> > >

相棒14 第13話「伊丹刑事の失職」 川原和久 大場泰正&野仲イサオゲスト出演

相棒14第13話「伊丹刑事の失職」放送データをまとめ。伊丹刑事(川原和久)が暴力事件で自宅謹慎に!?ゲスト出演は,大場泰正,野仲イサオ,丹羽貞仁。出演は反町隆史,水谷豊,六角精児,山中崇史,榎木孝明,片桐竜次,小野了,鈴木杏樹ほか。

作品の評価:

「相棒14」の第13話「伊丹刑事の失職」のあらすじ、見どころ、ネタバレ、放送データまとめです。

伊丹刑事が暴力事件で自宅謹慎になる!
事件の真相を綴った犯人の手記を新聞がスクープした!

相棒14-第13話-伊丹刑事の失職-川原和久-大場泰正

第13話「伊丹刑事の失職」

年月日 放送局・番組 視聴率
2016年01月27日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 **%

予告動画

あらすじ

1か月前、伊丹憲一刑事(川原和久)が、自◯として処理した女性の転落死が、実は殺人だったと告白する犯人の手記が新聞にスクープされた。そこには、犯行動機や偽装の経緯、さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。

伊丹は、責任を問われる。新聞社に手記の現物提出を要求するが拒否されてしまい、はずみで柏田編集長(野仲イサオ)を突き飛ばしてしまう。

杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)は、被害者の女性が半年前まで勤めていた旅行会社を訪れていた。応対に出た社長が、遺書と思われるメールを受け取っていたが、彼女が会社を辞めてから個人的な繋がりはなかったという。

そんな中、問題の新聞に、「刑事が編集長に暴行をはたらいた」という記事が掲載されてしまう。それを問題視した内村刑事部長(片桐竜次)は、伊丹から警察手帳を取り上げ、自宅謹慎を命じる。

進退窮まり、自分にとってこれが最後の事件だと腹をくくった伊丹は、謹慎処分を無視して特命係と捜査を続行する。

すると、スクープを書いた記者の今井(大場泰正)から、思わぬ手掛かりがもたらされる。

右京と伊丹、相容れないはずの2人が、難解な事件に挑む!

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
柏田
新聞社の編集長
野仲イサオ
今井スクープを書いた新聞記者 大場泰正
丹羽貞仁

ネタバレ

見どころ

・女性を突き落とし、殺人手記を綴った犯人は誰なのか?
・刑事として最後の事件に挑む覚悟を決めた伊丹憲一刑事の運命は?
・芹沢慶二刑事は、三浦刑事、次は伊丹刑事も失うのか?

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
冠城亘 WATARU KABURAGI
法務省キャリア官僚・警視庁警務部付に出向中
反町隆史
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了

[more3]

スタッフ

脚本 金井寛
監督 東伸児

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク