> > >

相棒10(2012年)第18話「守るべきもの」あらすじ&ネタバレ 今井朋彦,合田雅吏ゲスト出演

『相棒10』第18話「守るべきもの」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は今井朋彦,合田雅吏,佐藤裕,手塚とおる 他。キャストは及川光博,水谷豊,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,山西惇,岸部一徳,片桐竜次,小野了,鈴木杏樹,神保悟志 ほか。

作品の評価:

「相棒10」の第18話「守るべきもの」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

相棒10(2012年)第18話「守るべきもの」あらすじ&ネタバレ 今井朋彦,合田雅吏ゲスト出演

相棒10第18話「守るべきもの」

相棒10 第18話について

作品データ

エピソード S10#18
サブタイトル 守るべきもの
概要 尊と警察学校で同期だった民間警備会社勤務の土方が、銃弾を受けて死亡。土方は、学者を警護している最中だった…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年3月7日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 16.5%
2018年10月2日(火) 15:53~16:50 テレ朝・再放送

あらすじ

民間警備会社「イージス警備」の身辺警護員・土方勇作(合田雅吏)が銃弾を受けて死亡した。土方は、ある研究をしている学者・泊真一(今井朋彦)を警護している最中だった。

特命係・神戸尊(及川光博)と警察学校で同期だった土方は、閣僚警護の経験もあったが「SPという仕事に恐怖を感じるようになり警察を辞めた」と言われていた。

その土方が民間の警備会社に入り、再び警護の仕事についていたことに、尊は違和感を感じる。

米沢守(六角精児)によると、銃撃は2発。防犯カメラの映像には土方が1発目の狙撃の後、逃げ出すように走り出す姿が残されており、2発目が命中した。一緒に居た泊も、土方が逃げ出したと証言しているという。

泊は事件前に「研究を中止せよ」という脅迫状を受け取っていたらしいが、命を狙われるほどの研究とは一体どんなものだったのか?

興味を抱いた杉下右京(水谷豊)は尊とともに調べ始める。

大まかな見どころ

・土方は本当にSPの仕事が怖くなって辞めたのか?
・なぜ土方は銃撃されたとき逃げ出したのか?
・疑問が膨んでいく中、土方が命を落とすことになった背景に意外な事実が隠されていたことがわかる…
・犯人は誰か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
泊真一 ヨツバ化学工業調布研究所の所員 今井朋彦
土方勇作 イージス警備の身辺警護員、神戸尊の知人 合田雅吏
鷲尾啓介 ヨツバ化学工業調布研究所の所長 佐藤裕
三橋卓也 NPO法人「日本丸」代表 手塚とおる

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
神戸尊 TAKERU KANBE
警視庁・特命係、警部補
及川光博(ミッチー)
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
鈴木杏樹
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
三浦伸輔 SHINSUKE MIURA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の先輩
大谷亮介
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次

スタッフ

脚本 ハセベバクシンオー
監督 近藤俊明


相棒関連の商品紹介


相棒16 Blu-ray BOX(6枚組)

杉下右京(1/6スケール)

杉下右京の多忙な休日 (朝日文庫)


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください