> >

相棒18第2話「アレスの進撃~最終決戦」あらすじ&ネタバレ 船越英一郎ゲスト出演

『相棒18』第2話「アレスの進撃~最終決戦」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。テレビ朝日開局60周年記念SPゲスト出演は船越英一郎,木村佳乃,北香那,団時朗 他。連続殺人の舞台と化した最果ての島…元レンジャーの魔手が迫り、特命係は未曾有の危機と対峙する!

作品の評価:

「相棒18」の第2話「アレスの進撃~最終決戦」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒18第2話「アレスの進撃~最終決戦」あらすじ&ネタバレ 船越英一郎ゲスト出演

相棒18第2話「アレスの進撃~最終決戦」

相棒18 第2話について

連続殺人の舞台と化した最果ての島…元レンジャーの魔手が迫り、特命係は未曾有の危機と対峙する!

作品データ

エピソード S18#2
サブタイトル アレスの進撃~最終決戦
概要 「特命係vs最強の元レンジャー」最終決戦!! 連続殺人の舞台と化した最北の離島“天礼島”。 全滅へのカウントダウンを右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は止められるのか!?

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2019年10月16日(水) 21:00~22:24 テレビ朝日
テレビ朝日開局60周年記念スペシャル
15.4%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/3-ZyS1UlRfQ

あらすじ

第1話の続き特命係の杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)は、連続殺人の容疑が掛かった岩田純(船越英一郎)を囮に、事件に関する情報を集めるため“信頼と友好の館”内部を捜索することに。

すると、岩田ミナ(北香那)らメンバーの部屋から、片山雛子(木村佳乃)がとある協会の顧問に就任したことを伝える週刊フォトスを見つける。

その意味を推理する中、2人は、館のメンバーが利用していた漁師小屋で、海上の船から発せられているモールス信号を目撃。解読の結果、それがロシア語を意味しているのではないかと考えた亘は、社美彌子(仲間由紀恵)に解読を頼むことに。

さらに、特命係を追って天礼島に上陸した捜査一課の伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)が合流。連続殺人の背景が徐々に明らかになっていく中、事態が急変する。

ミナを連れ戻すため強引な手段に出ている岩田が、警察に保護されている館のメンバーの前に再び姿を現し…!?

大まかな見どころ

・岩田純は犯人なのか?
・事件の背景に見え隠れする巨大権力の影
・ロシアから送られたメッセージには危険な秘密が!
・極北の地を舞台に、特命係vs最強連続殺人犯の最終決戦が始まる!!

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
岩田純 元特殊部隊のレンジャー
素手で人を殺せるほど生身の格闘術に長けており、一人娘のミナを館のメンバーから引き離し、連れ帰ろうと強引な行動に出る。
船越英一郎
片山雛子 元内閣官房副長官
右京が「周囲で不祥事や事件が起きるたびに、それを逆手に取り、大きくなっていく」と評するしたたかで野心的な政治家。時の官房長官が殺害された事件の後、議員辞職を宣言した。その後、鳴りを潜めていたが、大胆な行動で再び表舞台に姿を見せる。
木村佳乃
岩田ミナ 岩田の娘
かつて難民救済ボランティアとして活動していた。現在は、ロシアとの交流を目的とした“信頼と友好の館”に身を寄せ、仲間とともに共同生活を。そこから強引に自分を連れ戻そうとしてくる父親に反発している。
北香那
甘村井留加 財団“信頼と友好の館”の代表
帝政ロシア時代、島に移り住んだロシア人の子孫で、日本とロシアの交流を目的とした財団を設立。現在は集まった若者たちを館に住まわせ、悠々自適な生活をしている。
団時朗
大西玲二 天礼島の駐在巡査 内村遥
桂川宗佐 片山雛子の協力者 村上新悟
颯斗 喫茶「島ごころ」マスター 内野智
猿若均 北海大学海洋生物学部講師 坂田聡
橘禾怜 「信頼と友好の館」メンバー 加弥乃
成田藤一郎 「信頼と友好の館」メンバー 足立理
音羽暁 「信頼と友好の館」メンバー 森優作
木埜實平 稚内中央署の鑑識 土平ドンペイ
鯉川繁喜 稚内中央署の刑事 外川貴博
草津紀世彦 秋田県警察本部長 大滝明利
天蓋杜夫 天礼島役場職員 酒巻誉洋
松嶋至 「信頼と友好の館」メンバー 海老沢七海
播磨長吉 「信頼と友好の館」メンバー 本山功康
三河大悟 「信頼と友好の館」メンバー 阿邊龍之介
土師太 警視庁生活安全部サイバーセキュリティ対策本部特別捜査官 松嶋亮太
亀弥助 秋田県の駐在巡査 佐々木晴見
民宿「てんれい」女将 保利雅子
次郎 秋田の小学生 高島吏玖
花子 秋田の小学生 木村文茜
太郎 秋田の小学生 西下瑛人

ネタバレ

犯人は岩田ミナであった。ラスト、岩田は娘のミナを自らの手で仕留めた。

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
警視庁・特命係
反町隆史
青木年男 TOSHIO AOKI
警視庁サイバーセキュリティ対策本部特別捜査官、元・特命係
浅利陽介
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官(警視正)、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付、カイト君(甲斐享)の父
石坂浩二
社美彌子 MIYAKO YASHIRO
警視庁総務部広報課の課長(警視正)
仲間由紀恵
衣笠藤治 TOJI KINUGASA
警視庁副総監(警視監)
杉本哲太
風間楓子 FUKO KAZAMA
葉林社「週刊フォトス」編集部に所属する記者、関西の広域指定暴力団銀龍組傘下「風間燦王会」組長の実娘
芦名星

スタッフ

脚本 輿水泰弘
監督 橋本一


相棒関連の商品紹介


相棒16 Blu-ray BOX(6枚組)

杉下右京(1/6スケール)

杉下右京の多忙な休日 (朝日文庫)


作品の評価:


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください