> >

相棒12(2013年)第2話「殺人の定理」あらすじ&ネタバレ 岡田義徳,山本剛史ゲスト出演

『相棒12』第2話「殺人の定理」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は岡田義徳,山本剛史,坂田麻衣,花王おさむ,浜崎茜 他。キャストは成宮寛貴,水谷豊,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,山西惇,真飛聖,片桐竜次,小野了,石坂浩二,鈴木杏樹,神保悟志 ほか。

作品の評価:

「相棒12」の第2話「殺人の定理」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒12(2013年)第2話「殺人の定理」あらすじ&ネタバレ 岡田義徳,山本剛史ゲスト出演

相棒12(2013年)第2話「殺人の定理」岡田義徳,山本剛史ゲスト出演

相棒12 第2話について

作品データ

エピソード S12#2
サブタイトル 殺人の定理
概要 数学マニアの男性が血で書いた謎のダイイング・メッセージを残して遺体で発見された。その奇妙な暗号のようなものが意味することとは?

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2013年10月23日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 17.0%
2018年5月31日(木) 15:53~16:50 テレ朝・再放送

あらすじ

会社員・大倉浩一(山本剛史)の遺体が自宅アパートで発見された。遺体のそばの壁には、血で「a drink」の文字を丸で囲うメッセージのようなものが。

被害者が遺したダイイング・メッセージなのか? さっそく、特命係の杉下右京(水谷豊)甲斐享(成宮寛貴)は、捜査を開始する。

現場の大倉の部屋へ来てみると、数学関係の本がズラリ。どうやら大倉は数学を趣味にしていたようだ。だととすると、ダイイング・メッセージも数学に関係したものなのだろうか?

また大倉は数学の7つの未解決問題の一つで100年間も解けなかったファーガスの定理を研究していたことがわかった。しかし、そのファーガスの定理は、最近になって数学者の肥後一二三教授(岡田義徳)が証明に成功したと話題になったばかり。右京と享はさっそく肥後教授のもとへと向かう。

大まかな見どころ

・ダイイング・メッセージは何を意味するのか?
・右京と享は事件の難問を解くことができるのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
肥後一二三 宮都大学の教授 岡田義徳
大倉浩一 電機メーカー社員、事件被害者 山本剛史
西野恭子 肥後の助手 坂田麻衣
加藤 帝都大学理学部数学科 教授 花王おさむ
趙美麗 東亜民主共和国大使館員 浜崎茜

この俳優が別役で、このエピソードにも出ていた!

俳優 作品/登場人物
花王おさむ 相棒15 #17「ラストワーク」 島田 里中運輸の長距離トラック運転手、ホームレス大屋の元同僚
浜崎茜 相棒14 #11「共演者」 川村美樹 ホステス

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
甲斐享 TORU KAI
警視庁・特命係、巡査部長
成宮寛貴
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
笛吹悦子 ETSUKO USUI
享の年上の恋人、日本国際航空(NIA)のキャビンアテンダント(CA)
真飛聖
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付、カイト君(甲斐享)の父
石坂浩二

スタッフ

脚本 金井寛
監督 和泉聖治



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク