> >

相棒4(2006年)第20話「7人の容疑者」あらすじ&ネタバレ 大寶智子,西田健ゲスト出演

『相棒4』第20話「7人の容疑者」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は大寶智子,西田健,でんでん,三輪ひとみ,水上竜士,谷本一,小島康志,俵木藤汰,少路勇介 他。出演は寺脇康文,水谷豊,鈴木砂羽,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,片桐竜次,小野了,山西惇,益戸育江,岸部一徳,神保悟志 ほか。

作品の評価:

「相棒4」の第20話「7人の容疑者」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒4(2006年)第20話「7人の容疑者」あらすじ&ネタバレ 大寶智子,西田健ゲスト出演

相棒4(2006年)第20話「7人の容疑者」大寶智子,西田健ゲスト出演

相棒4 第20話について

作品データ

エピソード 20
サブタイトル 7人の容疑者
概要 人気ドラマのクランクアップ直前、何者かが撮影所の爆破を予告してきた。厳戒態勢が敷かれるが、結局爆破は起こらなかった。しかし…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2006年3月8日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 13.4%
2018年1月19日(金)14:04~15:00 テレ朝・再放送

あらすじ

都内のとある撮影所で事件が発生した! ドラマなどの撮影に追われる各スタジオに、突然、撮影中止の命令が下る。爆破予告の電話がかかってきたのだ。スケジュールを心配するスタッフからは多少のクレームが出るが、やはりここは人命第一。警察の指示通りに全撮影は中止される。

しかし、爆発物の発見はおろか、予告当日にも事件は起こらなかった。その代わり、盗難事件が発生。戦隊ヒーローの着ぐるみが盗まれたのだ。人手不足でお声が掛かった特命係の杉下右京(水谷豊)亀山薫(寺脇康文)が、盗難現場の倉庫にやってくる。今日はすべての撮影がお休みの全休日。

しかし、最終回目前でスケジュールが押している人気ドラマ『時効間近』は別で、プロデューサーの曽根ゆり子(大寶智子)など少ないながらもスタッフが往来していた。

右京たちが倉庫に入っていった時も、中には小道具の南早紀(三輪ひとみ)がいた。倉庫は現在、出入り禁止中。知ってはいたが「急ぎの探し物があったから」と、言い訳して出ていくゆり子。

その直後、遺失物のチェックをしていた薫は、ふいに倒れた一体の着ぐるみを起こそうとしてぎょっとする。持ち上げた手に、血が付着したのだ!着ぐるみの中には、製作部長の林登(谷本一)の他◎体が、凶器のゴルフクラブと一緒に詰められていた。

◎害現場は、林の部長室。趣味だったというゴルフバッグが置かれている。捜査一課も駈け付け、薫とのいつもの小競り合いが始まったその時、部長室の電話が鳴る。製作スタッフの甲野真(俵木藤汰)が電話に出る。その表情が見る見る青ざめていく。再び爆破の予告電話が掛かってきたのだ!

前回の予告後、甲野は、警察により設置された録音機とスピーカーボタンを手際良く操作する。変声機を通した犯人の声は、『時効間近』のセットの爆破を告げる。予告日は3日後。クランクアップの日だ。最初の予告も同じセットだったことから、犯人の狙いが『時効間近』であることは間違いない。

また、掛けてきた電話番号は、2度とも一般には知られていない製作部長室の直通。内部に詳しい人物であることは明らかだ。捜査を進めると、ドラマの撮影途中で林に解雇を告げられたスタッフがいると判明する。

大まかな見どころ

・2つの事件は結びつくのか?
・犯人は誰なのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
曽根ゆり子 プロデューサー 大寶智子
蕪木惣一 俳優 西田健
半田茂 守衛 でんでん
南早紀 装飾係 三輪ひとみ
石原隆志 チーフ助監督 水上竜士
林登 映画会社「共映」製作部長、被害者 谷本一
御子柴健 ドラマ撮影監督 小島康志
甲野真 製作担当 俵木藤汰
都築大輔 元助監督 少路勇介

この俳優がこのエピソードにも出ていた!

俳優 作品/登場人物
でんでん 相棒8 #5「背信の徒花」
江藤大 養護老人ホーム「敬葉園」所長、犯人
西田健 相棒2 #3「殺人晩餐会」
沼功 生花「黛流」事務長
相棒14 #9「秘密の家」
川口健作 首都警備保障の社長、元山梨県警副本部長
三輪ひとみ 相棒13 #6「ママ友」
佐々木広子 翻訳家
水上竜士 相棒2 #13「神隠し」
大森郁夫 小学生・瑠奈の父
谷本一 相棒6 #11「ついている女」,#12「狙われた女」
周文健 囚人・吉井春麗の父
小島康志 相棒9 #15「もがり笛」
相田宗太 市倉(青梅医療刑務所の刑務官)の同僚
児玉隆 相棒6 #15「20世紀からの復讐」
少路勇介 コンビニ「モガマート」の客

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
亀山薫 KAORU KAMEYAMA
警視庁・特命係、巡査部長
西脇康文
宮部たまき TAMAKI MIYABE
花の里の女将、杉下右京の元妻
益戸育江
奥寺美和子 MIYAKO OKUDERA
フリージャーナリスト、亀山薫の恋人
鈴木砂羽
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
三浦伸輔 SHINSUKE MIURA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の先輩
大谷亮介
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
小野田公顕 KOUKEN ONODA
警察庁・官房室長
岸部一徳

スタッフ

脚本 櫻井武晴
監督 森本浩史



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*