> >

相棒13(2015年)第11話「米沢守、最後の挨拶」あらすじ&ネタバレ 池田政典&奥田恵梨華ゲスト出演

相棒13第11話「米沢守、最後の挨拶」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は池田政典,大高洋夫,奥田恵梨華,藤井宏之。出演は成宮寛貴,水谷豊,六角精児,川原和久,大谷亮介,中崇史,榎木孝明,片桐竜次,小野了,石坂浩二,鈴木杏樹 ほか。

作品の評価:

「相棒13」の第11話「米沢守、最後の挨拶」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。事件の犯人は米沢だった!米沢は警察を去ることに!?

相棒13(2015年)第11話「米沢守、最後の挨拶」あらすじ&ネタバレ 池田政典&奥田恵梨華ゲスト出演

相棒13第11話「米沢守、最後の挨拶」

第11話「米沢守、最後の挨拶」

年月日 放送局・番組 視聴率
2015年1月14日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 18.3%
2017年1月31日(火) 15:55~16:50 テレ朝・再放送
2017年11月14日(火) 15:55~16:50 テレ朝・再放送

ストーリー(概要)

都内各地で同一犯による連続◎人と見られる事件が発生する。手掛かりは、3つの現場すべてに残されていた犯人と思しき人物のDNAであった。その問題のDNAが、鑑識課の米沢守(六角精児)のものであることが判明した。鑑識がDNA採取用に使用している綿棒に、米沢の細胞が付着していたのだ。

マスコミでも大々的に取り上げられている連続◎人犯が、警視庁内の鑑識にいたとなれば尋常ならざる事態。米沢は早々にクビを宣告される。

特命係・杉下右京(水谷豊)甲斐享(成宮寛貴)は、憔悴しきった米沢を放っておけず、独自の捜査を開始する。

米沢が師匠と仰ぐ鑑識課の係長・山崎総一郎(池田政典)も協力を申し出る。そんな中、右京たちは3つの現場から共通の痕跡を見つけ出す。

そこへ、米沢は特命係に最後の挨拶にやってきた。

スポンサードリンク

大まかな見どころ

・連続◎人と見られる事件の犯人は米沢なのか?
・米沢は本当に警察を去るのか?
・特命係が“米沢守、最後の挨拶”を見届ける!
・真犯人はだれなのか?
・山崎課長を演じる池田政典さんは、過去に相棒6第11話「ついている女」、第12話「狙われた女」で、秋川警察署の飯島刑事を演じている。あまり良い役ではない。
・長谷川課長を演じる大高洋夫さんも、過去に相棒2第3話「殺人晩餐会」で、シェフの庚塚英明を演じています。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
山崎総一郎
警視庁鑑識課係長
池田政典
長谷川健宣
警視庁鑑識課課長
大高洋夫
早乙女美穂
米沢さんの同僚
奥田恵梨華
内田圭一
マンション管理人
藤井宏之

レギュラー出演者

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
甲斐享 TORU KAI
警視庁・特命係、巡査部長
成宮寛貴
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
小野田公顕 KOUKEN ONODA
警察庁・官房室長
岸部一徳
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付、カイト君(甲斐享)の父
石坂浩二

スタッフ

脚本 徳永富彦
監督 橋本一



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク