 相棒11 #16「シンデレラの靴」
高木富雄 アポロン電機 陸上部監督

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
亀山薫 KAORU KAMEYAMA
警視庁・特命係、巡査部長
西脇康文
宮部たまき TAMAKI MIYABE
花の里の女将、杉下右京の元妻
益戸育江
奥寺美和子 MIYAKO OKUDERA
フリージャーナリスト、亀山薫の恋人
鈴木砂羽
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
三浦伸輔 SHINSUKE MIURA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の先輩
大谷亮介
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
小野田公顕 KOUKEN ONODA
警察庁・官房室長
岸部一徳

スタッフ

脚本 戸田山雅司
監督 橋本一



作品の評価:


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください