> > >

相棒14 第5話「2045」平岩紙,田川可奈美ゲスト出演

「相棒14」第5話「2045」人工知能ジェームズの事件分析に注目!ゲスト出演は平岩紙,田川可奈美,小林博。法務省エリート官僚の事件捜査に人工知能ジェームズが活躍!特命係・杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の推理を超えれるか!?衝撃のラストシーンが待っている!

作品の評価:

「相棒14」第4話「2045」の見どころとネタバレ。

エリート官僚の死。捜査一課が捜査にあたる一方で、法務省が助成金を出している研究機関で開発された人工知能ジェームズが事件の分析を開始する!ジェームズは杉下右京の推理を超えることができるのか!?

相棒14-第05話-2045

第5話「2045」

年月日 放送局・番組 視聴率
2015年11月18日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 **%

予告動画

https://www.youtube.com/embed/DZeu9XMnEcU

ストーリー(概要)

法務省のエリート官僚・藤井(小林博)が遺体で発見された。死因はコーヒーに混ぜられた青酸化合物。捜査一課では、本妻との離婚を迫っていた愛人の彩那(田川可奈美)を第一容疑者として捜査を開始する。

同じ事件について、法務省が助成金を出している研究機関の科学者・長江菜美子(平岩紙)が開発した犯罪捜査用の人工知能ジェームズも分析を始めていた。実証実験では、人工知能ジェームズは、既に4件もの事件に関して、ピンポイントで犯人を言い当てた実績があるという。今回の一件では、解析途中で彩那犯人説を否定していた。

杉下右京(水谷豊)は、人工知能ジェームズに、そのおおいに興味をひかれた。冠城亘(反町隆史)と一緒に、菜美子の研究室を訪れた。そして、その驚くべき性能を目の当たりにする。ますます興味をそそられた右京は、ジェームズと競うように本格的な捜査に乗り出す!

大まかな見どころ

・人工知能ジェームズの魅力と性能
・2045の意味?2045年の未来のこと??
・平岩紙と人工知能ジェームズの関係
・特命係と人工知能ジェームズの捜査バトル
・法務省のエリート官僚・藤井(小林博)は、冠城亘(反町隆史)との関係
・事件の謎を解き明かし、先に真相にたどり着くのは誰?
・犯人は誰?
・思わぬ真実を浮かび上がり、衝撃のラストシーンに注目!

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
藤井
法務省のエリート官僚、遺体で発見される
小林博
彩那
藤井の愛人、第一容疑者
田川可奈美
長江菜美子
法務省が助成金を出している研究機関の科学者
平岩紙
人工知能ジェームズ
長江菜美子が開発した犯罪捜査用の人工知能

レギュラー出演者

警視庁・特命係

登場人物 キャスト
杉下右京 水谷豊
冠城亘
法務省キャリア官僚・警視庁警務部付に出向中
反町隆史
米沢守
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
甲斐峯秋
警察庁長官官房付、カイト君(甲斐享)の父
石坂浩二
日下部彌彦

法務事務次官、冠城亘の元上司

榎木孝明

スタッフ

脚本 徳永富彦
s7#3 沈黙のカナリア,s8#8 消えた乗客,s13#11 米沢守、最後の挨拶 など
監督 橋本一

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク