> > >

相棒17第4話「バクハン」あらすじ&ネタバレ 中野英雄,長谷川公彦,崎本大海ゲスト出演

相棒17第4話「バクハン」のあらすじ、ネタバレ、放送まとめ。ゲスト出演は中野英雄,長谷川公彦,崎本大海,江藤あや,水石亜飛夢,池原猛,江藤あや,坂口さおり,下園愛弓 他。キャストは水谷豊,反町隆史,浅利陽介,川原和久,山中崇史,片桐竜次,小野了,鈴木杏樹,山西惇,石坂浩二,神保悟志,杉本哲太,芦名星 他。

作品の評価:

「相棒17」の第4話「バクハン」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒17第4話「バクハン」あらすじ&ネタバレ 中野英雄,長谷川公彦,崎本大海ゲスト出演

相棒17第4話「バクハン」中野英雄,長谷川公彦,崎本大海ゲスト出演

第4話「バクハン」について

作品データ

エピソード S17#4
サブタイトル バクハン
賭博捜査をめぐって右京と角田が一触即発!正義の暴走が取り返しのつかない悲劇を招く
概要 組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発。右京と亘も摘発に駆り出されたのだが…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2009年11月7日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 ****%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/pTzH75jZ3t0

あらすじ

組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。

特命係・杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づき、源馬が裏で手引きしているのではないかと疑う。

組対五課の角田課長(山西惇)は、戦友のような源馬をかばい、手を引くよう釘を刺すが、右京は捜査を続ける。

そんな中、賭博業者との癒着で源馬をマークしているという生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)久我(崎本大海)が、特命係に協力を要請してくる。

右京は、二人への協力を約束するが、亘は「角田課長を裏切れない」と言って、源馬の内定捜査から降りる。

さらに、裏では特命係の廃止を目論む衣笠副総監(杉本哲太)も暗躍していた。

大まかな見どころ

・亘や角田とも不協和音が生じ孤立を深める右京
・それでも信念に従い賭博をめぐる不正の真相を追究
・信頼できる仲間を失った右京が行き着く先は?
・このストーリーで大木長十郎刑事(志水正義)が出演しないのが悲しい…
・崎本大海さんは、京都府警捜査一課の木島修平ではないですよ(笑

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
源馬寛 警視庁組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長。角田にとっては古くからの戦友のような存在 中野英雄
百田努 警視庁生活安全部保安課の刑事,正義感が強KU実直、源馬と賭博業者の癒着を疑っている 長谷川公彦
久我雄作 警視庁生活安全部保安課の刑事、カジノ法案の成立を受け、警察庁から保安課へ出向してきたキャリア、(京都府警ではないw) 崎本大海

ネタバレ

久我雄作は、衣笠副総監の派閥で、百田努刑事杉下右京を組ませるように仕向けたようだ。

源馬寛刑事は、百田刑事と杉下右京により、違法捜査を暴かれてしまう。裏カジノのコンサルタント・和氣健也(水石亜飛夢)から情報と金を調達して、各情報屋へ金を渡し、情報を得ていた。

和氣は、警察に逮捕される直前に自殺を図った。命は助かった。 その結果、源馬刑事は警察を退職することとなる。

しかし、百田刑事も杉下右京の捜査により、知らずに暴力団とつながっていたことを暴かれてしまう。百田刑事が電話していた情報屋は暴力団であったのだ。

日中の公園で、その電話している百田刑事にフラフラ近づく薬中の女、持っていたハンマーでいきなり襲撃、何度も殴られて百田刑事は即死してしまう。

この薬中の女・西田信子(江藤あや)は、取り調べ室で「シャブ山シャブ子でーす。17歳です」と言うう。印象に残るシーンでした。今後は放送禁止になるかも知れない昭和のドラマっぽいヤバイシーンでした。(ネットでも話題になっていますね https://www.oricon.co.jp/news/2123061/full/

正義の味方・杉下右京の取った行動で、源馬刑事を退職へと追いやり、結果、追い込めた武闘派暴力団を摘発出来なくなってしまった。 今まで味方であった角田課長は激怒、角田課長み見捨てられることになった。冠城亘も角田課長側に着いた。これには、冠城の作戦があるようにも思えた。作戦であったが、組織に逆らう右京の行動にはもちろん不満もたくさんあるようだ。

最後は、角田課長と杉下右京、お互いの力を認めあったのだろうか?角田課長の「杉下、最後まで俺に付き合え」という誘いに「はい」と返事をした。角田課長との関係は終わらないようだ。

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
和氣健也 裏カジノのコンサルタント、源馬寛の情報屋 水石亜飛夢
柏崎恵一 ゲームセンター経営者 池原猛
源馬の妻 坂口さおり
スタント:下園愛弓
西田信子 薬物中毒の主婦、シャブ山シャブ子 江藤あや

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁特命係・警部
名推理で事件の謎を解き明かす
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
特命係・巡査
反町隆史
青木年男 TOSHIO AOKI
特命係 ←サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官、特命係の行動を衣笠副総監へ報告
浅利陽介
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将、ついてない女
夫の復讐のために殺人未遂を犯し右京に逮捕、模範囚として刑期を終えて出所した過去をがある
鈴木杏樹
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査部長、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長
「特命係に捜査権はない!」発言が多い
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正
内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
衣笠藤治 TOJI KINUGASA
警視庁副総監・警視監
警視庁のNo.2、サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった、青木の父と竹馬の友で青木の採用にも力を貸したという噂が・・・
杉本哲太

本作には出演しなかったレギュラー出演者

登場人物 キャスト
益子桑栄 SOEI MASHIKO
鑑識課・巡査部長
無愛想ながらも鑑識の腕は確かな職人気質
田中隆三
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付
カイト君(甲斐享)の父、元次長(警察庁No.2)
石坂浩二
風間楓子 FUKO KAZAMA
葉林社「週刊フォトス」編集部に所属する記者、関西の広域指定暴力団銀龍組傘下「風間燦王会」組長の実娘
芦名星

スタッフ

脚本 真野勝成
監督 橋本一





相棒関連の商品紹介


相棒16 Blu-ray BOX(6枚組)

杉下右京(1/6スケール)

杉下右京の多忙な休日 (朝日文庫)


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください